メディア
ニュース
» 2020年11月27日 10時30分 公開

斜めから見た時の青みを改善:DNP、有機EL向けブルーシフト改善フィルムを開発

大日本印刷(DNP)は、有機ELディスプレイの画面を斜めから見た時に生じる青みを改善する光学フィルム「ブルーシフト改善フィルム」を開発した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

スマホやテレビ、車載用バックミラーなどでの課題を解決

 大日本印刷(DNP)は2020年11月、有機ELディスプレイの画面を斜めから見た時に生じる青みを改善する光学フィルム「ブルーシフト改善フィルム」を開発した。

 有機ELディスプレイは、PCやテレビ、スマートフォンなどで採用が拡大している。今後は、カーナビゲーションやバックミラーなど車載用途でも広がる見通しである。有機ELディスプレイは、コントラストが高く応答速度も速い、といった特長がある半面、斜めから画面を見ると色が変化し、青みを帯びるという課題があった。

 ブルーシフト改善フィルムは、DNPが保有する微細賦型技術を活用した製品。ディスプレイに内蔵すれば、画面をどの角度から見ても青みを帯びることがなく、有機ELパネルの構造を高度に調整する必要もないという。

ブルーシフト改善フィルムによる改善効果 出典:DNP
ブルーシフト改善フィルムの構造とその効果 (クリックで拡大) 出典:DNPのYouTubeより引用

 DNPは今後、パネルメーカーなどにブルーシフト改善フィルムを供給し、2023年度には年間30億円の売上高を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.