メディア
ニュース
» 2021年01月07日 13時30分 公開

産業用センサー、2024年は1兆4540億円規模へ矢野経済研究所が市場調査

矢野経済研究所は、産業用センサー(環境センシング関連)6品目の市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、2020年見込みの1兆1360億円に対し、2024年は1兆4540億円規模となる。2019年から2024年までのCAGR(年平均成長率)は3.4%と予測した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

2019〜2024年のCAGRは3.4%と予測

 矢野経済研究所は2020年12月、産業用センサー(環境センシング関連)6品目を対象に世界市場を調査し、発表した。市場規模(メーカー出荷金額ベース)は2020年見込みの1兆1360億円に対し、2024年は1兆4540億円規模となる。2019年から2024年までのCAGR(年平均成長率)は3.4%と予測した。

 今回の調査は、主に各種環境を計測する産業用センサーの中から、「ガスセンサー」や「磁気センサー」「UVセンサー」「環境光・調光センサー」「微粒子計測・PMセンサー」および、「湿度センサー」を対象とした。調査期間は2020年5〜11月。

 環境への意識が世界的に高まる中で、環境センシング関連の需要が拡大する。IoT(モノのインターネット)関連機器をはじめ、車載システムや産業機器のさらなる高機能化なども需要を後押しする。

 調査によれば、2020年における品目別の出荷額構成比は、ガスセンサーが最も高く約35%。磁気センサーが約20%と続く。以下はUVセンサー、環境光・調光センサー、微粒子計測・PMセンサー、湿度センサーの順である。

 品目別に2019年から2024年までの年平均成長率を見ると、磁気センサーは5.6%と予測した。6品目の中で最も高い成長率となる。一方、ガスセンサーは市場規模が4000億円を超えている。市場規模は6品目の中で最も大きいが、年平均成長率は2.0%と予測しており、6品目の中で最も低い。今後は、地球温暖化ガスの大幅削減目標に向けて、CO2センサーや、車載用途の排ガス用酸素センサーおよび、NOxセンサーといった製品の需要拡大を期待している。

産業用センサー(環境センシング関連)世界市場規模予測 出典:矢野経済研究所

 なお、今後の注目市場として挙げたのが、車載用磁気センサーである。車載用センサーとしては、リードスイッチを含め、2019年には大衆車クラスで1台当たり平均75個前後(ブラシレスDCモーター用ホール式センサー除く)も搭載されていると推計する。このうち50%以上を占めるのが磁気センサーだという。

 車載用磁気センサーをタイプ別に見ると、ホール式センサーが金額ベースで全体の59.2%(約610億円)を占める。この他、MR式センサーが同26.2%(約270億円)、リードスイッチが同10.7%(約110億円)、フラックスゲート式センサーが同3.9%(約40億円)という構成比となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.