メディア
ニュース
» 2021年01月15日 15時30分 公開

アリオンが「Wi-Fi 6E」認証プログラムの提供を開始Wi-Fi Allianceからの認定を受け

第三者認証試験、品質検証、コンサルティングを提供するアリオンは2021年1月14日、同社グループ本社の台湾Allion Labsが、Wi-Fi Allianceから「世界初」(アリオン)のWi-Fi 6E認証試験機関として認定を受けたと発表した。これにより、Wi-Fi 6E関連の認証プログラムとコンサルティングの提供を開始する。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 第三者認証試験、品質検証、コンサルティングを提供するアリオンは2021年1月14日、同社グループ本社の台湾Allion Labsが、Wi-Fi Allianceから「世界初」(アリオン)のWi-Fi 6E認証試験機関として認定を受けたと発表した。これにより、Wi-Fi 6E関連の認証プログラムとコンサルティングの提供を開始する。

 Wi-Fi 6Eは、Wi-Fi Allianceが2020年1月7日に発表したWi-Fi規格。Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)までで展開されている2.4GHz帯、5GHz帯に加え、6GHz帯を使えることが最大の特長だ。6GHz帯が追加されることで、80MHz幅なら14個、160MHz幅であれば7個の通信チャンネルを利用できるようになり、通信の混雑を解消し、高速化を実現できる。

Wi-Fi 6Eでは新たに6GHz帯が追加され、使用できる通信チャンネルが増える。この図のように、160MHzの帯域幅であれば7個の通信チャンネルを使用できるようになる 出典:アリオン

 アリオンでは、Wi-Fi 6EデバイスとWi-Fi 6の相互運用性を確保していて、Wi-Fi 6Eに対応した機器が、Wi-Fi Allianceが定める仕様に準拠しているかどうか試験を実施する。

  • Wi-Fi 6E test plan addendum
  • Wi-Fi Agile Multiband(MBO) test plan addendum
  • Protected Management Frames(PMF) test plan addendum

という3つのWi-Fi 6E認証プログラムを用意している。

 なお、Wi-Fi 6E認証試験を実施する前に、「Wi-Fi CERTIFIED 6」「Wi-Fi CERTIFIED n/Wi-Fi CERTIFIED ac」「Wi-Fi CERTIFIED WPA3」「Wi-Fi CERTIFIED Agile Multiband」「Wi-Fi CERTIFIED Protected Management Frames」「Wi-Fi Enhanced Open(暗号化されない製品の場合)」の各試験項目を実施する必要がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.