メディア
ニュース
» 2021年01月26日 10時30分 公開

フィックスターズ、エッジAIのクラウド開発環境自動でアプリの高速化を実現

フィックスターズは、コーティングなしで高速かつ低消費電力のエッジ向けAIアプリケーションを開発できる、クラウド開発環境「GENESIS DevEnv」の販売を始めた。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

エッジAIアプリの開発をより簡単に

 フィックスターズは2021年1月、コーティングなしで高速かつ低消費電力のエッジ向けAIアプリケーションを開発できる、クラウド開発環境「GENESIS DevEnv」の販売を始めた。

 同社はこれまで、受託開発の形態で「AIアプリの高速化」に対応してきた。今回はこの作業をクラウドサービスとして提供することにした。搭載した独自の自動高速化技術を、エッジAI向けの開発用途に限定することで実現した。

 エッジAIアプリの開発者は、動作させるデバイスの特性を最大限に引き出すためのアプリ開発が求められる。これに対しGENESISは、用いるデバイスに応じて、開発したプログラムの最適化とコンパイルを自動で行うことができるため、開発者はアプリ開発に集中することができ、開発の負荷も軽減できる。デバイスを変更する時なども、開発したアプリを再利用することで、比較的容易に対応できるという。

 GENESISは、設定済みエッジ向けデバイスを接続したデバイスプール層を、クラウドプラットフォーム上に用意している。開発したエッジAIアプリは、自動高速化技術を用いてエッジデバイスごとに最適化され、クラウド上のデバイスプールで実際に実行し、評価することができる。

GENESIS DevEnvのサービス構成図 (クリックで拡大) 出典:フィックスターズ

 実行した結果は、エッジデバイスごとに処理時間や消費電力が表示され、性能を比較できる。これらの実測値を基に、開発したAIアプリに最適なエッジデバイスを選択することができるという。なお、利用頻度の高いエッジAIアプリは、テンプレートとして登録されており、一部カスタマイズして独自のアプリを作ることもできる。

左はノーコードでアプリが作れるGENESIS DevEnvの開発画面、右はデバイスごとのアプリ自動高速化と性能比較レポート画面 (クリックで拡大) 出典:フィックスターズ

 GENESISの価格(税別)は、商用利用(フィックスターズのサポート含む)の「Basic版」がユーザー1人当たり月額1万円となっている。また、ユーザー登録すれば非商用利用に限り、トライアル版として全ての機能を試すことができる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.