メディア
ニュース
» 2021年01月27日 16時00分 公開

ソニーが新しい直視型マイクロLEDディスプレイを発表「Crystal LED C/Bシリーズ」

ソニーは2021年1月26日、高精細な映像を自由な形状とサイズで実現できる、直視型マイクロLEDディスプレイ「Crystal LED」を2シリーズ発売する。発売するのは、「Crystal LED Cシリーズ」(「ZRD-C12A」「ZRD-C15A」)と「同Bシリーズ」(「ZRD-B12A」「ZRD-B15A」)。発売は2021年夏ごろで、オープン価格となっている。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 ソニーは2021年1月26日、高精細な映像を自由な形状とサイズで実現できる、直視型マイクロLEDディスプレイ「Crystal LED」を2シリーズ発売する。発売するのは、「Crystal LED Cシリーズ」(「ZRD-C12A」「ZRD-C15A」)と「同Bシリーズ」(「ZRD-B12A」「ZRD-B15A」)。発売は2021年夏ごろで、オープン価格となっている。

「Crystal LED Cシリーズ」「同Bシリーズ」 画像:ソニー(クリックで拡大)

 Cシリーズは、100万:1という高いコントラストと優れた階調表現が特長。オフィスエントランスやロビー、博物館や美術館などでの使用に適している。Bシリーズは、広い色域を実現しつつ、1800cd/m2高輝度な映像を映し出す。外光の反射を抑える表面処理を施していて、バーチャルプロダクションや放送局スタジオといった映像制作用途に適しているとする。両シリーズとも、HDR、HFR(120フレーム/秒)、3Dといった幅広い入力信号に対応している。

 今回発売する2シリーズには、従来のCrystal LEDで蓄積したLED制御技術と、ソニーのTV「ブラビア」の信号処理技術を融合した高画質プロセッサ「X1 for Crystal LED」を新たに搭載した。さまざまなコンテンツをよりリアルに表現する「リアリティクリエーション」、撮像ボケを低減して高精細な映像を滑らかな動きで表現する「モーションフロー」といった機能により、画面の近くで見ても自然な映像を映し出せるとする。

 両シリーズは、ベゼルフリー画面となっていて、キャビネットを組み上げることで大画面を構築できる。Cシリーズ、Bシリーズとも1.26mm/1.58mmのピッチサイズを用意した。用途に合わせて、画面の大きさや縦横の比率を自由に構成できる。例えば、1.26mmピッチのキャビネット128個で、横9.7m×縦2.7m(8K×2K)の大画面ディスプレイを構築できる。

導入イメージ 画像:ソニー(クリックで拡大)

 グローバルインフォメーションが2020年8月に発表したマイクロLEDの世界市場に関するレポートによれば、マイクロLEDの市場規模は2020年の4億9000万米ドルから2026年には188億3500万米ドルと、年平均成長率(CAGR)89.3%で成長すると予測されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.