メディア
ニュース
» 2021年02月09日 13時30分 公開

Seoul Viosys、25Gビット/秒のVCSELを量産開始5Gや車載LiDARなどの用途に提案

Seoul Viosysは、5G(第5世代移動通信)システムなどに向けて、25Gビット/秒の垂直共振器面発光レーザー(VCSEL)を開発、2021年第1四半期(1〜3月)より量産を始めると発表した。既に大手顧客3社より供給の初期認証を取得しているという。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

大手顧客3社より供給の初期認証を取得

 Seoul Viosysは2021年2月、5G(第5世代移動通信)システムなどに向けて、25Gビット/秒の垂直共振器面発光レーザー(VCSEL)を開発し、2021年第1四半期(1〜3月)より量産を始めると発表した。既に大手顧客3社より供給の初期認証を取得しているという。

 開発した25Gビット/秒のVCSELは、用途に応じてシングルチャネルまたは4チャネルの構成で実装できる。4チャネルを実装すると、100Gビット/秒という大容量のデータ送受信機能を実現することができる。

VCSELを用いた5Gネットワークアプリケーションの概要図 出典:Seoul Viosys

 VCSELは、5Gシステムにおいて超高速データ通信を可能にする光通信技術として注目されている。AR(拡張現実)/VR(仮想現実)や3Dセンシング、スマートフォン向けToFカメラ、車載LiDAR(ライダー)といった用途にも、その応用は拡大している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.