メディア
コラム
» 2021年02月19日 12時00分 公開

大型買収が続くルネサスと過去の切ない記憶モノづくり総合版 メールマガジン 編集後記

松下幸之助氏は「企業は人なり」という名言を残していますね。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 この記事は、2021年2月18日発行の「モノづくり総合版 メールマガジン」に掲載されたEE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。

※この記事は、「モノづくり総合版 メールマガジン」をお申し込みになると無料で閲覧できます。


大型買収が続くルネサスと過去の切ない記憶

 ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)が2021年2月に、英Dialog Semiconductorの買収を発表しました。ルネサスにとって、2017年のIntersil買収、2019年のIDT買収に続く大型買収となります。

 ルネサスは上記の通り戦略的な買収を続けていて、同社の社長兼CEOの柴田英利氏によれば、M&Aの候補となる企業のリスト(10社ほど)は常にアップデートしているそうです。とはいえ、まずはDialogの買収、統合を完了することが最優先となるため、当面の間、Intesil、IDT、Dialogのような大型買収を行うつもりはないとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.