メディア
ニュース
» 2021年02月25日 14時20分 公開

NXPがCC-Link IE TSNのサポートを開始まずはLayerscape、i.MX RTの2製品から

NXP Semiconductorsは2021年2月25日、TSN(Time-Sensitive Networking)機能に対応したプロセッサおよび、マイコン製品でCC-Link IE TSNプロトコルのサポートを開始したと発表した。

[竹本達哉,EE Times Japan]

 NXP Semiconductorsは2021年2月25日、TSN(Time-Sensitive Networking)機能に対応したプロセッサおよび、マイコン製品でCC-Link IE TSNプロトコルのサポートを開始したと発表した。

 CC-Link IE TSNプロトコルをサポートするプロセッサ/マイコン製品は、産業用途向けプロセッサ製品群「Layerscape」の「LS1028A」と、高性能マイコン製品群「i.MX RT」の「RT1170」の2製品。ドイツのソフトウェアベンダーであるport industrial automation(以下、port社)から、両製品に実装可能なCC-Link IE TSNプロトコルソフトウェアスタックが販売される。なお、2021年3月中の量産開始を予定する高機能ヒューマンマシンインタフェース(HMI)制御やマシンビジョン向けプロセッサ「i.MX 8M Plus」でも、同様のかたちでCC-Link IE TSNプロトコルをサポートする予定だ。

CC-Link IE TSNプロトコルをサポートするプロセッサおよび、マイコン製品の概要 (クリックで拡大) 出典:NXPジャパン

 NXP Semiconductors日本法人(NXPジャパン)でエッジ・プロセッシング製品部マーケティング・マネージャを務める浜野正博氏は、「高性能なマルチコアSoCであるLS1028Aと、低価格なマイコンであるRT1170というように、スケーラブルにCC-Link IE TSNプロトコルに対応することができた」とした。NXPでは、TSNコントローラーとともにTSNスイッチ4ポートを備えるLS1028Aについては、ゲートウェイやマスタークロック、高機能PLC/モーション制御システムでの利用を見込む。一方、TSNコントローラー搭載マイコンであるRT1170は、IOモジュールやモーター制御機器での採用を見込んでいる。

左=「LS1028A」と「RT1170」が対応するTSN規格 / 「LS1028A」と「RT1170」の応用例 (クリックで拡大) 出典:NXPジャパン

 浜野氏は「CC-Linkは日本がけん引する産業用ネットワーク規格であり、CC-Link IE TSNプロトコルに対応することで、日本市場での(プロセッサ/マイコン製品の)拡販に期待している」と述べた。なおport社製CC-Link IE TSNプロトコルソフトウェアスタックは、M2Mクラフトが販売する。

 今回のNXP製プロセッサ/マイコンのCC-Link IE TSNプロトコルサポート開始に際し、CC-Link協会事務局長の川副真生氏は「NXPがいち早くTSN対応のLSIを発売されることを非常にうれしく思う。これにより、CC-Link IE TSN対応の機器開発がより一層加速し、IoTを活用したスマート工場の構築の推進につながるものと確信している」と述べた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.