メディア
連載
» 2021年02月26日 11時30分 公開

あの医師がエンジニアに寄せた“なんちゃってコロナウイルスが人類を救う”お話世界を「数字」で回してみよう(65)番外編(4/10 ページ)

[江端智一,EE Times Japan]

ファイザー社とアストラゼネカ社のCOVID-19ワクチン

 さて、次に、ワクチンに関する一般的な話ではなく、近い未来(1年以内)に、皆さんに接種されるであろう、「ファイザー社のCOVID-19ワクチン」と、「アストラゼネカ社のCOVID-19ワクチン」について、そのメカニズムの違いについてお話したいと思います。

 何も知らずに、『大丈夫だよ〜、心配いらないよ〜』とささやかれながら、COVID-19のワクチンを打たれるより、ちゃんとメカニズムを理解した上で、(あるいは理解したような気持ちになった上で)接種される方が、「安心」 ―― とまでは言えなくとも、「覚悟」はできると思います。

 カッチリした出典(国立感染症研究所等の資料)と違う、分かりやすさ優先、専門用語最小、シバタ意訳(大)で解説いたします。

ファイザー社の「mRNAワクチン」

 では最初は、「ファイザー社のCOVID-19ワクチン」についてお話しましょう。

 最近、ニュースで言われている、ファイザー社の「mRNAワクチン」って何だと思いますか?

 まず、mRNAについて、以前のレポートで使った資料でお話します。

 生命の設計図であるゲノム情報はDNAの配列でできています。

 しかし、このDNA配列は情報であり、直接、身体の血肉や骨を構成するタンパク質を作り出すことはできません。それだけではただの設計図です。

 このDNAの必要部分の情報をコピペし、身体(タンパク質)を作る役割を持つDNAの写し(=アクティブ状態の設計図)がRNAです*)

*)RNAには、3種類あります。伝令RNA(メッセンジャーRNA/mRNA)、運搬RNA(トランスファーRNA/tRNA)、リボソームRNA(rRNA)です。

 つまりRNAが「DNAに書かれた遺伝情報をタンパク質に翻訳、変換する仲介役」という仕事をしている訳です。このDNA、RNA、アミノ酸、タンパク質からなる、この一連のプロセスを、生物の基本原理という意味で「セントラルドグマ」と言います。

 SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)は、DNAをすっとばしてRNAがゲノム(遺伝情報の原本)としての機能を担っています。

(1)SARS-CoV-2が細胞(宿主細胞と呼ばれる)に付着し、侵入すると、細胞のタンパク質製造機能を無断使用し、SARS-CoV-2のレプリカを製造するコピペ工場に作り変えてしまいます。

(2)細胞がコピペ工場になった結果、ウイルスに感染した細胞の内部はウイルスでパンパンになり、通常は死にます → 細胞という家屋を占拠して、思いのままに使い倒した揚げ句、最後には家屋を破壊します。

(3)細胞が死ぬと、「大量生産したレプリカ(SARS-CoV-2)」をバラまいて、別の家屋(細胞)を乗っ取りに行きます。

 ウイルスとは、細胞の乗っ取りと破壊工作と自爆を繰り返すテロリストみたいなものです。

 この対テロリスト殲滅特殊部隊として構成されるものが、体内にある活性化されたT細胞や抗ウイルス抗体です。

 ワクチンとは、この対テロリスト殲滅特殊部隊(抗体)を育成するためのブートキャンプのような物です。

 ちなみに、ティーンエージャーの何割かは、COVID-19に感染しても、発病すらしないままテロリスト殲滅特殊部隊(SARS-CoV-2への抗体)を作ることができます。なんとうらやましいことでしょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.