メディア
特集
» 2021年03月31日 13時30分 公開

Tesla、EV市場でのリーダーシップへの険しい道のりまずはドイツでの“お手並み拝見”(1/2 ページ)

米国カリフォルニア州を拠点とする電気自動車メーカーTeslaのシェアがかつてないレベルまで高まる中、同社の勢いはさらに増しつつある。だが、大々的に宣伝される時価総額は、実際に持続できるものなのだろうか? また、Teslaは世界の競合各社と十分に張り合えるブランドなのだろうか?

[Maurizio Di Paolo Emilio,EE Times]
電子版画像クリックでダウンロードページへ

 この記事は、2021年3月15日発行の「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版3月号」に掲載している記事を転載したものです。

※記事を最後まで読むには、EE Times Japan読者登録(無料)が必要です。



 米国カリフォルニア州を拠点とする電気自動車(EV)メーカーTeslaのシェアがかつてないレベルまで高まる中、同社の勢いはさらに増しつつある。だが、大々的に宣伝される時価総額は、実際に持続できるものなのだろうか? また、Teslaは世界の競合各社と十分に張り合えるブランドなのだろうか? 著名なビジネスコンサルタントであるThomas Michael Hogg氏は、現時点でのTeslaの重要な競合先は欧州、特に一部のドイツの自動車メーカーであると分析している。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.