メディア
ニュース
» 2021年04月06日 13時30分 公開

NEC、数秒間のサンプル映像から類似行動を検出オンデマンド行動検出技術を開発

NECは、数秒間のサンプル映像を与えるだけで、類似の行動をライブカメラなどの映像から見つけ出すことができる「オンデマンド行動検出」技術を開発した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

被写体の向きや大きさが異なっても大丈夫

 NECは2021年4月、数秒間のサンプル映像を与えるだけで、類似の行動をライブカメラなどの映像から見つけ出すことができる「オンデマンド行動検出」技術を開発したと発表した。検出したい行動を定義しAI(人工知能)にあらかじめ学習させるなどの手間を大幅に省くことができる。

 商業施設などでは、施設内外に設置されたカメラの映像などを活用して、来場者の行動や設備の異常などをリアルタイムに監視している。来場者らの体調不良や設備の不具合などを速やかに検出し、介護やメンテナンス業務などを迅速に行うためである。特に近年は、自動で行動などを検出するAI応用システムが注目されている。ところが、人物の検知などで高い精度を得るには、大量の映像を学習させるなど、事前の準備が大きな負担となっていた。

 NECが開発したオンデマンド行動検出技術は、サンプル映像に映る人物の骨格構造を推定し、骨格の変化をライブカメラの映像や映像アーカイブ内の動作と比較する。これによって、類似する行動を高精度に検出できるという。

開発したオンデマンド行動検出技術のイメージ図 出典:NEC

 例えば、数秒間のサンプル映像をAIに学習させるだけで、類似行動の検出が可能となる。このため、事前に想定していなかった要支援行動なども容易に追加し、検出することができるという。被写体の向きや大きさが異なる場合も、類似の行動が検出可能である。キャッチボールでカメラを背にして投げたり、カメラに向かってボールを投げたりする場合でも、これらの行動を検出できる。さらに、画像から推定した骨格形状(十数個の関節点)をベースに行動を照合することで計算量を削減し、リアルタイムでの検出を可能にした。

数秒間のサンプル映像から類似行動を検出 出典:NEC
被写体の向きが異なっても類似行動を検出 出典:NEC

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.