メディア
ニュース
» 2021年04月08日 10時30分 公開

Intelの第3世代「Xeon SP」、AI性能や暗号化を強化Sunny Cove採用で最大40コア(2/2 ページ)

[村尾麻悠子,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

AIと暗号化のアクセラレーター

 AIアクセラレーターについては、既存のXeon スケーラブル・プロセッサにも搭載されている「Intel DLブースト」を内蔵。ハードとソフトの両方を最適化することで、推論の性能を前世代品に比べ1.74倍に向上した。20種類の機械学習ワークロードを組み合わせた比較では、AMDの「EPYC 7763」に比べて演算性能が最大1.5倍、NVIDIA「A100」と比較して最大1.3倍を達成したとする。

競合品とのAI性能の比較 出典:インテル(クリックで拡大)

 第3世代Xeon スケーラブル・プロセッサには、暗号化アクセラレーターが搭載されている。データの暗号化は極めて重要だが、その一方で暗号化は、処理の負荷が高く、「コンピューティングパワーを消費してしまう」と土岐氏は説明する。第3世代Xeon スケーラブル・プロセッサには、新しく導入した命令セットによって、暗号化の処理とデータの処理を並列に行えるようになっている。つまり、暗号化による演算性能への影響を軽減できる。特に、512ビットのSIMD(Single Instruction Multiple Data)演算が可能な命令セット「Intel AVX-512」によって、スループットが向上すると土岐氏は説明した。

暗号化アクセラレーターによって、データ処理性能を犠牲にすることなく、暗号化できる。下段は、第3世代Xeon スケーラブル・プロセッサの暗号化アクセラレーターによる、暗号化パフォーマンスの一例を示している 出典:インテル(クリックで拡大)

 CPU以外のプラットフォームとしては、「Intel Optane Persistent Memory 200シリーズ」をはじめ、「Intel Optane SSD P5800X」、ネットワークアダプター「Intel Ethernet 800シリーズ」、「Intel Aiglex」FPGAなどをそろえている。

Xeon スケーラブル・プロセッサ以外のプラットフォーム 出典:インテル(クリックで拡大)

 なお、第3世代Xeon スケーラブル・プロセッサは、2021年第1四半期で既に20万個が出荷されたという。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.