メディア
ニュース
» 2021年04月23日 15時30分 公開

Bluetooth市場、LE Audioや照明が成長をけん引コロナで成長横ばいも回復基調に(1/2 ページ)

Bluetooth SIGは2021年4月14日、オンライン記者説明会を開催し、Bluetoothの市場動向などを説明した。Bluetooth SIGのマーケットデベロップメント シニア・ディレクターを務めるCuck Sabin氏によれば、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、Bluetooth市場の成長は1年遅れになったものの、2021年から出荷数の増加は回復する」という。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

COVID-19の影響で成長は1年遅れに

 Bluetooth SIGは2021年4月14日、オンライン記者説明会を開催し、Bluetoothの市場動向などを説明した。Bluetooth SIGのマーケットデベロップメント シニア・ディレクターを務めるChuck Sabin氏によれば、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、Bluetooth市場の成長は1年遅れになったものの、2021年から出荷数の増加は回復する」という。

 Bluetooth市場は2021〜2025年まで、年平均成長率10%で成長する見込みだ。COVID-19の影響でスマートフォンと自動車分野は成長が鈍化したものの、リモートワークや、人々が健康により気を遣うようになったことから、スマートホームやウェアラブル機器では好調だったとSabin氏は述べる。さらに、今後長期的な成長が予測される分野としては、資産追跡や商用施設での照明を挙げた。

COVID-19の影響で、Bluetooth市場の成長は1年遅れとなった 出典:Bluetooth SIG(クリックで拡大)

 ABI Researchの調査によると、Bluetoothデバイスの年間総出荷台数は、2025年には64億個に達する見込みだという。2019年や2020年はそれぞれ40億個だった。特徴的なのは、スマートフォンやタブレット、PCなどのプラットフォーム機器に向けたBluetoothデバイスの出荷数はほぼ飽和していて増加が見られないのに対し、周辺機器では右肩上がりという点だ。「2025年には、年間出荷台数の7割が周辺機器向けになるとみている」(Sabin氏)

Bluetooth SIGのChuck Sabin氏

 Bluetoothのバージョン別では、Bluetooth Classicをサポートするデバイスの出荷台数は緩やかに減っていき、BLE(Bluetooth Low Energy)が成長をけん引する。Sabin氏はBluetooth Classicについて「Bluetooth Classicを採用している極めて小規模な市場は存在するものの、BLEもしくはBluetooth ClassicとBLEのデュアルモードが、以前はBluetooth Classicが使われていたユースケースの多くで採用されるようになっている」と説明した。

左=Bluetoothデバイスの年間総出荷台数予測/右=Bluetoothのバージョン別の出荷台数予測 出典:Bluetooth SIG(クリックで拡大)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.