メディア
パワーエレクトロニクス最前線 特集
ニュース
» 2021年04月26日 09時30分 公開

耐圧600VのIGBT IPM「BM6337xシリーズ」を開発放射ノイズと電力損失を同時に低減

ロームは、放射ノイズと電力損失を同時に低減した耐圧600VのIGBT IPM「BM6337xシリーズ」8機種を発表した。白物家電や小型産業機器向けインバーターなどの用途に向ける。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

応用機器の電力消費低減と設計工数/部品点数の削減を可能に

 ロームは2021年4月、放射ノイズと電力損失を同時に低減した耐圧600VのIGBT IPM(Intelligent Power Module)「BM6337xシリーズ」8機種を発表した。白物家電や小型産業機器向けインバーターなどの用途に向ける。

BM6337xシリーズの外観

 新製品は、優れたソフトリカバリー性能を有するFRD(Fast Recovery Diode)と、最新のIGBT素子を内蔵している。これにより、一般的な製品に比べ放射ノイズを6dB(ピーク時比較)以上も抑えた。従来に比べノイズ対策を簡素化することが可能である。また、最新IGBT素子を採用し導通損失やスイッチング損失を抑えたことで、電力損失は同社従来品に比べて6%(fc=15kHz時)も低減した。

 温度モニター機能も大幅に改善した。一般品の精度が±5%(5℃相当)であったのに対し、新製品は±2%(2℃相当)の高い精度を保証している。これにより、これまで外付けしたサーミスターを削減することが可能になったという。

 基板実装後の製品識別機能も新たに追加している。基板実装後でもインピーダンス測定器を用いて製品識別を行うことが可能となり、誤実装などを防ぐことができる。

 BM6337xシリーズは、定格電流として10/15/20/30Aの4タイプを、パッケージはそれぞれに「HSDIP25」(外形寸法38.0×29.4×3.5mm)と「HSDIP25VC」(同38.0×33.7×3.5mm)の2タイプを用意している。新製品は既に量産を始めていて、サンプル価格(税別)は3000円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.