メディア
ニュース
» 2021年04月26日 10時30分 公開

TDK、マルチホールアレイ内蔵の電流センサー発表xEV用バッテリー監視などに最適

TDKは、子会社のTDKミクロナス製品として、マルチホールアレイを内蔵した高精度の電流センサー「CUR4000」を発表した。電動車(xEV)用バッテリー監視などの用途に向ける。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

測定用途に応じて、線形モードと差動モードを切り替え

 TDKは2021年4月、子会社のTDKミクロナス製品として、マルチホールアレイを内蔵した高精度の電流センサー「CUR4000」を発表した。非侵入型、ガルバニック絶縁対応の非接触電流測定が可能であり、電動車(xEV)用バッテリー監視などの用途に向ける。

CUR4000の外観

 CUR4000は、測定モードの切り替えが可能である。「線形モード」においては、6個のホールアレイを用い、磁場コンセントレーターと組み合わせることで、高感度の電流測定が可能になる。「差動モード」では、コアレスでシールドを用いることなく、外乱磁場に強いシステム設計を行うことができるという。動的電流の測定範囲は最大2000A。

 マルチホールアレイ全体の出力オフセット温度ドリフトは、±0.05%FS未満である。さらに、ヒステリシスのない信号を出力する。非線形誤差は±0.2%FS、ノイズ特性は±0.005%FSという仕様により、最大8kHzの信号帯域幅で高い精度の電流測定を可能にした。

 CUR4000は、ホールセンサー技術をベースにしている。温度に依存する主な特性は、不揮発性メモリをプログラムすることで調整することが可能になっている。さらにCUR4000は、ISO 26262のSEooC(Safety Element out of Context)に準拠して開発され、オンボード自己診断機能を備えた「ASIL-B ready」に対応する。冗長技術などと組み合わせることで、より高いASILレベルの電流センサーモジュールを開発することができるという。動作周囲温度は−40〜150℃と広い。

 CUR4000は、8端子の表面実装型パッケージ「SOIC-8」で供給する。既にサンプル品の供給を始め、2021年第2四半期(4〜6月)から量産する予定である。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.