「3D」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
飛び出す3D特集 - ITmedia LifeStyle

LiveWorx 2019:
Webブラウザから3Dモデルをにゅーっと抜き出して3DプリントできるAR技術
PTCの年次テクノロジーカンファレンス「LiveWorx 2019」において、同社の研究開発組織である「PTC Reality Lab」がブースを構え、AR(拡張現実)技術を用い、異なる領域間でのインタラクションを実現し、3Dプリンティングを容易に開始できる「AIRプロジェクト」のデモを披露していた。(2019/6/19)

ロボット:
3D配管モデルを走りながら生成する“ヘビ型検査ロボ”、ARで設備の配置確認も
弘栄設備工業は、「第51回管工機材・設備総合展」で、配管内を探査するロボット「配管くん」の開発を進めている。独自開発の配管診断システム「グッとカルテ」と組み合わせた設備検査の新たなソリューションとして提案する。(2019/6/19)

3Dプリンタニュース:
製造機器が自動修正しながらパーツの品質を高めるAI機能搭載システム
Markforgedは、製造機器が自動的にプログラミングを調整し、各パーツを設計通りに製造するAI機能搭載システム「Blacksmith」を発表した。フィードバックの連続ループを作り、3Dプリントしたパーツの精度を高める。(2019/6/19)

第24回R&R 建築再生展2019:
建設現場で部品の製作や修繕ができる金属3Dプリンタ、ニコン
ニコンは、「第24回R&R 建築再生展2019」で、3D金属プリンタ「Lasermeister 100A」を披露。積層造形やレーザー加工による小型の建設部材の製作、修繕、加工を提案した。(2019/6/19)

Colorful、税込み約1万円で買える3D TLC NAND採用の960GB 2.5インチSSD
リンクスインターナショナルは、COLORFULブランド製の3D TLC NAND採用2.5インチSSD「SL500 960G V2」を発売する。(2019/6/14)

Google、“3Dゲーム開発ゲーム”「Game Builder」をMacとWindows向けにリリース
Googleが、コーディングの知識がなくてもオンラインゲームを開発できるゲーム「Game Builder」をSteamで無料公開した。MacおよびWindowsで遊べる。(2019/6/14)

「ドラクエXI」Switch版、9月27日発売 2D/3D両対応、新ストーリーも
ドラクエXIのSwitch版「ドラクエXI S」は9月27日に発売。2D・3D両方を楽しめる他、新ストーリーを追加した。(2019/6/12)

組み込み開発ニュース:
VRの3D酔いを解消、最新のディスプレイプロセッサIPを発表
Armは、ヘッドマウントディスプレイのVR性能を向上させたディスプレイプロセッサIP「Arm Mali-D77」を発表。3D酔いの解消、3K120への最適化とともに、システムの帯域幅と消費電力の低減により、没入感の高いVR体験を提供する。(2019/6/12)

点群:
橋梁保全の現場を点群とパノラマ画像でバーチャル化、ブラウザ上で共有
構造計画研究所、川田テクノロジーズ、川田建設の3社は、橋梁保全の工事現場を3次元バーチャル化する「BridgeStudio」を開発した。BridgeStudioはブラウザべースのアプリケーションで、高解像度のパノラマ画像と3次元点群データで構築された3次元空間を自由に歩き回ることができる。(2019/6/12)

「スクスト2」が「モバイルゲームにおける3Dコスチューム最多数」としてギネス認定 衣装の数は1177着
「ギネス世界記録公式認定員BOXガチャ」始まる。(2019/6/11)

3Dプリンタニュース:
光造形方式3Dプリンタ導入で、鋳造アクセサリーの原型製作期間が半分以下に
Formlabsは、同社の光造形方式3Dプリンタ「Form 2」の導入事例を発表した。Form 2を鋳造アクセサリーの原型製作プロセスに導入したところ、作業効率が大幅に向上し、手作業のため1週間程度かかっていた製作期間が、3日程度に短縮できた。(2019/6/11)

組み込み採用事例:
パチスロ遊技機が高性能画像処理プロセッサを採用、2019年度中に導入開始
ディジタルメディアプロフェッショナルは、画像処理プロセッサ「RS1」がジーグ提供の遊技機のユニット、部品に採用されたと発表した。リアルタイム3Dエンジンと、高性能、高圧縮動画エンジンをワンチップに統合した。(2019/6/7)

メカ設計ニュース:
3DEXPERIENCEプラットフォームの裾野を広げるダッソー、そして未来の人財育成
ダッソー・システムズは東京都内で事業戦略記者説明会を開催。同社 代表取締役社長の山賀裕二氏が日本法人設立25周年の歩みを振り返るとともに、2018年度のハイライト、そして日本市場での次なる展開について、その考えを示した。(2019/6/6)

光加工機「Lasermeister 100A」:
光学技術に強みを持つニコンが本気で作った“常識破り”の金属3Dプリンタ
ニコンは、金属材料の付加積層造形をはじめとした多様な金属加工機能を提供する光加工機「Lasermeister 100A」の販売を開始した。なぜ、ニコンが金属3Dプリンタを開発するに至ったのか? その背景や狙いについて開発担当者に聞いた。(2019/6/6)

人工知能ニュース:
Watsonが最適なブラジャー選びをお手伝い、サイズ測定は3Dスキャンで
ワコールは2019年5月29日、東急プラザ表参道原宿(東京都渋谷区)において、新開発の接客サービス「3D smart & try(3Dスマート&トライ)」を導入した店舗をオープンすると発表した。同店舗は翌日の5月30日から営業している。3Dスマート&トライは、3Dボディースキャナーで測定した身体のデータや下着に関する悩みなどを基に、膨大な種類の下着のラインアップの中から最適なものをAI(人工知能)が提案するというもの。(2019/6/5)

福田昭のストレージ通信(148) 半導体メモリの技術動向を総ざらい(9):
「3D XPointメモリ」開発のオープン・モードとステルス・モード
今回は、「3D XPointメモリ」の研究開発が、オープン・モードで始まり、後半はステルス・モードとなっていたことを説明する。(2019/6/5)

工場ニュース:
96層3次元フラッシュメモリの生産へ、東芝メモリとウエスタンデジタルが共同投資
東芝メモリとWestern Digitalは、東芝メモリが建設中の北上工場 第1製造棟において、共同で設備投資を実施する。同製造棟では、2020年から96層3次元フラッシュメモリの生産開始を予定している。(2019/6/5)

メカ設計メルマガ 編集後記:
ポテンシャルを感じたニコンの金属3Dプリンタ、課題はどこで強みを発揮できるか
なかなかユニークな装置です。(2019/6/4)

3Dプリンタニュース:
スペインの3Dプリンタメーカーと日本総代理店契約を締結
3D Printing Corporationは、スペインの3DプリンタメーカーBCN3D Technologiesと日本総代理店契約を締結した。日本国内でのBCN3Dの高性能3Dプリンタの販売とサポートを強化する。(2019/6/4)

車載半導体:
TLC方式の3D NANDフラッシュがeMMCにも、ウエスタンデジタルの新製品
ウエスタンデジタルは2019年5月30日、東京都内で記者説明会を開き、車載向けのNANDフラッシュメモリの新製品「iNAND AT EM132 EFD」を発表した。自動運転技術の採用やコネクテッド化で高容量ストレージへの需要が高まっていることに対応する。(2019/6/3)

福田昭のストレージ通信(147) 半導体メモリの技術動向を総ざらい(8):
一度消えたPCMが「3D XPointメモリ」で劇的にカムバック
今回は、相変化メモリ(PCM)が市場から一度消えた後に、「3D XPointメモリ」で劇的に復活したことをご説明しよう。(2019/6/3)

増大する車載ストレージに対応:
64層3D NANDを用いた256GBの車載用eMMC、WDが発表
Western Digital(ウエスタンデジタル)は2019年5月30日、車載向けとして、TLC(Triple Level Cell)タイプの64層3D NANDフラッシュメモリを搭載したeMMCの新製品「Western Digital iNAND AT EM132 EFD(以下、iNAND AT EM132)」を発表した。(2019/5/31)

CIM:
福井コンピュータの「CIMPHONY」に新機能、3次元データの運用が可能に
福井コンピュータは、データ共有クラウドサービス「CIMPHONY」の新機能を今秋から提供する。位置情報や時間軸の概念を取り入れることで、3次元データの運用などが可能になる。(2019/5/31)

HoloLensが自動車の整備の作業手順を表示、トヨタ自動車が自動車整備にMixed Realityを活用
日本マイクロソフトは、Mixed Realityの活用例として、トヨタ自動車の取り組みを発表した。整備士がMicrosoft HoloLensを装着して作業対象の自動車の前に立つと、自動車の部位の上に3Dで作業手順を表示し、直感的に理解しやすくした。(2019/5/30)

de:code 2019:
「HoloLens 2」の全貌、“生みの親”らが解説 初代モデルとどう変わった?
日本マイクロソフトが年次カンファレンス「de:code 2019」を開催。現実世界に3Dオブジェクトを重ねて表示できるヘッドマウントディスプレイ(HMD)「HoloLens 2」の構造・機能の解説を行った。着け心地や操作性が、前モデルから大きく改善したという。(2019/5/29)

VR:
VR空間で3Dモデルを修正できる「SYMMETRY」、自動翻訳の次はBIM対応
米Symmetry Dimensions(シンメトリーディメンションズ)の建築設計向けVRソフトウェア「SYMMETRY」のVer1.2が2019年5月20日にリリースされた。新バージョンでは、多言語への翻訳機能に加え、複数人でのデザイン確認や建築プレゼン時のコミュニケーション機能がアップデートされた。(2019/5/29)

Looking Glassが企業向けに登場:
見せてもらおうか、“真のホログラム”の性能とやらを
Looking Glassの開発と製造、販売を手掛ける米Looking Glass Factoryは2019年5月28日(米国時間)、これまで開発者および3Dクリエイター向けに展開してきたLooking Glassのエンタープライズ向けとなる「Looking Glass Pro」を期間限定で先行販売すると発表した。(2019/5/29)

3Dプリンタニュース:
電子デバイス製造3Dプリンタの立体回路基板設計に対応した設計環境
図研の電子基板設計環境「CR-8000 Design Force」が、FUJIの電子デバイス製造3Dプリンタ「FPM-Trinity」の立体回路基板設計、製造データ出力フローに対応した。(2019/5/29)

FAニュース:
3次元荒加工時の信頼性が向上した刃先交換式ボールエンドミル
タンガロイは、荒〜中仕上げ用の刃先交換式ボールエンドミル「BallRoughNose」を発売した。ダブテイルクランプ機構と、インサート回転防止機構を採用したことで、3次元荒加工や突き加工時の信頼性が向上している。(2019/5/27)

「超歌舞伎」南座で上演へ AR活用
NTTと松竹は23日、8月に京都市の南座で上演する「八月南座超歌舞伎」の制作発表会を開催した。NTTの現実空間に3次元の映像を重ねて表示できる「拡張現実(AR)」技術を活用し、役者の動きを読み取って、別の場所に立体的に表示させるなどの演出を取り入れる。若者や訪日客(インバウンド)などの顧客層の開拓につなげたい考えだ。(2019/5/24)

FAメルマガ 編集後記:
金属3Dプリンタにおける「現在」の論点と「将来」の論点
時間軸を含めて考えることが大切です。(2019/5/24)

スマートIoTデバイス向け:
低電力FPGA、セキュリティやAI機能を強化
Lattice Semiconductor(ラティスセミコンダクター)は、セキュリティ機能を強化したFPGA「MachXO3D」と、エッジ製品にAI機能を搭載するための技術スタック「sensAI」新バージョンを発表した。(2019/5/24)

3Dプリンタニュース:
スーパーモデルが3Dプリンタ製の衣装をまといファッションショー
GEアディティブは、デザイナーのZac Posen氏、Protolabsと共同で、3Dプリンタで作製した衣装のファッションショーをメトロポリタン美術館のMet Galaにて開催した。(2019/5/23)

メカ設計メルマガ 編集後記:
自分にとっての「ぴったり」とは? 個人のモノづくりの価値をもう一度問う
自宅に眠る3Dプリンタを再活用するきっかけとなるか!?(2019/5/21)

3Dプリンタニュース:
着火しても自動鎮火して燃え広がらない3Dプリンタ用素材
Markforgedは、難燃性の産業用3Dプリンタ素材「Onyx FR」を発表した。着火しても自動鎮火し燃え広がらないため、難燃性が重要となる航空宇宙、自動車、防衛分野などでの利用に適している。(2019/5/21)

VRニュース:
巨大客船も航空機も丸ごとVR空間へ、高速3D CADビュワーのVR対応版が現場を革新
3DVS Japanは、ドイツのKISTERSが開発する3D CADビュワー「3DViewStation」製品ファミリーのVR対応版「3DViewStation VR Edition」に関する記者向け体験説明会を開催した。(2019/5/20)

金属3Dプリンタ:
“量産”に使える金属3Dプリンタ、カギとなる技術を三菱重工工作機械が開発
三菱重工工作機械は海外市場に向けて金属3Dプリンタの展開を開始することを発表した。2019年5月20〜23日に米国デトロイトで開催される先端立体造形技術の見本市「RAPID+TCT2019」で、金属3Dプリンタ「LAMDA」を披露し、世界初となる関連技術「モニタリングフィードバック機能」や「ローカルシールド機能」などを紹介する。(2019/5/17)

3次元点群データ:
東急電鉄と静岡県が点群取得して県土を“バーチャル化”、観光や自動運転に活用
東急電鉄と静岡県は、両社が所有している静岡県内各地の3次元点群データの相互利用を進める連携協定を締結した。防災力強化や観光業などの産業振興に、有効活用する考えだ。(2019/5/17)

“脱2次元”できない現場で効果的に3D CADを活用する方法(1):
脱2次元できない、3次元化が進まない現場から聞こえる3つの「ない」
“脱2次元”できない現場を対象に、どのようなシーンで3D CADが活用できるのか、3次元設計環境をうまく活用することでどのような現場革新が図れるのか、そのメリットや効果を解説し、3次元の設計環境とうまく付き合っていくためのヒントを提示します。(2019/5/17)

CIM:
斜面対策工にCIM導入、アンカーの3Dモデルに地質などの属性情報を付与し次施工に活用も
熊谷組は、斜面対策工事にCIMを用いた新たなシステム「のり面CIM」を開発した。国土交通省九州地方整備局が発注した「阿蘇大橋地区斜面対策工事」に試験適用し、その有効性が確認された。(2019/5/16)

3Dプリンタニュース:
準産業用途向けFDM方式3Dプリンタの新製品を発表
APPLE TREEは、準産業用途向け熱溶解積層方式3Dプリンタの新製品「Creator3」の予約販売を開始した。FLASHFORGE製3Dプリンタの使いやすさはそのままに、機能を大幅に改善している。(2019/5/16)

iPhoneだけで全身モーションキャプチャする無料アプリ
全身モーションキャプチャアプリ「ミチコン-VisionPose Single3D-」がリリースした。(2019/5/15)

3Dプリンタニュース:
医療シミュレーション用に複雑な立体形状を再現した肝臓モデルを販売
伊那食品工業、ストラタシス・ジャパン、スワニー、丸紅情報システムズは、3Dプリント樹脂型「デジタルモールド」と植物由来のゲル素材から製作する臓器モデルの事業化について契約を締結し、医療業界向けに肝臓モデルを発売した。(2019/5/14)

FAメルマガ 編集後記:
期待高まる金属3Dプリンタの本格導入、意識の壁を超えられるか
柔軟な発想が突破口を開くカギになると考えます。(2019/5/10)

旭化成エレクトロニクス:
軸貫通配置で誤差±0.1度の磁気式回転角度センサー
 旭化成エレクトロニクスは、「TECHNO-FRONTIER 2019(テクノフロンティア)」(2019年4月17〜19日、千葉・幕張メッセ)で、2極着磁磁石の横に置く「Off Axis配置」でも誤差±0.1度の高精度を実現した磁気式回転角度センサー「AK7454」や、AR/VRのコントローラーに活用できる3D磁気センサー「AK09940」などを展示した。(2019/5/9)

VRニュース:
フル3Dモデルも軽快に操作できる“現場で使える”VR検証ソリューション
ラティス・テクノロジーは、超軽量3Dデータフォーマット「XVL」を活用したVR(仮想現実)検証ソリューション「XVL Studio VRオプション」の提供開始を発表した。(2019/5/9)

業務に適した3D CADをレーダーチャートで探る(7):
「ZW3D」を6つの視点で徹底評価する
「機能性」「コスト性」「操作性」「連携性」「効率性」「運用性」の6つのポイントでレーダーチャートを作成し、3D CAD製品を評価する連載。今回はZWSOFTの3D CAD「ZW3D」を取り上げます。(2019/5/9)

Google I/O 2019:
Google、モバイル検索結果画像の3D→AR化機能や「Google Lens」の新機能を発表
Googleが開発者会議「Google I/O」でモバイル検索関連の新機能を発表した。検索結果の画像を3Dに、さらにはARにして表示する機能は5月中にローリングアウト予定。Google Lensも進化する。(2019/5/8)

FAニュース:
ヒト型双腕協働ロボットや金属3Dプリンタなど、社名変更控える東芝機械の新製品群【訂正あり】
東芝機械は2019年5月7日、「東芝機械グループ ソリューションフェア」(2019年5月23〜25日、同社沼津工場および御殿場工場)の開催概要を発表するとともに、同フェアに出展する新製品群を紹介した。(2019/5/8)

医療機器ニュース:
独自の画像処理技術を搭載した光干渉断層計を発売
キヤノンは、網膜の断層面を見られる眼科機器の光干渉断層計「OCT-A1」を発売した。眼底3次元画像から血管形態を描出する画像処理技術「OCT Angiography」を搭載する。(2019/5/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.