「自動生成」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「自動生成」に関する情報が集まったページです。

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIの攻撃をAIで防御、サイバーセキュリティの“いたちごっこ”最新事情
AI技術の進化によって、サイバー攻撃やそのセキュリティ対策も高度化が進んでいる。AIを悪用した攻撃や、その対応策にはどのようなものがあるのか現状をまとめた。(2020/5/22)

PR:医師・薬剤師の質問に24時間対応 各種規制にも準拠 中外製薬の製品問い合わせチャットボット「MI chat」誕生秘話
(2020/5/22)

構造解析、はじめの一歩(4):
形状なくして解析あらず
「構造解析」を“設計をより良いものとするための道具”として捉え、実践活用に向けた第一歩を踏み出そう。第4回は、設計者によるCAEの基本となる3次元形状の準備をテーマに、3D CADとソリッドモデルについて解説する。(2020/5/20)

Innovative Tech:
表情豊かなキャラクター作成を深層学習で 中国チームが制作システムとデータセット公開
6種類の感情表現をつけたキャラクターが作成できる。(2020/5/11)

シニア向け写真SNS「ZUISO」登場 5月11日まで「おうちでお花見」実施
ルクレは、エイジレスライフを支援するシニア向け写真SNS「ZUISO」をリリース。写真日記やコミュニティ、イベントを通して仲間と交流を深められ、5月11日までオンラインイベント「おうちでお花見」を実施している。(2020/5/1)

設計、調達関連業務の効率化を図る:
非製造業が製造業にもたらす付加価値とは NTTコミュニケーションズとPwCコンサルティングが共同で実証実験
NTTコミュニケーションズとPwCコンサルティングは製造業の設計、調達関連業務の効率化を図るデジタルマッチングプラットフォームの商用化を目指し、2020年7月から共同で実証実験を開始する。(2020/5/1)

情報銀行を活用した「パーソナルデータ同意管理サービス」の実証実験開始 個人に分かりやすい規約の提供へ――NTTデータ
NTTデータは、情報銀行の仕組みを活用した「パーソナルデータ同意管理サービス」の実証実験を開始する。個人の規約同意の一元管理機能や、同意判断を助ける指標値について有用性を検証し、2021年度中のサービス実用化を目指す。(2020/5/1)

AIで設計データから必要な部品を「マッチング」 製造業向けサービスの実証実験が開始
NTTコミュニケーションズとPwCコンサルティングは、製造業の設計や調達関連業務の効率化に向けたデジタルマッチングプラットフォーム「設計/調達DX」の提供に向けて、実証実験を開始する。(2020/4/28)

メカ設計ニュース:
NTTコムとPwCの製造業受発注デジタルマッチング基盤は「他サービスと競合せず」
NTTコミュニケーションズ(NTTコム)とPwCコンサルティング(PwC)は、デジタル設計データを活用して製造業の設計・調達関連業務の効率化を実現するデジタルマッチングプラットフォーム(設計/調達DX)の事業展開で協業すると発表した。2020年7月に数社の製造業顧客とともにスタートする実証実験を経て、同年度中の商用化を目指す。(2020/4/28)

特集:“コーディングのプロに嫌われない”ローコード開発(1):
重要なのは、コーディングの速さではなく「価値創出の速さ」
DX(デジタルトランスフォーメーション)トレンドを背景に、「ニーズに応えるアプリケーションをいかにスピーディーに届けられるか」がビジネス差別化のカギとなっている。これを受けて内製化に乗り出す企業も増えつつある中、その実践手段としてローコード開発ツールが注目を集めている。だが従来のノンコード開発ツールとは、受け止められ方、使われ方は全く異なる――本特集ではローコード開発ツールの意義、成果、そして開発者とIT部門の役割を考える。(2020/4/27)

人工知能ニュース:
AIによる外観検査を即日導入、設定作業は独自アルゴリズムで最短1日
Pros Consは独自開発の教師なし学習アルゴリズムを搭載した外観検査AI作成ソフト「Gemini eyes」を発売。良品画像だけでAIモデルを作成でき、最短1日で現場に導入可能。(2020/4/24)

Apple Watchで測った心拍数を分析して自動作曲 AI作曲アプリ「AImelo」登場
クリムゾンテクノロジーは、Apple Watchで計測した心拍数などの情報を基に、メロディを自動生成して再生するiOSアプリ「AImelo」を公開した。(2020/4/20)

Linux基本コマンドTips(386):
【 git log 】コマンド(基礎編)――コミットログを表示する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回はGitについて、コミットログを表示する「git log」コマンドです。(2020/4/9)

朝日新聞のAI経済記者がデビュー トレンドワード抽出、商品紹介記事を自動生成
朝日新聞は、自社のAI経済記者「みつけーた」が3月23日にデビューしたことを発表した。企業のプレスリリースから商品紹介記事を自動生成し、人間との共同作業でトレンドの一歩先を読んでいく。より付加価値の高いコンテンツを発信し、記者の働き方改革にもつなげる狙い。(2020/4/2)

Windows 10 The Latest:
【Windows 10開発動向】2020年春の機能アップデート「20H1」はこうなる
2020年春(5月ごろ)に配布開始予定のWindows 10の機能アップデート「20H1」で提供される機能がほぼ固まった。そこで、20H1がどのようなものになるのかまとめてみた。(2020/3/26)

建築設計の最前線で起きているデジタル変革を追った:
PR:隈研吾建築都市設計事務所が「パラメトリックデザイン」と「3DCG」のゲンバで不可欠と語るHPテクノロジー
環境との調和を主眼に置いた独創性溢れる外観がひと際目を引く、英国・スコットランドの美術館「V&A Dundee」、緑豊かな代々木の杜へ溶け込むように設計された「明治神宮ミュージアム」など、独自の哲学を持って、世界に2つと無い斬新な建築物を生み出し続けている隈研吾建築都市設計事務所――。「木」「石」「紙」など、その土地に根差した素材を採り入れ、国内外のコンペティションで常に話題をさらっている同事務所の設計室は、最近では建設業界でも急速に広がるDX(Digital Transformation)に先駆け、多様なデジタルツールをいち早く導入。最近では3次元の設計手法「パラメトリックデザイン」を試行し、これまで実現が困難だった複雑かつ精密な外観の建築物を多数創出している。世界的にも誰もが知る著名な設計の現場で、どのようなデジタル変革が起きているか裏側を探った。(2020/3/24)

Linux基本コマンドTips(385):
【 git commit 】コマンド――インデックスの内容をローカルリポジトリに記録/保管する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回はGitについて、インデックスの内容をリポジトリに記録/保管する「git commit」コマンドです。(2020/3/19)

PR:バックオフィスから会社の成長エンジンへ――83年の歴史を持つ老舗が「管理部門改革」を成功させた秘訣
(2020/3/17)

スマートファクトリー最前線:
変種変量生産で効率50%向上、“世界的先進工場”は何を行っているのか
2020年1月にWEFによる「第4次産業革命を主導する世界的先進工場(ライトハウス)」に選ばれた日立製作所の大みか事業所。世界の中でも先進的な取り組みを進めるスマートファクトリーとして評価された工場となったわけだが、具体的にはどういう取り組みを行っているのだろうか。同工場の取り組みを紹介する。(2020/3/17)

自動運転技術:
衛星画像やドラレコで一般道の高精度地図を生成、TRI-ADが国内外で実証
トヨタリサーチインスティテュート アドバンストデベロップメント(TRI-AD)は2020年3月10日、専用の計測車両を使用しない一般道の高精度地図の生成に成功したと発表した。また、地図データ会社と連携した一般道の高精度地図の生成や更新も実現した。いずれも他社と実施した実証実験による成果で、今後もパートナー企業との連携を強化していく。(2020/3/11)

AIが“RPAに適した業務”を自動検知し、botも生成 オートメーション・エニウェアが新サービス
オートメーション・エニウェア・ジャパンが、ビジネスパーソンがPCで行う単純作業をAIで検知し、自動化するbotを生成する新サービスを発表。単純作業を自動化するプロセスを短縮し、業務効率化と生産性向上を後押しする。(2020/3/10)

よくわかる人工知能の基礎知識:
勝利の鍵はAI? スポーツとデータ分析の相性が良い理由
スポーツ業界でAIはどのように活用されているのか。選手のパフォーマンス向上やスタジアム経営、メディアでの情報発信など、さまざまな観点で紹介したい。(2020/3/6)

メカ設計ニュース:
ラダープログラムを自動生成する3D制御シミュレーターソフトを提供開始
ラティス・テクノロジーは、3D制御シミュレーターソフトの最新版「XVL Vmech Simulator Ver.11.0」の提供を開始した。三菱電機のPLC上で動作するラダープログラムを自動生成する。(2020/3/3)

セキュリティ・アディッショナルタイム(39):
CTFもDevOpsで――2020年代に入ったSECCON CTFの新しい挑戦
国内最大規模のCTF大会「SECCON CTF」。予選を勝ち抜いた世界9カ国の14チームが2019年12月21、22日の2日間にわたって行われた国際大会に出場し、問題に取り組んだ。(2020/3/3)

TensorFlow 2+Keras(tf.keras)入門:
第4回 知ってる!? TensorFlow 2.0最新の書き方入門(初中級者向け)
TensorFlow 2.x(2.0以降)では、モデルの書き方が整理されたものの、それでも3種類のAPIで、6通りの書き方ができる。今回は初心者〜初中級者にお勧めの、SequentialモデルとFunctional APIの書き方、全3通りについて説明する。(2020/2/27)

Autodesk University Japan 2019:
【限定全公開】3.11復旧工事など災害対応で活躍したCIM、岩手・地方建コンの奮闘
建設コンサルタント業務を手掛ける昭和土木設計は、2014年からCIMへの取り組みを進めてきた。その取り組みの成果が橋梁設計における「3D完成形可視化モデル」だ。ドローン(UAV)を使って3D空間の計測データを取得。このデータに基づき3Dの地形モデルを作成し、3次元の設計モデルと連携・統合することで、関係者間の情報共有の精度を高めた。(2020/2/26)

IoTセキュリティ:
PR:組み込み機器のセキュリティ対策に内在する“2つの問題”とは
IoTが当たり前になる中で組み込みシステムに関わる技術者にとって大きな課題になっているのがセキュリティ対策だ。実際には「具体的に何をやる必要があるのか」「それをどうやって実装するのか」という2つの問題にぶつかることになるが、統合開発環境「IAR Embedded Workbench(R)」で知られるIARシステムズが最適なソリューションを提供している。(2020/2/19)

PR:初めてのNASに最適! QNAPの新モデル「TS-251D」と「TS-230」で始める新生活
スマートフォンでいろいろ写真を撮っていると、知らずしらずのうちにストレージ不足に陥ることがあります。「バックアップを取って削除をすると、手元で写真を見られないしなぁ……」とお困りの人、QNAPの新型NAS「TS-251D」や「TS-230」を導入すれば悩みを解決できるかもしれません。(2020/3/2)

フル3DCG『聖闘士星矢』実データはどう運用? 東映アニメの場合
Dell Technologiesは2020年1月31日にストレージ製品に関する記者説明会を開催した。またゲストで東映アニメーションがストレージによってシステム管理者やアニメーターの働き方がどのように変わったか紹介した。(2020/2/13)

ナイキやディズニーを経てギター最大手のCEOへ プロ経営者が見た音楽市場の“特異性”
ギター大手フェンダーCEOのアンディ・ムーニー氏は、ナイキのCMO、ディズニーコンシューマープロダクツやクイックシルバーで社長、会長を務めた経歴を持ち、ギターコレクターでもあり、バンドマンでもある。フェンダーにとどまらず、エレキギターを中心とした楽器、音楽市場の分析や業界のこれからについて伺った。(2020/2/4)

Googleはなぜノーコード開発ツールのAppSheetを買収し、1年半前に正式版になったばかりのApp Makerを終了させるのか?
Googleは先日、コーディング不要でアプリケーション開発ができる「AppSheet」を買収した。それに伴い、2018年から提供していたノーコード開発ツール「App Maker」は終了する。なぜ、このような判断を下したのだろうか?(2020/2/3)

FAニュース:
バリ取り工程をシステム化、標準化したロボットシステムを市場投入
不二越は、バリ取り工程をシステム化、標準化した「NS-Platform バリ取りセル」を発売した。時間のかかるシステムインテグレーションを省き、立ち上げの迅速化など、ロボットシステム導入のハードルを引き下げる。(2020/2/3)

不動産業界のDX最前線:
「アナログな業界で“不動産テック”を巻き起こす」、オープンハウスがAI/RPAで2.5万時間を削減
アナログな不動産業界で、他社に先駆けAIやRPAなどを導入した“不動産テック”で、煩雑な事務作業を自動化をさせ、働き方改革の実現を目指すオープンハウス――。会社設立が1997年と後発ながら、土地の選定から、住宅設計、販売までのワンストップサービスを武器に、毎年30%以上の成長を続け、2019年(2018年10月〜2019年9月)には5403億円の売上高に達するまでに発展を遂げた。ここ数年は、自前でシステムを開発できる情報システム部門を社内に設置し、新たなソリューションの創出によって、業務改善と営業機会の損失を防ぎ、さらなる業容拡大を見据える。(2020/2/3)

会話音声から最適なFAQを検索し、応答品質を自動評価――イッツコム、Watson活用の「AIオペレーター支援システム」を導入
イッツ・コミュニケーションズ(イッツコム)は、IBM Watsonを活用した「AIオペレーター支援システム」をテクニカルサポートセンターに導入。音声をテキスト化し、会話ログから最適なコンテンツを検索する機能や、応答品質評価レポートの自動生成機能により、応対品質向上や業務効率化を図る。(2020/1/30)

3DCAD:
改修工事で有効な新設備CADソフト「FILDER CeeD」、青焼き図面から3Dモデル化
ダイキン工業の設備CADソフト「FILDER」シリーズはこれまで、「FILDER Rise」「FILDER Cube」の順に発売され、中小設備会社を中心に累計6000社で導入されている。同社は、従来品の優れた機能を踏襲しつつ、近年増加する施設の改修工事で力を発揮する「FILDER」シリーズの新バージョンを開発した。(2020/1/30)

徳丸浩氏が8つの試練を基に解説:
架空企業「オニギリペイ」に学ぶ、セキュリティインシデント対策
ECサイトやWebサービスでセキュリティインシデントを起こさないためには何をすればいいのか。2019年12月に開かれた「PHP Conference Japan 2019」で徳丸浩氏が、架空企業で起きたセキュリティインシデントを例に、その対策方法を紹介した。(2020/1/28)

よくわかる人工知能の基礎知識:
通信インフラの監視やコーディングも自動化 情報・通信業界のAI活用
情報・通信業界ではどのようにAIが活用されているのか。顧客対応、通信インフラの監視など、さまざまな領域での事例を整理する。(2020/1/21)

FORUM8デザイン フェスティバル2019:
建機の自動運転技術開発スピードを加速するVR活用術
建設業界では加速する人手不足を解決するために、建設機械を自動で運転する技術の開発を進めている。自動運転技術が完成することで、1人で複数の建設機械を操縦したり、遠隔地からテレワークで操作することが容易になるため、省人化を実現する。また、人と建設機械の接触回数を減らせるため、事故発生件数も削減できると見込まれている。大成建設では、自動運転技術の開発速度を上げるVRを用いた新ワークフローを構築した。(2020/1/21)

オートモーティブワールド2020:
カーナビ用地図から自動運転の高精度地図を自動生成、日立製作所が開発中
日立製作所は、カーナビゲーションシステム用の地図を自動運転システムなどに使用する高精度地図(HDマップ)に変換する技術を開発する。専用の測量車両を使った高精度地図と比べて精度は劣るが、運転支援機能の内容によっては十分に活用できる精度を確保できるという。(2020/1/17)

Innovative Tech:
深層学習でリップシンク動画生成 SiriやAlexaにも対応する「Neural Voice Puppetry」
深層学習を使ってフェイシャルアニメーションを自動生成する仕組み。(2020/1/17)

Autodesk University Japan 2019:
BIMの先に広がる可能性――。隈研吾氏の事例やGIS連携、入札アプリなどAutodeskが解説
建設業界では、入職者数の減少や技術者の高齢化による退職数の増加に伴い、働き手が減り、従来より少ない人数で現場を運営しなければならない厳しい状況に直面している。Autodeskは、こういった現場の生産性を向上するために、BIMやジェネレーティブデザインなどの新製品の開発を進めている。2019年10月8〜9日、東京都内のグランドニッコー東京 台場で、開催されたプライベートイベント「Autodesk University Japan 2019」では最新のソリューションや活用事例が紹介された。(2020/1/16)

予備校や塾がAI教材を続々採用 一人一人にあったカリキュラムを自動生成
大学受験予備校や塾で、AIを活用した学習システムの導入が進んでいる。生徒一人一人にあった個別指導が求められる中、オーダーメイドの学習を実現する手助けとなるシステムとして注目が集まっている。(2020/1/14)

CAEニュース:
航空機や自動車の騒音を低減する、高速で正確な音響解析ソフトウェア
エムエスシーソフトウェアは、音響解析ソフトウェア「Actran 2020」をリリースした。高速で正確な音響解析が可能になるため、航空機や自動車のメーカーは、騒音を低減し、乗員の快適性を向上する製品を開発できる。(2020/1/14)

第1回 工務支援 EXPO:
ドコモの建築向けクラウド型施工管理サービス、工程表のExcel出力が可能に
NTTドコモが展開するクラウド型施工管理サービス「ARCHITREND Do!Photo for docomo」は、機能拡充やユーザーインタフェースの改善が進められている。(2020/1/10)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIは民主主義をアップデートするのか? 統治とテクノロジーの関係
司法・行政・立法機関においてAIはどのように活用されていくのか。世界の事例を基に考える。(2020/1/10)

Twitterに“あけおめ絵文字”、4年ぶり 初日の出、富士山、茄子など
Twitter Japanが年末年始の企画を発表。該当するハッシュタグを付けてツイートすると、日本の風習にならった“あけおめ絵文字”が出現する。(2019/12/27)

パスワードの強度を調べたいときどうする:
「あなたのパスワードは十分安全です」、本当なのか? 英大学が研究
英プリマス大学の研究により、有名Webサイトの一部で運用されているパスワードの強度判定サービスが「一貫性のない、誤解を招く」アドバイスをユーザーに提供していることが明らかになった。(2019/12/25)

いまだ破られぬ詰将棋の手数最長記録(1525手詰) 作者に聞く「盤上の『ミクロコスモス』はいかにして生まれたか」
約30年前、22歳の若者が打ち立てた詰将棋界の金字塔。(2019/12/24)

Hitachi Social Innovation Forum 2019 TOKYOレポート:
PR:メーカーとユーザーをつなげるメンテナンス、デジタル化で設備価値を最大化
日立製作所のプライベートイベント「Hitachi Social Innovation Forum 2019 TOKYO」のメンテナンスコーナーでは、「メーカーとユーザーをつなげるメンテナンス」をテーマにさまざまな展示を行った。昭和電工やニチレイロジグループ本社との共同実証に関連した顧客事例が来場者の注目を集めた。(2019/12/20)

これからのAIの話をしよう(2019年振り返り編):
AIブームが収束し、怪しいAIベンチャーが消えた年――2019年を“AI本音対談”で振り返る
2019年はAI業界にとってどんな1年だったのか? データサイエンティストの松本健太郎さんと、AI事情に詳しいマスクド・アナライズさんが振り返る。(2019/12/20)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.