「CEATEC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
「withコロナ」という言葉がどうしても好きになれない
うーん……。しばらくは否応なく新型コロナと一緒だからということでこの言葉なんでしょうけど、どうにも好きになれないんですよね。(2020/5/26)

製造マネジメントニュース:
2020年の「CEATEC」はオンラインで開催、“ニューノーマル”に対応
CEATEC実施協議会は、2020年10月20〜23日に開催予定の「CEATEC 2020」について、千葉・幕張メッセでの通常開催に替えてオンラインでの開催を決定したと発表した。詳細は6月以降に順次発表する予定。(2020/5/26)

ニューノーマルをテーマに:
「CEATEC 2020」オンライン開催に変更 幕張メッセ開催は中止
ITやデジタル家電の展示会「CEATEC 2020」について、実施協議会は幕張メッセでの通常開催を中止し、オンラインで開催すると発表した。10月に開催し、オンラインならではの企画も展開する。(2020/5/25)

「CEATEC 2020」もオンライン開催へ
今年のCEATECは幕張メッセではなく、オンラインでの開催となる。(2020/5/25)

幕張メッセでの開催は中止:
CEATEC 2020、オンライン開催に変更
CEATEC実施協議会は2020年5月25日、2020年10月20〜23日に開催予定の「CEATEC 2020」について、幕張メッセ(千葉市美浜区)での通常開催を中止し、オンライン開催とすることを決定した、と発表した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止のためで、「来場者、出展者ならびにCEATECに関わる全ての皆さまの安全を最優先に考慮した結果」としている。詳細は2020年6月以降に順次発表する予定としている。(2020/5/25)

製造マネジメントニュース:
新型コロナでもソニーの基軸は「人」、イメージング&センシングでNo.1目指す
ソニーは2020年5月19日、2020年度の経営方針説明会を開催した。次世代機PS5の市場投入が期待されるゲーム関連事業に加え、マイクロソフトとの協業を発表したセンシング事業などの説明を行った。(2020/5/21)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
コショウみたいな名前の某ロボットには話しかけられないかもしれない
ロボットが「ペット代わり」となる時代もそう遠くなさそう。(2020/5/18)

5Gビジネスの神髄に迫る:
なぜキャリアの5Gとは別に「ローカル5G」が必要なのか? メリットと課題を整理する
5Gはキャリアが展開するものだけでなく、自由に5Gのネットワークを構築できる「ローカル5G」という仕組みも存在する。特に法人での5G活用においては、ローカル5Gに高い関心が寄せられている。ただしNSAでの運用が求められていること、参入事業者に知見があるとは限らない、などの課題もある。(2020/5/8)

電子ブックレット(BUILT):
大成建設とMSが目指す建物管理など「CEATEC 2019」まとめ
Webサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回紹介するのは、アジア最大級の規模を誇るITとエレクトロニクスの国際展示会「CEATEC 2019」で注目を集めた建設業界向けの講演やブースのまとめです。(2020/4/27)

ANAの分身ロボット「アバター」事業が独立子会社化
アバターは、新型コロナウイルス感染症の拡大で、医療現場などでの利用も検討されているという。(2020/4/1)

ベンチャーニュース:
AI圧縮や酸化ガリウム基板の製造、JEITAが新鋭ベンチャー8社を表彰
電子情報技術産業協会は「第5回JEITAベンチャー賞」の受賞企業を発表した。AI圧縮技術のアラヤや酸化ガリウムの薄膜結晶成長技術のノベルクリスタルテクノロジーなど8社が受賞。(2020/3/31)

あの会社のこの商品:
家庭用プロジェクターの“ウザさ”を解決 家族で楽しめる「popIn Aladdin」開発秘話
広告配信プラットフォームなどを提供するpopInは、世界で初めてプロジェクターとスピーカーを内蔵したシーリングライト「popIn Aladdin」を開発した。メーカーでない同社はなぜ、壁をテレビのように使える商品を開発したのか。(2020/3/29)

三菱の「青空のような照明」10月発売 朝焼け、夕焼けも再現 オフィスや病院に自然な光を
三菱電機が、青空のような自然光を生み出せる室内照明「misola」を10月に発売する。LEDを搭載したフレームと薄型パネルを組み合わせたもので、「レイリー散乱」を人工的に再現できる。発光量を調整することで、朝焼けや夕焼けも表現できる。(2020/2/5)

EE Exclusive:
2020年に注目すべき10の技術
エレクトロニクス業界の回復を担う技術、今後の開発動向や成長が注目される技術を、10個取り上げる。(2020/1/30)

【五輪後の日本経済】訪日客4000万人「達成可能」 ANAHD 片野坂真哉社長
訪日客観光を推進する国の政策や、ラグビーワールドカップで日本全国の人気が高まっている。(2020/1/16)

モビリティサービス:
次世代モビリティの姿、自動運転、MaaS、エアモビリティ、地域連携がキーワードに
「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、幕張メッセ)、「第46回東京モーターショー2019」(会期:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)の関連イベントとして2019年10月18日、リレーカンファレンス「Mobility Summit〜近未来の移動空間の姿を浮き彫りに!〜」が開催された。Society 5.0具現化に向けたスマートモビリティによる、近未来の姿を自動運転、MaaS、エアモビリティ、地域連携をキーワードに展望し、新たなイノベーションの社会実装の可能性を議論した。(2020/1/15)

5Gビジネスの神髄に迫る:
京セラのローカル5G戦略を聞く 基地局と端末を同時開発、5Gのみのスタンドアロンで勝負
次世代通信規格「5G」を用いた通信サービスを、企業や自治体などが限られたエリア内で提供する「ローカル5G」。そのローカル5Gに参入を計画し、基地局や端末の開発を進めているのが京セラだ。どのような戦略で市場開拓を進めようとしているのだろうか。(2019/12/26)

CEATEC 2019:
地域が起こすデジタル変革の力、広島県の取り組み
「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、千葉県・幕張メッセ)で広島県知事の湯崎英彦氏は「広島発デジタルトランスフォーメーション〜日本が目指すべきDXの姿〜」をテーマに講演を行った。異色の経歴を持つ県知事による広島県での取り組みを紹介する。(2019/12/16)

「肌を分析する鏡」「印刷して貼るメイク」 パナとコーセーが試験提供 IT活用の化粧品店で
パナソニックが、肌の分析機能を備える鏡、肌に直接貼るだけでシミを隠せるシートを試験的に提供する。東京・銀座にオープンする「メゾンコーセー」に導入し、顧客のニーズを探る。(2019/12/6)

「分身ロボット」でお買い物 ANAと三越伊勢丹、日本橋に限定店舗をオープン
ANAホールディングスと三越伊勢丹は、遠隔操作に対応したコミュニケーションロボットを使い、遠隔地から買い物ができる施設を東京都日本橋に期間限定でオープンする。(2019/12/6)

格ゲーの駆け引きはAIにもできる? 憧れのプロ選手、AI化の可能性も
ゲーム業界のAI活用が進んでいる。最近では、人間の操作を学習するキャラクターAIも登場。テクニカルライターの西川善司さんが、昨今のゲームAI事情をまとめた。(2019/12/6)

「分身」使い百貨店でお買い物 ANAと三越伊勢丹、日本橋に限定店舗
 ANAホールディングスと三越伊勢丹は、「アバター(分身)」と呼ばれるロボット技術を使い、離れた場所から実際に百貨店にいるような感覚で買い物ができる施設「avatar-in store(アバターインストア)」を東京・日本橋に5日から24日までの期間限定でオープンすると発表した。(2019/12/5)

MUFGとリクルート、「デジタル通貨の新会社設立」報道にコメント 「契約締結は事実」
三菱UFJ銀行とリクルートHDが、デジタル通貨を発行する新会社を設立する方針だと共同通信が報じた。MUFGとリクルートHDは「新会社設立の合弁契約書を締結したことは事実だが、現時点でそれ以外に決定した事実はない」とコメント。(2019/12/4)

ANA、分身ロボ「newme」普及に本腰 100体を東京・日本橋に設置へ 遠隔地からの買い物など実現
ANAHDが三井不動産と協業。遠隔操作に対応したコミュニケーションロボット「newme」を都市に配置する共同事業を行う。12月から東京・日本橋に、newmeを設置した特設ショップをオープンし、遠隔地から買い物ができるようにする。2020年からはオフィスなどへの設置も進め、エリア全体に計100体のnewmeを投入する予定。(2019/11/27)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
東芝のIoTは本当に日立やシーメンスより出遅れているのか
不正経理問題であれだけ大変だったことを考えると、出遅れているとしか思えませんが……。(2019/11/12)

そろそろ会議やめませんか:
航空会社のANAが「移動しないで瞬間移動」サービスを提供する理由
航空会社が抱える「6%の壁」を打ち破るべく、さまざまなチャレンジを行っている。ANAの場合はどうなのか。その“移動を軽減する”取り組みを見ていこう。(2019/11/12)

日本端子が開発:
接続箇所が“色”で分かる、カラフルなコネクター
日本端子は「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、幕張メッセ)で、複数のヘッダを集約する際、接続する箇所を色で分かるようにした小型のマルチコネクター「Color Block Connector」などを展示した。(2019/11/1)

実は多様な用途に使える?:
指でも動かせる空中映像、自動車からの引き合い多く
空中映像システムの開発を手掛けるパリティ・イノベーションズは「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、幕張メッセ)で、空中に映像を表示するシステムのデモを展示した。(2019/10/31)

医療機器ニュース:
気軽に糖代謝状態を推定できるデバイスが、CEATEC AWARD 2019を受賞
京セラが新しく開発したヘルスケアデバイス「糖質ダイエットモニタ」が、「CEATEC AWARD 2019」スマートX部門の準グランプリを受賞した。気軽に糖代謝状態が推定できる同デバイスの利用が広がることで、生活習慣病の予防や医療費削減につながる。(2019/10/30)

ベンダー企業とユーザー企業の相互理解で働き方改革を推進:
SEは残業が多く、テレワークが利用しづらい――「テレワーク・デイズ2019」で見えた課題と解決のヒント
労働人口の不足解消やBCP対策、グローバルイベントでの混雑緩和などから、働き方改革への期待が高まっている。JEITAは「テレワーク・デイズ2019」の結果から、国内企業におけるテレワーク導入の課題と解決案を発表した。(2019/10/30)

CEATEC 2019:
10mWでジェスチャー検出、超小型FPGAを使うエッジAI
Lattice Semiconductor(以下、Lattice)は「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、幕張メッセ)で、エッジ端末において低消費電力で推論する技術のデモを展示した。(2019/10/29)

CEATEC 2019:
装着から歩行まで1人でできる、歩行支援ロボット
外骨格ロボットの開発と販売を手掛けるFREE Bionics Japanは「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、幕張メッセ)で、歩行支援ロボット「FREE Walk(フリーウォーク)」のデモを行った。(2019/10/29)

狙いはBeyond5G:
3G〜5Gも1台でOK!超広帯域GaN増幅器
三菱電機は「CEATEC 2019」(幕張メッセ、2019年10月15〜18日)で、3G〜5G(第5世代移動通信)まで複数の周波数帯に1台で対応できる「超広帯域デジタル制御GaN(窒化ガリウム)増幅器」などを展示した。従来周波数帯ごとに必要だった増幅器を1つにまとめることで、設置スペースやコスト削減につなげる。同社は、5Gの帯域が逼迫した際に3G、4Gに切り替えるなど、5Gの普及後に想定される、新たな運用での利用を狙っている。(2019/10/29)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
布団に入ったまま出勤、が遠からず実現する!?
それを許容する社会になってほしい、と切に願います。(2019/10/28)

福田昭のデバイス通信(208) 2019年度版実装技術ロードマップ(19):
マイクロLEDパネルの研究開発動向
マイクロLEDディスプレイパネルの関連特許出願動向や各メーカーの研究開発動向を紹介していく。(2019/10/28)

28GHz帯の5G通信実演も:
行動認識AI×IoTボールで、サッカー選手をコーチング
KDDIは、「CEATEC 2019」(幕張メッセ、2019年10月15〜18日)で、行動認識AIとセンサー内蔵ボールを組み合わせた「アスリート育成支援システム」などを展示した。このシステムはKDDIとKDDI総合研究所のスポーツ行動認識AIとアクロディアが開発するセンサー内蔵サッカーボールで取得したデータを活用し、シュートフォームのアドバイスなどが行えるという。(2019/10/25)

CEATEC 2019:
ドローン搭載型MNB測深機「CARPHIN air」を開発、飛行や水上航行などを自動制御
OKI、JR東日本、FPV Roboticsの3社は、ドローンを運ぶことが難しい橋梁や河床における調査の効率化や安全性の向上を目指し、ドローン搭載型MNB測深機「CARPHIN air」を開発した。(2019/10/24)

モノづくり総合版 メールマガジン 編集後記:
匂いセンサーの可能性とCEATECの可能性
匂いが定量化できると、どんなことができるようになるのでしょう。(2019/10/24)

CEATEC 2019:
“匂い?臭い?”問題をセンサーで解決、匂いのデータ化でエコシステムを構築
第一精工と凸版印刷は「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、千葉県・幕張メッセ)において「匂い」を数値化できる「匂いセンサー」を出展。異臭検知や腐敗検知、ガス漏れ対策などさまざまな用途展開へと期待を集めた。(2019/10/24)

CEATEC 2019:
月額300円で帰宅状況や住人の現状を“見える化”、無線LAN活用のセンシング技術
コンピュータの周辺機器を開発・販売する米・Belkin傘下のLINKSYSは、メッシュWi-Fiルーター「Velop」に、住人見守り機能「Linksys Aware」を搭載させた。電波反射の微細な変化をAIで解析する“WirelessAI技術”を応用したLinksys Awareを月額300円の利用料でリリースし、拡販を図る。(2019/10/24)

CEATEC 2019:
通知だけでなく施解錠も可能に、戸締り安心システム「ミモット」に新機能
YKK APは、戸締り安心システム「ミモット」に、IoTドアと電動シャッターの施解錠やスマートスピーカーとの連携といった機能を拡充した。(2019/10/25)

CEATEC 2019:
ロボットの遠隔操作で必要になるのは虫の目?鳥の目?――OKIの提案
OKIは「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、千葉県・幕張メッセ)において、遠隔での人の作業や誘導などを支援する「AIエッジロボット」と、同ロボットをコントロールする「運用センター(コックピット)」を紹介した。人手不足などの課題解決での提案を目指す。(2019/10/23)

CEATEC 2019:
IoT標準搭載が追い風に、アマダが目指す板金業界のIoT基盤構築
アマダは「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、千葉県・幕張メッセ)に3年連続で出展し、同社が展開する板金装置のIoT(モノのインターネット)ソリューション「V-factory」を中心に、デジタル化で得られる板金工場での新たな価値を訴求した。(2019/10/23)

CEATEC 2019:
村田製作所のセンサーデータ基盤「NAONA」はHR領域で手応え、今後は接客にも
村田製作所は、「CEATEC 2019」において、センシングデータプラットフォーム「NAONA」の最新の開発成果を披露した。(2019/10/23)

車載コネクターも全て網羅:
独自構造で高速伝送&高信頼性実現のコネクター
日本航空電子工業は「CEATEC2019」(幕張メッセ、2019年10月15〜18日)で、2点接点による高い接触信頼性と8Gビット/秒(PCleGen3規格相当)の高速伝送を両立した基板対基板フローティングコネクター「AX01シリーズ」などを紹介した。(2019/10/23)

コンシューマー向け事業で好調:
眠りに合わせてベッドが動く “眠りの自動運転”でパラマウントベッドが描くもの
医療や介護用ベッドを手掛けるパラマウントベッドが、一般家庭向けにブランドを展開している。ブランド名は「Active Sleep」。IoTを前面に打ち出したブランドで、“眠りの自動運転”を標榜する。(2019/10/21)

CEATEC 2019:
「4G端末の方が安いと5Gは普及しない」「基地局整備は共同で」 4キャリアが5G戦略で議論
CEATEC 2019で開催された「5G Summit」では、4キャリアの社長や副社長を交えたトークセッションを実施。5Gで変わるビジネスモデルや基地局整備のスタンスなどが語られた。5G端末を普及させるためにはまだ議論が必要、との意見も出た。(2019/10/21)

CEATEC 2019:
大成建設がMSと協業、初手は地震による建物への影響や作業員の現状などを“見える化”
大成建設は、運用・保守事業も行える体制を整備し、これまでの建物の引き渡しだけでなく、建造物のライフサイクル全体を収益元の対象とするストック型ビジネスの展開を検討している。(2019/10/23)

CEATEC 2019:
セラミックス二次電池、小型薄型で高容量、高出力
日本ガイシは、「CEATEC 2019」で、チップ型セラミックス二次電池「EnerCera(エナセラ)」シリーズを展示した。(2019/10/21)

マシーナリーともコラム:
バーチャルYouTuber(サイボーグ)が「CEATEC 2019」に行ったら「うおー!」ってなったので漫画を書きました
未来から来たサイボーグだったはずでは……?(2019/10/20)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.