「実証実験」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「実証実験」に関する情報が集まったページです。

JA向けの受注業務RPAソリューション、農業生産資材の受注入力を自動化 NTTドコモから
NTTドコモは、全国の農業協同組合(JA)を対象に、農家からの農業生産資材の受注業務を効率化するRPAソリューションの提供を開始する。手書きの注文書を読み取るOCRとNTTグループのRPA「WinActor」を組み合わせた。実証実験では、作業時間を約80%削減できたという。(2019/3/18)

リアル店舗のデジタル化:
EC連携インタラクティブサイネージ×アバター遠隔接客、NTTデータが実証実験開始
将来的な一坪デジタルストアの実現へ向けた実証実験を三井ショッピングパークららぽーと海老名で実施。(2019/3/15)

MMS:
“計測車両MMSで点群”を取得するインフラ維持管理システムを“静岡空港”で検証、「空港版インフラドクター」
東急電鉄と富士山静岡空港は2019年3月13日、次世代型の施設運営・管理モデル構築を目指す「静岡空港」で、3D点群データと高精度カメラを活用した空港保守管理業務の省力化システム「空港版インフラドクター」の実証実験を開始した。(2019/3/15)

安全システム:
シートベルトで眠気や体調悪化を検知、損保ジャパン日本興亜とベンチャー
損害保険ジャパン日本興亜とPOSH WELLNESS LABORATORYは2019年3月13日、シートベルトカバー型デバイスを用いてドライバーの眠気や体調を検知するサービスの提供に向けて、実証実験を開始したと発表した。(2019/3/15)

郵便局内にメルカリの梱包コーナーを設けた「つつメルすぽっと」の実証実験が首都圏5カ所でスタート
全国展開お待ちしています。(2019/3/15)

地方新聞の記事、AIで要約して音声配信 博報堂DYメディアパートナーズが実験
博報堂DYメディアパートナーズがAI(人工知能)システムを使って要約したニュース記事を、音声コンテンツとして配信するサービスの実証実験を15日に始める。(2019/3/14)

メルカリ、郵便局に無料の梱包スペース設置
メルカリと日本郵便が、送りたい商品を郵便局内で無料で梱包できる「つつメルすぽっと」の実証実験を始めた。(2019/3/14)

「意識変わった」「風邪が減った」 しっかり寝ると報酬がもらえる「睡眠報酬制度」を導入した企業の“その後”
「睡眠報酬制度」を導入したCRAZYの森山社長は「社会実験そのもの」と話す。前代未聞の取り組みがスタートして約5カ月、社員の反応は? その成果は? 現在の状況を聞いた。(2019/3/13)

錠剤サイズの「飲む体温計」、動物実験に成功 レモンと同じ原理で胃酸発電
口から飲み込める錠剤サイズの体温計を開発し、犬を使った実証実験に成功したと発表した。(2019/3/13)

駅の鏡でスタイリストがファッションチェック スマートミラー活用で
鏡の前に立つと、離れた場所にいるスタイリストが自分に合った服をおすすめしてくれるサービスの実証実験をエアークローゼットとJR東日本スタートアップが始める。(2019/3/8)

幼稚園バスの現在位置をマップで表示――NTTドコモ、シンガポールで「バスロケーションサービス」の実証実験を開始
NTTドコモは、シンガポールの幼稚園で、園児を送迎するスクールバスの位置情報を提供する「バスロケーションサービス」の実証実験を開始した。バス停留所で園児を待つ保護者や幼稚園の管理者は、スマホアプリなどでバスの現在地を確認できる。(2019/3/8)

ロボホン、大阪・堺を観光案内 実証実験15日から
JTB、シャープ、ロボット活用の企画・プロデュースを手がけるゲンの3社は5日、シャープ製のロボット型携帯端末「ロボホン」が大阪府堺市を案内する観光ツアーの実証実験を始めると発表した。(2019/3/6)

リテールテックJAPAN2019:
「指で決済」東芝テックや日立、指静脈認証を使ったキャッシュレス決済の実証実験
エブリイ、東芝テック、アララ、日立製作所は、指静脈認証を活用したキャッシュレス決済の実証実験を行う。広島県のスーパーで検証。指静脈は指紋よりも偽造しにくいというメリットがある。(2019/3/5)

セブン-イレブン、加盟店の負担減らす取り組み発表
既に発表されている「時短営業の実証実験」に加え、3月4日から「省人化プロジェクト」などの取り組みを行っていくとしています。(2019/3/5)

自動運転車に信号機の状態を送信、無人で制御 DeNA、初の公道実験
DeNAが、無人の自動運転車に信号情報を送信し、運転を制御する実証実験を愛知県の公道で3月3日に実施した。(2019/3/5)

「嵐山で迷子になってくれる人を募集」 京大など実験、ネットで応募殺到
「京都・嵐山で1時間、迷子になってくれる人を募集」――東京大学、京都大学などがこのほどそんな募集を出し、ネット上で話題を呼んでいる。実証実験の目的は。(2019/3/5)

多目的壁面作業ロボットがビルの窓拭き 新丸ビルで実証実験
実験段階では、ロボットにビルの外窓を拭く作業をさせるが、将来的にはロボットの手にカメラを備えつけ壁面の破損状況の確認など、さまざまな作業を人に代わって行わせることを想定している。(2019/3/5)

ロボット:
清掃だけじゃない、ヘッドを代えてビルの外壁診断や塗装も見込む「多目的壁面作業ロボ」
三菱地所は2019年3月4日、日本ビソーと共同で、多関節アームを装備した「多目的壁面作業ロボット」の実証実験を東京都千代田区の「新丸の内ビルディング」で行った。(2019/3/5)

ドローン基地局でがれきの下の被災者を空から捜索 携帯電話の位置を推定――KDDIが実証実験
KDDIは、災害発生時などの救助活動を支援する手法として、「無人航空機型基地局(ドローン基地局)」で携帯電話から発信される信号を捕捉し、その位置を推定する技術を開発。被災者の捜索などへの実用化を目指す。(2019/3/5)

余ったらSuicaにできる地域通貨発行 ポケットチェンジなどが実証実験
地域通貨として使える電子マネーを発行して市内で利用してもらい、余ったらSuicaに交換できるサービスの実証実験を、ポケットチェンジなどが3月9日から宮城県塩竈市で始める。(2019/3/4)

自動運転車が使う地図を自動生成 トヨタ子会社が都内で実証実験
トヨタ子会社のTRI-ADと米CARMERAが共同実証実験。市販車に搭載されている標準的なカメラで情報を集め、高精度地図を自動生成する試み。(2019/3/1)

「ドローン基地局」で被災者のスマホ位置を推定 KDDIが実証実験
KDDIとKDDI総合研究所が、“ドローン基地局”で飛行エリアにある携帯電話の位置を推定する実証実験に成功した。(2019/3/1)

ブロックチェーンで留学生の日本語学習データを記録 語学力の正確な把握に活用――ソニー、富士通らが実証実験へ
ソニー・グローバルエデュケーション、富士通らは、外国人留学生の講座の受講履歴や成績証明の管理にブロックチェーンを活用する実証実験を開始。改ざん不可能な信頼性の高い受講データを基に、個々の語学能力を正確に把握することで、留学後の適切な教育支援が可能になるという。(2019/3/1)

音を使って眠りをサポートする“仮眠スペース” ヤマハが成田空港で実験開始
ヤマハが音を活用して眠りをサポートする仮眠スペースの実証実験を成田国際空港で始めた。時差ぼけや睡眠不足の人に試してもらい、システムの有用性などを検証する。(2019/2/27)

エネルギー管理:
太陽光の電力を住宅・商業施設で融通、さいたま市で先進実証がスタート
さいたま市で住宅や商業施設に導入した太陽光発電の電力を融通する、新しい電力取引の仕組みの構築を目指す実証実験がスタート。専用機器を設置して、太陽光発電の電力を住宅や周辺施設の間で仮想的に取り引きできる市場を構築する。(2019/2/27)

生産性の向上につながるか:
AI活用 駅の売店が無人、クリーニングにも広がる
外国人労働者の受け入れを目的とした改正出入国管理法が昨年12月に成立するなど深刻な人手不足が問題となるなか、職場で人工知能(AI)を活用しようという動きが強まっている。駅ではAI無人決済システムを取り入れた売店の実証実験や無人タクシーの走行実験が行われ、AIを活用した服の自動識別システムを導入したクリーニング店なども登場した。生産性の向上に向けた「切り札」となるか。(松崎翼)(2019/2/27)

自動運転向けダイナミックマップの生成をエッジコンピューティングで高速化――ソフトバンクとDMPが共同実証
ソフトバンクとダイナミックマップ基盤(DMP)は、自動運転車両の安全走行に必要な「ダイナミックマップ」の生成を、ソフトバンク閉域網内のMEC(Mobile Edge Computing)サーバで処理する実証実験を実施。遮蔽物などで測定が難しい場所を即時に特定でき、地図の測量作業を効率化する。(2019/2/26)

エネルギー管理:
ブロックチェーンで電力をP2P取引、丸紅が米企業と日本で実証実験
丸紅は米国のLO3 Energと共同で、日本国内でブロックチェーン技術を用いた電力の「P2P取引」の関する実証実験を開始。発電事業者と需要家が、事前に設定した価格で模擬的に電力を売買する仕組みを構築する。(2019/2/26)

製造マネジメントニュース:
テレマティクス保険に向け、自動緊急通報の実証実験を実施
SBI損害保険らは、自動緊急通報サービス対応のIoTデバイスを活用し、運転行動データに基づくテレマティクスサービスの提供に向けた実証実験を開始した。データ収集・分析には、ソフトバンク・テクノロジーのIoTプラットフォームを利用する。(2019/2/25)

政府、鉄道駅で保安検査 霞ヶ関駅で3月に実験 テロ対策で
国土交通省が霞ヶ関駅でボディースキャナー装置を使った旅客スクリーニングの実証実験を行う。(2019/2/22)

稲穂の育成をIoTで見守る:
水田の水管理をセンサーで省力化 水位の変化をスマホで管理――飛騨市とKDDIが“スマート農業”の実証実験
飛騨市とKDDIは、水田の水管理を省力化するスマート農業システムの実証実験を2019年4月から開始する。水田に「水田センサー」と「自動水門装置」を設置し、水管理の省力化と作業負荷の軽減を図るとともに、米の生育ムラを解消して収穫量の向上や品質の安定化を目指す。(2019/2/22)

サーベイボックスと前田建設、仮想労働市場とIoT技術の実証実験に成功
サーベイボックスは、前田建設工業と共同で、仮想労働市場とIoT技術の融合によるアプリケーションシステム「WappinExpo」に関する実証実験を成功させた。(2019/2/22)

セブン&アイ、USJ、江崎グリコ、西武鉄道の例:
ヤフーの集めるデータを活用すると、一般企業は何ができそうか
ヤフー検索をはじめとしたデータが活用できると、一般企業にとってどんないいことがあるのだろうか。セブン&アイ・ホールディングス、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、江崎グリコ、西武鉄道が行った実証実験の内容をお伝えする。(2019/2/21)

ビルへのサイバー攻撃、AIで検知 パナソニックがセキュリティ技術を開発
ビルへのサイバー攻撃をAIで検知するセキュリティ技術をパナソニックが開発した。森ビルと共同で実証実験を始めている。(2019/2/20)

LCM:
LIXILとソフトバンクが“ヤフオクドーム”でトイレの「ライフサイクルマネジメント」実証実験、スマートビルで新規事業も視野に
LIXILとソフトバンクは、スマートビル分野での新規事業の創出を見据え、「福岡 ヤフオク!ドーム」で、IoT技術を用いたパブリックトイレのデータ活用に関する実証実験を開始した。トイレの稼働状況と人の流れのデータを連動させ、水回り設備の保守・メンテナンスや施設リニューアルの設備計画など、長期的な「ライフサイクルマネジメント(LCM)」に活用するのが狙い。(2019/2/20)

スマートシティー:
「グランフロント大阪」でスマートシティー実現に向けたICT実験、混雑度や群衆流量を把握
NECは、アジア太平洋研究所、NTT西日本と共同で、グランフロント大阪で、ICT・IoTを活用したスマートシティーの実証実験を開始した。(2019/2/20)

トヨタとソフトバンクの「モネ」、勤務先まで送迎 丸の内でシャトルバス実証実験
ソフトバンクとトヨタが設立したMONET Technologiesが「オンデマンド通勤シャトル」の実証実験を都内で行う。丸の内に通うビジネスマンを送迎する。(2019/2/18)

自動運転技術:
自治体が苦労する自動運転実証実験の準備を短期間に、シミュレータ活用で
損害保険ジャパン日本興亜とティアフォー、アイサンテクノロジーは2019年2月15日、東京都内で会見を開き、自動運転車を使ったモビリティサービスの導入支援に関する業務提携を結んだと発表した。一般道で無人運転車が走るサービスの早期実現に向けて、実証実験がスムーズかつ安全に実施できるよう、自治体や交通事業者をサポートする。導入支援のソリューションは2019年後半から試験提供を開始し、2020年後半をめどに全国展開する。(2019/2/18)

IoTを量子時代に備えさせる:
量子コンピュータでも解読できない暗号アルゴリズム、実証実験に成功
DigiCertとUtimaco、Microsoft Researchの3社は、量子コンピュータでも解読できない暗号アルゴリズムの概念実証実験に成功した。主にIoT機器の保護に関して完全なソリューションを示すとしている。なお、量子コンピュータを利用すると現在の暗号アルゴリズムをたやすく破ることが可能になると予測されている。(2019/2/15)

ビジネスシーンでの活用は?
5G必須の用途はどれだけあるのか? 実証実験から見えてきた可能性
技術面での期待値が高い5Gだが、具体的に何ができるようになるのかは、一般的にあまり知られていない。5Gならではの応用事例や、ビジネスシーンで活用する可能性などについて紹介する。(2019/2/19)

安川情報システム/西鉄エム・テック:
IoTを活用した「スマートバス停」が利便性向上とバス事業者の労働力軽減に貢献
安川情報システムは、西鉄エム・テックと開発したIoT(Internet of Things)技術を搭載する「スマートバス停」の実証実験を、北陸鉄道およびホクリクコムと共同で進める。期間は2019年1月29日〜3月31日まで、石川県金沢市内で行われる。(2019/2/15)

モスバーガーが「AIセルフレジ」の実証実験 無人レジが音声認識で店員のように接客
関内店で2月15日〜27日の期間限定で実施。(2019/2/14)

企業間ビッグデータ連携に本腰、10月から新サービス:
セブン-イレブンとグリコは、ヤフーの検索履歴データをどう活用したのか?
ヤフーが自社のビッグデータ分析のノウハウを企業向けに販売する。商品企画や需要予測など、活用の幅は広いと同社は強調。既にさまざまな企業が、実証実験で有力なインサイトを得ているという。(2019/2/14)

声で注文するセルフレジ モスバーガーが実証実験
モスフードサービスが、音声操作で注文できる無人レジの実証実験を2月15日から27日に「モスバーガー関内店」で実施する。(2019/2/13)

検査・維持管理:
つくば市が路面劣化を自動検出する“AI診断システム”の実験をコミュニティーバスで開始
つくば市は、道路パトロール車やつくバスに搭載したビデオカメラの画像情報をもとに、AIが路面の破損状況などを自動で検出する「道路路面診断システム」の実証実験を行う。(2019/2/13)

検査・維持管理:
OKIと前田建設がRC橋モニタリング技術を開発、50年の“ライフサイクル”を1種類の計測器で検知
沖電気工業(OKI)と前田建設工業は、OKI独自の光ファイバーセンシング技術「SDH-BOTDR方式」の計測高速化で、ワンストップで鉄筋コンクリート橋梁(きょうりょう)のライフサイクル全般にわたり、適用することが可能なモニタリング技術を開発した。両社はこの技術を用いた実環境での実証実験を2019年上期中に開始する。(2019/2/13)

自販機の電力でスマホを充電するサービス ダイドーが都内で実証実験
ダイドードリンコは2月8日、スマートフォンやタブレットなどを無料で充電できる「レンタル充電器」の実証実験を東京都内で開始した。自動販売機の電力を活用したもの。充電時間は目安で5分程度。(2019/2/12)

ダイドー自販機で無償のスマホ充電サービス 都内で「レンタル充電器」の実証実験が開始
飲み物を飲みながら手軽にスマホが充電できます。(2019/2/8)

自販機でスマホ充電、無料でOK ダイドーが都内で実験
ダイドードリンコは、自動販売機の電力を活用し、スマートフォンなどを無料で充電できる「レンタル充電器」の実証実験を都内で始めた。自販機にUSBケーブルの差し込み口を用意。手持ちのケーブルを差し込んでスマホをつなげば充電できる。(2019/2/8)

製造ITニュース:
災害時にIoT機器からクラウドへの通信量を削減する実証実験を開始
NEC、東京大学、日本電信電話、早稲田大学は、IoT共通基盤を共同開発した。緊急時にIoT機器からクラウド環境への通信量を削減し、重点地域のデータ収集に必要な通信帯域を確保する実証実験を開始した。(2019/2/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.