「早期退職」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「早期退職」に関する情報が集まったページです。

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
パタハラ回避で50代が転勤? カネカ騒動が示した“辞令と家族”のリアル
カネカの「パタハラ」騒動は、SNSに書き込んだ側も炎上するなど、さまざまな見方が出ている。一方、本来は個人の成長にもつながる「転勤」がネガティブに捉えられた。育児だけでなく「介護」とも密接に関わる転勤。そのメリットを生かす経営が求められる。(2019/6/14)

ジャパンディスプレイ、希望退職1200人募集 工場も一部閉鎖、スマホ向け液晶ディスプレイ需要の回復見込み立たず
ジャパンディスプレイが1200人の人員削減に踏み切る。一部工場も閉鎖、停止し、執行体制も刷新。構造改革に踏み切る。(2019/6/12)

不振のJDIが1200人リストラ発表、ボーナスもカット スマホ液晶事業を縮小
「日の丸液晶」の苦境。(2019/6/12)

モノづくり業界転職トレンド(9):
「希望退職」の募集があったら、どうすればいい?
会社側から退職希望者を募る「希望退職」。突然やってくるこの不測の事態には、どう対応していけばいいのだろうか。希望退職のメリットやデメリット、またそのときに向けた心構えなどについて転職コンサルタントに聞いた。(2019/6/5)

個人利用だけでない「AR」「VR」とHMDの使い道【前編】
社員研修や人材採用に「VR」(仮想現実)をどう生かせるのか?
コンシューマー用途が目立つ「VR」(仮想現実)技術を、ビジネスに生かそうとする動きがある。ベンダー各社の製品から、その動向を追う。(2019/5/24)

スピン経済の歩き方:
なぜ日産は「技術」をアピールして、「ぶっ壊せ」と言えないのか
日産の業績が悪化している。「ゴーン前会長のことがあったから仕方がないでしょ」と思われている人が多いかもしれないが、筆者の窪田氏はちょっと違うところが気になるという。それは、同社のCM「ぶっちぎれ、技術の日産」というコピーだ。(2019/5/21)

製造マネジメントニュース:
JDIが中計を取り下げ、CEO東入來氏とCMO伊藤氏も退任
ジャパンディスプレイは2019年3月期(2018年度)業績を発表し、売上高は前年度比11.3%減の6367億円、営業損失は310億円、当期純損失は1094億円となった。また、中期経営計画を取り下げ、同社CEOの東入來信博氏とCMOの伊藤嘉明氏が退任したことも明らかにした。(2019/5/16)

混迷極めるルネサス 半導体工場、異例の生産停止
半導体大手のルネサスエレクトロニクスが、国内外の13工場で異例の長期生産停止に踏み切った。同社は工場の生産稼働率が落ち込む中、生産停止で少しでもコストを切り詰めたい考え。経済環境の悪化によって大量の在庫を抱える事態を避ける狙いもあるが、前例がないだけに大きな賭けとなる。(2019/5/15)

「最初はケンカばかりでした」 大手家電メーカー出身の技術者がアイリスオーヤマに集まる理由
家電事業が好調なアイリスオーヤマ。多様な人材が集まる理由を聞いた。(2019/5/14)

東芝、半導体子会社で早期退職者を約350人募集
東芝デバイス&ストレージで約350人の早期退職者を募集。人員数を事業規模に見合った形に整理する。東芝は昨秋も早期退職者を募集しており、823人が19年3月末までに退職している。(2019/5/13)

「剣と魔法のログレス」開発元、約40人の早期退職者募集 スマホゲーム競争激化で収益減
ゲーム開発のAimingが早期退職者を約40人募集すると発表。「剣と魔法のログレス」シリーズなどの人気作を手掛けてきたが、開発競争の激化に伴う収益減が続いていた。責任を取り、常勤取締役と一部管理職は役員報酬を5〜7月にかけて減額する。(2019/5/7)

福山雅治「集団左遷!!」 気になる2つのポイント「中村アンの靴」「笑点メンバーを出す意味」
最近のドラマにしては女性の登場がちょっと少ない。「頑張る」の連発もすごい。(2019/5/5)

パイオニアが早期退職を募集 3000人規模
経営難で香港投資ファンドの傘下に入ったパイオニアが、本体とグループ会社の管理職・従業員を対象に早期退職の募集を始めたことが19日、分かった。2年間で全体の約15%に当たる3千人規模の人員を削減するほか、拠点統廃合などを進める計画だ。(2019/4/22)

45歳以上の一般社員など対象:
カシオ、初の早期退職者は想定下回る156人 退職金など特損26億円計上
カシオ計算機が早期退職者を募集した結果を発表。応募者数は156人で、事前に想定していた200人を下回った。通常の退職金に特別退職金を加算して支給するため、2019年3月期決算に特別損失として約26億円を計上する。(2019/3/22)

円満アピール:
韓国最大手の仮想通貨取引所Bithumbが半数の人員削減 「取引高虚偽報告」の疑いも
韓国大手仮想通貨取引所Bithumbは半数近くの人員削減に踏み切る。同取引所には取引高虚偽報告の疑いも生じているという。CCNが報じた。(2019/3/19)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
新幹線と飛行機の壁 「4時間」「1万円」より深刻な「1カ月前の壁」
所要時間が4時間以内なら飛行機より新幹線が選ばれるとされる「4時間の壁」。それよりも「1万円の壁」を越えるべき、というコラムが話題になったが、新幹線の“壁”は他にもある。航空業界と比べて大きな差がある、予約開始「1カ月前」の壁だ。(2019/3/15)

「無料ナビアプリの影響で業績悪化」の昭文社、希望退職に96人応募
昭文社が2月に希望退職者を募集したところ、96人の応募があった。(2019/3/7)

エリートほど陥りやすい?:
中高年社員を確実に待ち受ける“絶望への落とし穴”とは 調査で解明
企業でささやかれる「働かない中高年」問題。その背景には個人ではなく構造的問題が。調査から迫ったパーソル総研研究員に直撃。(2019/3/6)

富士通、希望退職に2850人応募 費用461億円計上
富士通の希望退職に2850人が応募。関連費用461億円を、営業費用として2019年3月期決算に計上する。業績予想に変更はない。(2019/2/20)

グローバルで削減:
18年度減収減益のルネサス、固定費削減で需要減に対応へ
ルネサス エレクトロニクスは2019年2月8日、2018年12月期決算を発表した。2018年12月期通期業績(Non-GAAPベース)は、売上高7574億円(前年比3.1%減)、営業利益1106億円(同13.7%減)となり、減収減益となった。(2019/2/8)

カシオ初の早期退職募集 200人の応募を想定
カシオ計算機は、創業以来初の早期退職者の募集を始める。カメラ事業からの撤退など構造改革を進めており、「人材パフォーマンス最大化施策の一環として」募集するという。200人程度の応募を想定している。(2019/2/4)

最多応募人数はNECで2170人:
上場企業の希望・早期退職者募集が激減 18年は過去最少に
2018年に希望・早期退職者を募った上場企業は過去最少の12社に。東京商工リサーチが調査結果を発表した。(2019/1/15)

四半期赤字転落を受けて:
スポーツショップ運営のアルペンがリストラ実施へ 2月から300人の希望退職者募集
スポーツ用品店運営のアルペンが、2月から300人の希望退職者を募集すると発表。収益性の改善が狙いで、同社と子会社ジャパーナに在籍している45歳以上64歳未満の社員が対象。(2019/1/9)

冬物衣料も苦戦:
三陽商会、約250人希望退職で特損22億円計上 18年12月期は6億円の最終赤字
三陽商会が、12月31日付で247人が希望退職すると発表。これに伴い、退職関連費用として約22億円を特別損失として計上する。2018年12月期の通期業績予想も下方修正し、最終損益は6億円の赤字を見込む。(2018/12/25)

昭文社、希望退職80人募集 「無料ナビアプリの影響で業績悪化」 「Googleマップ」地図提供のゼンリンは好調
地図事業を展開する昭文社は12月13日、「出版不況や無料ナビアプリの影響で業績が悪化した」とし、希望退職者を募集すると発表した。45歳以上の従業員80人程度の希望退職を募る。ライバルのゼンリンは「Googleマップ」など無料アプリにデータを提供しており、好業績が続いている。(2018/12/14)

製造マネジメントニュース:
収益構造改革の状況を発表、希望退職の募集と照明事業を譲渡へ
NECは、収益構造改革の一環として、特別転進支援施策(希望退職の募集)を含む人材活用施策の実施と照明事業の譲渡を発表した。2019年3月末までに約3000人が減少し、収益改善効果として、年度換算で約240億円を見込んでいる。(2018/12/14)

個人投資家列伝(3):
「いくら貯まったらセミリタイアできる?」は愚問 ナイトウォーカーさん
長年資産運用を続けてきたブロガーのナイトウォーカーさんだが、株式でもうけようとはせず、市場平均に合わせたリターンを得るべきだと話す。超過収益は本業の仕事に任せるという考えだ。(2018/12/13)

製造マネジメントニュース:
電動化と自動運転へ6800億円の創出、SUVやライトトラック重視も鮮明に
General Motors(GM)は2018年11月26日、2020年末までに60億ドル(約6800億円)のフリーキャッシュフローを創出するため、事業変革を実施すると発表した。電気自動車や自動運転技術の開発に割り当てるリソースを今後2年で倍増させるため、生産体制の見直しや人員整理を進める。(2018/11/29)

横須賀トンネルめぐり1日旅(2):
「目には見えない見どころ」を探せ! 「横須賀トンネル旅」やってみた【観音崎・久里浜・衣笠編】
横須賀は本当にトンネル天国! 横須賀トンネルめぐり1日旅の第2弾は「軍事要塞トンネル」「計画倒れした鉄道遺構」「お化けトンネル」を巡ります。見えないのに見どころってどういうことやねん。(2018/11/20)

東芝、英原発事業・米LNG事業から撤退
東芝が英国での原発建設事業から撤退し、連結子会社のNuGenを解散。米国の液化天然ガス(LNG)からも撤退する。(2018/11/8)

売上規模に見合った体制へ:
東芝、リストラを正式発表 早期退職1060人募集
東芝と子会社2社が計1060人早期退職者を募集すると発表。「売上規模に見合う適正な人員体制構築に取り組むため」という。計300〜400人を追加募集することも検討中。(2018/11/8)

東芝、早期退職者を募集 対象は1060人 「事業構造の変化に対応」
東芝が、2019年3月末までの退職を前提に早期退職者を募る。対象人数は約1060人。(2018/11/8)

業績不振受け大ナタ:
千趣会、280人リストラを正式発表 社長辞任、本社移転も
千趣会が希望退職者を募集すると正式発表。社長の交代と本社の移転も実施する。通期業績の下方修正と、新体制での役員報酬の減額も発表された。(2018/10/26)

株価の明暗分かれる:
「大規模リストラ」報道の千趣会が安値更新 MBO画策のワタベはストップ高に
10月25日の東京株式市場で千趣会の株価が続落し、年初来安値を更新した。前日に『日経電子版』が、大規模なリストラを行うと報じていた。一方、同誌がMBOを検討していると報じた、ワタベウェディングはストップ高まで値を上げた。(2018/10/25)

習い事と家庭の両立が課題:
7割の女性が「スキルを磨いて長く働きたい」 副業、起業、パラレルキャリアにも意欲
「ビジネス界で長く働けるスキルを身に付けたい」と考えている女性は69.5%。ナリス化粧品が実施した調査でこんな結果が出た。副業やパラレルキャリアに興味を持っている人も多かった。(2018/9/19)

「年齢は関係ない」と考える人多数:
「転職のリミットは30歳」は本当? 18年上半期に転職した人の平均年齢「31.6歳」
人材会社パーソルキャリアが、2018年上半期に転職した人の平均年齢は31.6歳だったと発表。転職成功者の過半数が「転職に年齢は問わない」との意見を持っていることも分かった。(2018/8/20)

妻に怒られて定年延ばす人も:
「65歳定年制」導入から4年 オリックスのシニア社員は活躍しているのか
他社に先駆けて「65歳定年制度」を導入してから4年がたったオリックス。制度の利用者は活躍しているのか。「HR EXPO」のセミナーで、グループ人事・総務本部 副本部長の直井厚郎氏が実態を明かした。(2018/7/12)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
定年を正しく理解し、その対応を間違わないように
人生は登山のようなものである。上りは苦しいが頂上という目標がある。下山は達成感があり、楽だし、景色も楽しめる。定年は頂上で中間点である。楽しく下山するためにはどのように過ごせばいいのだろうか?(2018/7/12)

コンサルは見た! オープンソースの掟(5):
ソースコードの中に逆襲のネタを見つけたわ
契約停止、主要エンジニアの引き抜き、メインバンクへの垂れ込み――大手カーナビベンダー「プレミア電子」は、なぜカーナビソフト開発会社「ジェイソフト」を執念深く追い詰めるのか。(2018/7/5)

会長、社長、執行役員は役員報酬返上:
NECがリストラ実施へ 10月から45歳以上の希望退職者募集
NECが10月末から希望退職者を募集する。特定部門に在籍している45歳以上かつ勤続5年以上の人が対象。固定費削減による収益構造改革が狙い。(2018/6/29)

HR Techは人事にとって魔法か、それとも脅威か:
AIがライバルに!? 城繁幸さんに聞くHR Tech時代の人事サバイブ術
人事コンサルタントで作家の城繁幸さんがHR Techで日本の人事がどう変わるかを語った。AIが判断するため人事から人事権が無くなる一方、アナログな役割が重要になるとみる。(2018/6/25)

コンサルは見た! オープンソースの掟(3):
あまっあまのスイーツ社長なんて、大手に利用されて当然よ!
アンタ、本当に経営者?――大手カーナビベンダーの女性部長から契約打ち切りを告げられたカーナビソフト開発会社社長の三浦は、解決策を相談しに訪問した先でも、気の強そうな女性コンサルタントに頭ごなしに怒鳴られてしまった。(2018/6/21)

コンサルは見た! オープンソースの掟(2):
大手の下僕として安定の日々を送るなんて、まっぴらゴメンだね!
大手企業の下請けとして粛々とやっていくか、イチかバチかで新分野にチャレンジするか、それが問題だ――大手カーナビベンダーに自社開発ソフトをソースコードごと提供してしまった松井は、何を考えていたのか。(2018/6/14)

連載 熱きシニアたちの「転機」:
56歳で早期退職 元大手ITエンジニアが「介護タクシー」続けるワケ
定年後を見据えて「攻めの50代」をどう生きるのか。新天地を求めてキャリアチェンジした「熱きシニアたち」の転機(ターニングポイント)に迫る。第1回目は「介護タクシー」会社を起業した元大手ITエンジニアの荒木正人さん(70)。(2018/6/13)

コンサルは見た! オープンソースの掟(1):
ベンチャー企業なんて、取り込んで、利用して、捨ててしまえ!
ソースコードを下さるなんて、社長さんたらお人よしね――「コンサルは見た!」シリーズ、Season3(全9回)のスタートです。(2018/6/7)

学生に待遇よりも社員の生き様を伝える:
カギは企業と学生の「共感」 AI使ったOB訪問システムが若手の離職防止に効く訳
OBと学生をマッチングさせるサービス「VISITS OB」が着目されている。求人情報でなく互いに共感し合った学生とOBが結び付き採用につながるため離職防止になるという。(2018/5/30)

退職金を増額、転職支援も:
大正製薬、40歳以上の早期退職者募集 「持続的成長」が狙い
大正製薬が早期退職者を募集すると発表。対象は勤続10年以上かつ40歳以上の従業員約3000人。退職希望者の再就職支援も行う。理由は「持続的な成長を図るため」という。(2018/5/14)

マイクロソフトから「組織開発のプロ」招く:
NEC「成果主義導入」は従業員ではなく経営陣から
NECは2018年度中に執行役員クラスの人事報酬制度に成果主義を導入する。「2020中期経営計画」での「実行力の改革」の一環で、今後は従業員への導入も検討される。(2018/4/17)

既存事業落ち込み:
NEC、国内間接部門・ハードウエア事業領域で3000人削減=中計
NECが国内の間接部門やハードウエア事業領域で希望退職を募るなど3000人の削減を打ち出した。(2018/1/30)

コラム:
問われるaiboの次、ソニーは「エモい会社」に返り咲けるか
犬型ロボット「アイボ」が12年ぶりの復活を遂げた。2000年代半ばの業績低迷と先代の生産中止、そして昨今の業績回復と新アイボ登場と、ソニーとアイボには因縁めいた関係があるように見えてしまう。新アイボはソニーの「次」にどんな影響を及ぼすか。(2018/1/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.