「iMac」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「iMac」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

全MacがArmに切り替えか まずはiMacと13インチMacBook Proから
おなじみミン=チー・クオ氏が予想。(2020/6/22)

Apple、主力製品を低価格にシフトへ iPad Airを11インチ化、iMacは23インチ投入?
Appleは、新型iPad Air (11-inch) 、新型iMac (23-inch) を2020年下半期に発表し、MiniLEDバックライトは2021年になると見られる。(2020/4/22)

Apple、iMacとMac miniの2020年モデルを近々発表?
(2020/3/9)

Mac Pro (2019) ベンチマーク 旧世代Mac Pro、iMac Proよりどのくらい強力?
2013年版Mac Proからどれだけ進化したか、プロ向けiMacと比べてどうか。(2019/12/19)

ITはみ出しコラム:
次期「iPhone XR」はカラバリに注目? この機会に懐かしい5色ノート「iBook」を復活させてみた
2019年のiPhone新モデルを発表するであろうスペシャルイベントが、9月10日(日本では11日)に開催されます。イベント告知ページを飾るのは、半透明の5色リンゴ。これを見て、かつての「iMac」や「iBook」を思い出した方も多いのではないでしょうか。(2019/9/1)

ITはみ出しコラム:
ジョニー・アイブはAppleを去り、最高デザイン責任者は空席に
iMac、iPod、iPhoneなどのデザインを手掛け、Appleの再興に多大な貢献をしたジョニー・アイブ氏が退社へ。Apple最高デザイン責任者の椅子は空席になります。(2019/6/30)

ITはみ出しコラム:
「Mac mini」の買い替えに「iMac」を選んだ理由 新マシンで迎える令和
待ち望んでいた「Mac mini」の新モデルが2018年に出ましたが、スペックも価格も高くなったので、これなら「iMac」でいいかも……と思い切って買っちゃいました。(2019/5/5)

iMac Proは256GBメモリも搭載可能に:
iMacが最大8コアのIntel第9世代Core+Vegaに刷新 21.5型4Kモデルは15万4224円から
Appleが新型iPad AirとiPad miniに続き、iMacお新モデルを発表した。CPUに最大8コアのIntel第9世代Coreを選べるようになるなど、性能強化が図られている。(2019/3/20)

iMac Pro、256GBメモリが可能に ただし57万円超
iMac Pro (2017) で、256GBメモリやRadeon Pro Vega 64XのCTOが可能になった。(2019/3/20)

Apple、プロセッサを刷新したiMac発表
Appleは、第8世代/第9世代Intel Coreプロセッサを搭載した「iMac (Retina 5K, 27-inch, 2019)」「iMac (Retina 4K, 21.5-inch, 2019)」を発表した。(2019/3/19)

フィル・シラー×林信行が振り返るAppleの2018年、iMacからの20年
Appleのワールドワイドマーケティング担当上級副社長であるフィル・シラー氏に林信行がインタビュー。2018年のAppleを振り返る。(2018/12/30)

Windowsと比べ注目を集めにくいMacの脅威
新手のMacマルウェア4種を解説 攻撃からMacBookやiMacを守るには
Malwarebytesが新手のMacマルウェア4種類を発見し、macOSシステムは危険にさらされていることが分かった。組織を守り、Macへの攻撃を回避する方法とは。(2018/8/19)

SpigenのiMac G3風ケース「Classic C1」にiPhone 8/8 Plus版登場
SpigenがiMacの20周年を記念して開発したiPhoneケース「Classic C1」に、iPhone 8用とiPhone 8 Plus用が登場した。全7色展開で、ケースの内側にはiMac G3発表時に使われたキャッチコピー「hello(again)」の文字を刻んでいる。(2018/8/8)

Appleファン必見! Spigenの“アニバーサリー”iPhone Xケースを試す
Spigenが「iPhoneの10周年」と「iMacの20周年」を記念したiPhone X用スマホケースを発売した。Appleファンには見逃せないアイテムを早速試してみよう。(2018/7/20)

ネコの手貸してあげるにゃん 新しいPCを買った飼い主さんをかまいたいネコちゃんの行動がかわいすぎる!
こんなiMac欲しい!(2018/7/18)

iMac G3をモチーフとしたiPhone X用ケース「Classic C1」登場
Spigenは、5月31日にiMac G3をモチーフとしたiPhone X用ケース「Classic C1」を発表した。細部までこだわったデザインに加え、エアクッションテクノロジーでデバイスのコーナー部分への衝撃から保護する。(2018/5/31)

Apple、iMac Pro使ったクリエイティブ作品を公開
6組のアーティストがiMac Proを使った作品の動画を公開した。(2018/4/17)

「iMac Pro」のRAM、CPU、SSDはモジュール式──iFixitが分解レポート
昨年12月に発売されたAppleの(現在の)ハイエンドMacである「iMac Pro」をiFixitが分解した。RAM、CPU、SSDは困難ではあっても取り外し可能だが、GPUははんだ付けされている。(2018/1/4)

iMac Pro販売開始 56万円の実機展示中
Appleは、ハイエンドのオールインワン型Mac「iMac Pro」を12月26日にAppleの実店舗で販売を開始した。全国のApple Storeで実機を展示しており、購入前に触ってみることができる。(2017/12/26)

Apple、ついに「Thunderbolt 3(USB-C)ケーブル」発売 4200円(税別)
2015年からMacBookでUSB Type-Cポートを採用しているAppleが、「iMac Pro」発売に合わせてようやく自社製のThunderbolt 3(USB Type-C)ケーブルを発売した。80センチで色は白のみで、価格は税別4200円。(2017/12/15)

Mac史上最速の「iMac Pro」は56万円から 18コア最上位構成で146万円
予告通り、米Appleは12月14日に新たなハイエンドMac「iMac Pro」を発売した。価格は8コア構成で55万8800円(税別)から。(2017/12/15)

「iMac Pro」発売 ハイエンド構成だと約150万円に
Appleがハイエンドデスクトップ「iMac Pro」を発売した。プロセッサやメモリ、ストレージを最高スペックにすると、税別で約150万円に上る。14あるいは18コアプロセッサの場合、出荷予定は6〜8週間だ。(2017/12/15)

「過去最高パワー」iMac Pro、発売日決定
「iMac Pro」の発売日が公式サイト上で明らかに。(2017/12/13)

「iMac Pro」の発売は12月14日
Appleが“これまでで最もパワフルなMac”とうたうスペースグレーのハイエンドデスクトップ「iMac Pro」が12月14日に発売される。(2017/12/13)

12月発売予定の「iMac Pro」は「A10 Fusion」搭載で「Hey Siri」可能に?
Appleが12月に発売する予定の「iMac Pro」には「iPhone 7」などに搭載の「A10 Fusion」がコプロセッサとして搭載され、「Hey Siri」と呼び掛けることでSiriを起動できるようになるという。(2017/11/20)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
Apple新モデルで「MacBook」と「21.5インチiMac」を推す理由
米Appleの開発者会議「WWDC 2017」で発表された多数のMac新モデル。個人的に気になったのは、全くの新シリーズではなく……。(2017/6/10)

新しい「iMac」、RAMとCPUが(物理的には)換装可能──iFixitの分解で明らかに
AppleがWWDC 2017で発表した新しいiMacの21.5インチモデルをiFixitが分解し、RAMは取り外し可能なSO-DIMM×2でプロセッサもソケットでロジックボードに設置されていることを明らかにした。(2017/6/9)

Mac新時代を切り開く 使い心地の新iMacと先進性の新MacBook Pro
WWDC 2017で発表された新しいiMacとMacBook Proは、秋に登場するmacOS High SierraとともにMacの復権を示すものかもしれない。林信行氏によるファーストインプレッション。(2017/6/8)

Apple、最大18コアのXeonプロセッサを搭載したモンスターマシン「iMac PRO」発表 12月発売
予定価格は4999米ドル(日本円換算は約55万円)。(2017/6/6)

Apple、「iMac Pro」発表 CPU・GPU大幅強化、「過去最高パワーのMac」
プロ向けの一体型デスクトップ「iMac Pro」が登場。(2017/6/6)

「AppleはMacを真剣に考えている」:
「Mac Pro」3年ぶりの構成アップデート、「iMac」も年内新モデル発表へ
Appleが通称“ゴミ箱”の円筒形「Mac Pro」のCPUとGPUの構成を約3年半ぶりにアップデートした。同社は一部の米メディアを本社に呼び、Macの今後の取り組みについて説明し、年内に「iMac」を、来年以降に「Mac Pro」をアップデートすると語った。(2017/4/5)

「Surface Studio」をiFixitが分解 ARMプロセッサ搭載と判明
Microsoftが10月に発表したiMac対抗のAIO「Surface Studio」をiFixitが分解した。ストレージ(SDDおよびHDD)が換装可能であることが分かった他、未発表のARMプロセッサが搭載されていることが明らかになった。(2016/11/30)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
10月後半はMicrosoftとAppleの新製品ラッシュに注目
ついに「iMac対抗Surface」がベールを脱ぐか。(2016/10/13)

Microsoft、10月26日に「Windows 10」イベント開催へ “iMac対抗Surface”も?
Microsoftが10月26日にWindows 10に関連するイベントを開催すると発表した。うわさのオールインワン型Surface端末や次期アップデート「Redstone 2(コードネーム)」が発表されるとみられる。(2016/10/8)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「iMac対抗Surface」の存在をほのめかすキーボード写真が話題に
うわさの「オールインワン型Surface」向けと思われる新しいBluetoothキーボードの写真がFCCのWebサイトに現れた。(2016/10/6)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
うわさの「iMac対抗Surface」は10月に発表か?
Microsoftは昨年同様、2016年も10月にハードウェア新製品発表会を開催するようだ。そこでは全く新しい「iMac対抗Surface」の登場が期待されている。(2016/9/19)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「SurfaceからiMac対抗機が出る」のウワサは本当か?
2016年はまだ「Surface」の新モデルが発表されていない状況だが、ここへ来てiMac対抗のデスクトップ機を出してくるというウワサが出てきた。そのヒントは米Microsoftが申請中の特許にあった。(2016/7/8)

Microsoft、年内にオールインワンタイプのSurface端末発売か──DIGITIMES報道
Microsoftが早ければ第3四半期に、AppleのiMacのようなオールインワン(AIO)タイプのSurface端末を発売すると、台湾のDIGITIMESが報じた。(2016/7/4)

PC USER 週間ベスト10:
東大に1341台もの「iMac」導入 学生の反応は?(2016年4月25日〜5月1日)
今回のアクセスランキングは、東京大学で「iMac」を1341台導入した理由を追ったインタビューや、「9.7型iPad Pro」と「Apple Pencil」の使い勝手を仕事で検証したレビュー、そしてついに製品版が続々と到着しはじめている「Oculus Rift」の開封レポートにアクセスが集まりました。(2016/5/2)

並外れた運用と、けた外れの台数:
東大が1341台のMacを使う理由
東京大学は学内の教育用計算システムを刷新し、新しいiMacを計1341台導入した。その理由を取材した。(2016/4/27)

iMac G3の画面にiPad Proはピッタリはまる!? ナナメ上すぎるiPadスタンド爆誕
漬物屋の店長さんが作ったってレベルじゃねぇぞ。(2016/2/24)

大きいiMacとすごく大きいiMac:
4K/5Kの新型iMacはどのくらい速くなった?
21.5インチiMac 4K Retinaと27インチiMac 5K Retinaを並べて評価。第1回はOS X環境下で簡単なベンチマークテストを実行し、システムパフォーマンスを見ていく。(2015/11/6)

週末アップルPickUp!:
新型iMacと初代iMacを比べてみると……? アップルが「Then and Now」を公開
みなさんはiMacにどんな思い出がありますか? (2015/10/17)

iMacの新型発表! 21.5インチにRetina 4Kモデルが登場、27インチはすべてRetina 5Kに
新型のマウスとキーボードが付属。(2015/10/14)

Apple、21.5インチ4K「iMac」やMagicシリーズの新キーボード、マウス、トラックパッドを発表
AppleがiMacのラインアップを刷新し、新しいBluetooth接続の周辺機器も発表した。すべて同日発売だ。キーボードがMagicシリーズに仲間入りし、すべて乾電池式から充電式になった。(2015/10/14)

キーボード、マウス、トラックパッドも新型に:
21.5インチiMacに4K対応のRetinaディスプレイモデルが登場
4096×2304ピクセルの4K表示に対応した21.5インチiMacなど、液晶一体型Macのラインアップをモデルチェンジ。ワイヤレスアクセサリ群も刷新され、「Magic Trackpad 2」は感圧タッチをサポートした。(2015/10/14)

Apple、10月に21.5インチiMacの4Kモデルを発表とのうわさ
Appleが例年10月に開催する新Mac OSのリリースイベントで、今年は21インチiMacの4K(4096×2304ピクセル)モデルが発表されると9TO5Macが報じた。(2015/9/4)

アパートでも使える静音性:
“カラフルなiMac“の衝撃をCNCに――5色展開の卓上CNC「KitMill Qt100」
オリジナルマインドは組み立て式卓上CNCフライス「KitMill Qt100」の販売を開始した。特徴はアパートでも使用可能な静音性と、5色展開のカラーバリエーションだ。(2015/8/21)

Apple、27インチiMacの3TバイトHDD交換プログラムを開始
Appleが、2012年12月に発売した27インチiMacの3TバイトHDDのごく一部に故障の可能性があるとして無償交換プログラムを開始した。(2015/6/20)

手が届きやすくなった?:
「iMac Retina 5Kディスプレイモデル」に23万8800円の下位モデル
アップルの「iMac Retina 5Kディスプレイモデル」に、スペックを抑えて低価格化した下位モデルが加わった。(2015/5/19)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.