「売上」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「売上」に関する情報が集まったページです。

メモリ市場の低迷で:
19年Q1の半導体売上高、Intelが首位に返り咲き
市場調査会社のIC Insightsによると、2019年第1四半期における半導体売上高ランキングにおいて、メモリ市場の低迷からSamsung Electronics(以下、Samsung)が2位に落ち、Intelが首位に返り咲いた。(2019/5/24)

PayPay、6月3日からヤフオク!とYahoo!ショッピングに対応
ヤフーは、6月3日から「Yahoo!ショッピング」と「ヤフオク!」の支払いに、モバイル決済サービス「PayPay」が利用できるようになると発表した。ヤフオク!の売上金をPayPayにチャージすることも可能になる。(2019/5/22)

PayPay、6月3日からヤフー関連サービスのオンライン決済に順次導入 「ヤフオク!」の売上金チャージにも対応
6月3日から順次、「PayPay」がヤフー関連サービスのオンライン決済に対応する。オンライン決済時には「PayPayボーナス」が付与され、PayPay残高・Tポイント・Yahoo!ウォレットに登録しているクレジットカードなどと組み合わせて支払うこともできる。同日からは「ヤフオク!」の売上金を「PayPay」にチャージできるようにもなる。(2019/5/21)

PayPayがYahoo!関連サービスのオンライン決済やヤフオク!売上金チャージに対応
Yahoo!関連の支払いにPayPayが対応します。(2019/5/21)

製造マネジメントニュース:
自動車電動化とスマート工場化で成長目指す三菱電機、新規事業向け組織も新設へ
三菱電機は2019年5月20日、2019年度(2020年3月期)の経営戦略および2020年度(2021年3月期)以降の方向性について発表。自動車の電動化、スマートファクトリー化などを切り口に2020年度の売上高5兆円、営業利益率8%の中期目標達成を目指す他、新たに新規事業の受け皿になる横断組織を設立する計画を紹介した。(2019/5/21)

PR:学生が運営する学食って何? 千葉商科大学「学生ベンチャー食堂」の安ウマメニューとリアルな経営の話を聞いた
20歳の女子学生がお店を営業中。いま1日5万円の売り上げだとか。(2019/5/21)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
完敗としか言いようがない日産の決算
ズタズタの決算内容だった日産。一つの要因は、北米で販売促進費用(インセンティブ)をつぎ込んで売り上げを伸ばそうとしたことにあるのではないか。対策として、22年にはモデルラインアップの半数を電動化車両にするというがバッテリー供給は大丈夫か。20車種の新型を出すというのも、短期間で作られる新車は大丈夫なのか?(2019/5/20)

今日のリサーチ:
PR業界の最新潮流、インフルエンサー活用が進む――日本パブリックリレーションズ協会調べ
日本パブリックリレーションズ協会の推計によると、2018年度におけるPR業の売上高は1290億円。2016年度に比べて27%の伸びを示しました。(2019/5/17)

Mostly Harmless:
スパコンの「肝」を手に入れたNVIDIA、次の飛躍で狙う先とは
“ビットコインバブル”により、2019年会計年度第4四半期で対前年比24%の売り上げが落ち込んだNVIDIAですが、スパコンの「肝」となるインターコネクト技術を手に入れ、次なる飛躍に向けた動きが加速しそうです。(2019/5/17)

製造マネジメントニュース:
JDIが中計を取り下げ、CEO東入來氏とCMO伊藤氏も退任
ジャパンディスプレイは2019年3月期(2018年度)業績を発表し、売上高は前年度比11.3%減の6367億円、営業損失は310億円、当期純損失は1094億円となった。また、中期経営計画を取り下げ、同社CEOの東入來信博氏とCMOの伊藤嘉明氏が退任したことも明らかにした。(2019/5/16)

カシオが「G-SHOCKスマート」に本気 20年度に発売、売上100億円目指す
カシオ計算機は「G-SHOCK」ブランドのスマートウォッチ、通称「G-SHOCKスマート」を2020年度に投入する。「堅牢性を軸としたスマートウォッチのデファクトスタンダードを獲得する」と意気込む。(2019/5/15)

車両デザイン:
「モデルチェンジまでの期間延びていた」、日産は2019〜2022年で新型車20モデル
日産自動車は2019年5月14日、横浜市内で会見を開き、2019年3月期(2018年度)通期の連結業績を発表した。売上高は前年比3.2%減の11兆5742億円、営業利益は同44.6%減の3182億円で、営業利益率は前年から2.1ポイント下がって2.7%に低下した。当期純利益は同57.3%減の3191億円となり、減収減益だった。(2019/5/15)

前年同期比19%減収:
ルネサス1〜3月、実需減に在庫調整加わり大幅減収
ルネサス エレクトロニクスは2019年5月14日、2019年12月期(2019年度)第1四半期(1〜3月)業績および、2019年度第2四半期(4〜6月)業績見通しを発表した(業績はいずれもNon-GAAPベース)。2019年度第1四半期は、実需の減少に加え、流通在庫調整の影響により、売上高は前年同期比19%減の1503億円と大きく落ち込んだ。(2019/5/14)

製造マネジメントニュース:
KYBが過去最高の売り上げも大幅赤字、検査不正と防衛省への過大請求が響く
KYBは2019年5月14日、2019年3月期(2018年度)の連結業績を発表し、最終損益が248億円の赤字となったことを発表した。不適切検査が発生した免震・制振用オイルダンパーの交換費用がかさんだことや、防衛省に対する過大請求への損失引当金などの計上が響いた。(2019/5/14)

自動車、情報インフラ向けが好調:
太陽誘電決算、増収増益で過去最高売り上げ更新
太陽誘電は、5月13日、2019年3月期決算を発表した。2019年度3月期(2018年度)売上高は、前期比12.4%増の2743億円と過去最高を更新。営業利益も同74.3%増の352億円で、増収増益となった。(2019/5/14)

「パズドラ」好調のガンホー、1Qは営業利益2倍に “休眠ユーザー”掘り起こす
ガンホー・オンライン・エンターテイメントの2019年1〜3月期連結業績は、売上高が350億円(前年同期比60.2%増)、営業利益が130億円(同101.3%増)、純利益が84億円(同109.4%増)と増収増益だった。(2019/5/13)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダの決算 またもや下がった利益率の理由
売上高は増収だったが利益面の落ち込みが激しいマツダの決算。北米と中国市場の不振が響いた結果だ。今後に向けて、販売店改革とパワートレーンの刷新を進めるが、これが北米市場で実を結ぶかどうかが焦点となる。(2019/5/13)

石野純也のMobile Eye:
分離プランでキャリアの戦略はどう変わる? ドコモとソフトバンクの決算で見えたもの
NTTドコモとソフトバンク、それぞれの通期決算が発表された。業績はどちらも好調で、売上高、営業利益とも前年度と比べて増収増益を記録した。ドコモは6月1日に導入する新料金プランで、最大4000億円の減収が見込む。反転に向けては、非通信領域を強化していく構えだが、これはソフトバンクも同様だ。(2019/5/11)

ロイホが一斉休業! 何があったのか聞いてみた たまに休業しても売り上げはアップ
2018年から年3回ほど一斉休業しています。(2019/5/10)

メルカリ、3Q累計で73億円の最終赤字 メルペイなどに“戦略的投資”
メルカリが2019年6月期第3四半期の連結決算を発表。売上高が前年同期比43.0%増の373億7800万円、営業損益が59億8100万円の赤字、最終損益が73億4100万円の赤字と増収減益だった。米国事業やAI人材の採用、スマホ決済「メルぺイ」への投資がかさんだ。(2019/5/9)

バンダイナムコのIP別売上高、ガンダムやドラゴンボールは大幅プラス、戦隊は半減……の明暗
難しいものです。(2019/5/9)

“巨艦”トヨタ、異業種連携 次世代技術開発コスト削減狙う 
平成31年3月期の連結売上高が、国内企業で初めて30兆円を超えたトヨタ自動車だが、今後は車両の電動化や自動運転技術に巨額の費用がかかり、経営環境が厳しさを増すのは必至だ。(2019/5/9)

製造マネジメントニュース:
IHIが前年度比14.1%の増益、今後の鍵は不適切検査があった航空機エンジン事業
IHIは2019年5月8日、東京都内で決算説明会を開き、2019年3月期(2018年度)の連結営業利益が前の期から14.1%増の824億円となったことを発表した。売上高は同6.7%減の1兆4834億円と減収だったが、当期純利益は同381%増の398億円と躍進した。(2019/5/9)

調査会社が予測を下方修正:
2019年の世界半導体売り上げ減少、過去10年間で最悪か
半導体市場は2019年初頭から、急激に悪化し始めた。こうした状況を受け、米国の市場調査会社であるIHS Markitは、2019年の世界半導体売上高予測を10%以上の大幅下方修正を行った。(2019/5/9)

ソフトバンク宮内CEO、ドコモ新プラン登場も“安さ”に自信 「十分な価格競争力がある」
ソフトバンクの宮内CEOは、2019年3月期の決算説明会で「(売上高・営業利益ともに)過去最高を達成した。最大の要因は、スマートフォン累計契約数の増加だ」とコメント。(2019/5/8)

カプコン、2期連続で最高益 「モンハン」「バイオハザード」好調
カプコンの2019年3月期連結決算は、売上高が1000億円(前期比5.8%増)、純利益は125億円(同14.8%増)と増収増益。2期連続で過去最高益を更新した。(2019/5/8)

Apple、iPhone減速で減収減益 「サービス」売上高は過去最高
Appleの1〜3月期決算は、売上高は5%減、純利益は16%減だった。iPhoneが17%減だが、新モデルを発売したiPadは22%増、Apple Musicなどのサービスは16%増だった。(2019/5/1)

Googleの親会社Alphabet、EU制裁金で29%減益 広告売り上げは鈍化
Alphabetの1〜3月期の決算は、売上高は広告の伸びが鈍化し、予測を下回る363億3900万ドル、純利益はEUからの制裁金約17億ドルが響き、29%減だった。(2019/4/30)

Slack、IPO申請書を公開 過去1年の売上高は4億ドル超、純損失は1億ドル超
企業向けコラボレーションツール「Slack」を運営する米Slack Technologiesが株式公開申請書を公開した。文書によると過去1年間の売上高は4億5500万ドル、純損失は1億3890万ドルだった。有料ユーザー数は8万8000人。(2019/4/27)

ラストワンマイルの販促で売り上げ向上と省人化を実現:
サイバーエージェント子会社、イオン九州と棚前デジタルサイネージの「広告視聴率」計測実験
商品棚前の消費者の「広告視聴率」と「視聴時間」を計測。サイネージ販促による来店客当たりの購買単価の変化と、売り上げ向上に効果的な販促動画広告のクリエイティブのパターンを検証する。(2019/4/26)

19年度は増収減益予想に:
村田製作所18年度決算、過去最高売り上げを更新
村田製作所は2019年4月26日、2019年3月期(2018年度)通期決算を発表した。2018年度売上高は、幅広い用途でのコンデンサー需要の増加、2017年9月にソニーから買収したリチウムイオン二次電池事業の売上計上により、前年比14.8%増の1兆5750億円となった。(2019/4/26)

ソニー、PS4好調で過去最高益
ソニーの2019年3月期の連結決算は、売上高が8兆6657億円(前年比1.4%増)、営業利益が8942億円(同21.7%増)と増収増益だった。(2019/4/26)

昼に集中して営業:
串カツ田中、“時短”の実験店で売り上げアップ その理由は?
串カツ田中は2018年8月から実験店舗で営業時間を変更している。トータルの営業時間は減ったのに、売り上げはアップしたという。背景に何があるのか?(2019/4/26)

Kyashが決済プラットフォームを開放 自社ブランドのVisaカードが即時発行可能に
Kyashの決済プラットフォームを外部企業が使えるようにする「Kyash Direct」。Visaカードを即時発行し、企業が保有する売上金やポイント、仮想通貨などからチャージ、決済可能にする。これらを現金化せず、Visaの広範な加盟店で使えるのがメリットだ。(2019/4/25)

Switch好調の任天堂、純利益40%増 「スマブラ」などヒット
任天堂が発表した2019年3月期連結決算は、売上高が1兆2005億円(前年比13.7%増)、営業利益が2497億円(同40.6%増)と増収増益だった。(2019/4/25)

Kyashがカード決済技術を企業に提供 売上金やポイントをVisaで利用できる「Kyash Direct」
KyashがVisaのプリペイドカード発行ライセンスを取得し、個人向けウォレットアプリで培ったカード決済プラットフォームを企業に提供する。企業は、自社が管理する売上金やポイントなどを決済に利用できるクレジットカードを、提供できるようになる。(2019/4/25)

Microsoft、Azureなどクラウド好調で2桁の増収増益
Microsoftの1〜3月期決算は、売上高、純利益ともに予想を上回る2桁台の増収増益だった。「Azure」や「Office 365」などのクラウド事業が好調。Surfaceの売上も伸びた。(2019/4/25)

Facebook決算、予想を上回る増収だがFTC制裁に備え50億ドル計上で減益
Facebookの1〜3月期決算は、売上高は予想を上回る2桁台の増収だったが、プライバシー問題でFTCから制裁金を課せられる可能性を予想して50億ドルの引当金を計上したため、51%の減益だった。(2019/4/25)

イノベーションのレシピ:
キリンの新規事業は乳酸菌で「医と食をつなぐ」、20億円投資して新工場も建設
キリンホールディングス(キリン)が、「プラズマ乳酸菌」を使用した食品や飲料を展開するブランド「iMUSE」を中核とするヘルスサイエンス事業の戦略について説明。同事業の売上高は2018年に55億円を達成しており、今後は2021年に約2.7倍の150億円、2027年に4倍超となる230億円を目指す。(2019/4/25)

野菜から日用品まで、気象データとPOSデータで「本日の売上傾向」予測――日本気象協会が小売向けにサービス開始
日本気象協会は、小売事業向けの商品需要予測サービス「売りドキ!予報」を開始。気象データとPOSデータをAIで解析し、7分野で最大550カテゴリーの商品について気象条件に伴う売上傾向を予測する。関東エリアでサービスを開始し、夏には全国に展開する。(2019/4/24)

靴擦れなんてない方がいい:
「就活の靴はスニーカーもOK」 ばんそうこう売上減のリスクを負っても、ジョンソン・エンド・ジョンソンが“スニ活”を推進する理由
ジョンソン・エンド・ジョンソンが、就職活動でスニーカーの着用を推奨するキャンペーン「#スニ活」を実施している。履き慣れた靴での就活が広まれば「バンドエイド」や「キズパワーパッド」といったばんそうこうの売り上げが減る可能性もあるが、なぜ靴擦れをなくすような取り組みを始めたのか。(2019/4/23)

PayPay、6月からヤフオクとYahoo!ショッピングに対応 ヤフオクの売上チャージも可能に
「PayPay」が、6月から「Yahoo!ショッピング」と「ヤフオク!」の支払いに利用できるようになる。ヤフオク!の売上金をPayPayにチャージも可能に。(2019/4/18)

チーズ味の新作:
ファミマがフラッペのCMに香取慎吾を起用 惣菜や焼き鳥に続く貢献ができるか
ファミリーマートはフラッペシリーズの新商品を発売する。イメージキャラクターに香取慎吾さんを起用する。惣菜や焼き鳥に続いて売り上げ増に貢献できるか。(2019/4/18)

PR:売上が伸びても「成長できない」のはなぜ? 会社のお金が見える「キャッシュフロー」の考え方
売上も利益も順調に伸びているはずなのに、支払いや投資の資金がない……。“黒字倒産”の危機が迫る前に、頭に入れておかなければならないのが「キャッシュフロー」だ。どのように経営に役立てればいいのだろうか。(2019/4/17)

福田昭のデバイス通信(186) Intelの「始まり」を振り返る(19):
Intelの創業10年目(1977年):20%を超える増収増益で成長が続く
Intelの創業10年目(1977年)に焦点を当てる。この年の売上高は前年比25%増の2億8255万米ドル。前年(1976年)に続き、過去最高の収入と利益を更新した。(2019/4/15)

日販とトーハン、協業で合意 危機感あらわ、「出版流通網維持、従来のままでは不可能」
日本出版販売とトーハンは、雑誌や書籍の返品処理などについて協業を行うことで合意したと発表した。出版物の売り上げが激減する一方、物流費が高騰するなど業界が厳しさを増す中、「もはや従来の構造のまま出版流通ネットワークを維持することは不可能な状況」とし、協業によって効率化を進める。(2019/4/10)

サプライチェーンを着実に構築:
「SiCでシェア30%獲得を目指す」 STが開発を加速
STMicroelectronicsは2019年3月、イタリアのカタニア(Catania)にある同社工場において、「当社は今後、戦略および売上高における重要な要素として、SiC(炭化ケイ素)に大きく賭けていく考えだ」との考えを明らかにした。(2019/4/10)

今日のリサーチ:
店舗の売り上げデータに見る平成の大逆転劇――インテージ調べ
平成の間に生活者のライフスタイルはどのように変化したのでしょうか。(2019/4/9)

利益は前年同期比で60%減か:
Samsung、19年Q1の業績は大幅悪化 メモリ不況で
Samsung Electronics(以下、Samsung)は、DRAMおよびNAND型フラッシュメモリチップの価格が継続的に下落する中、2019年第1四半期の売上高、利益とも大幅に減少する見込みだ。(2019/4/9)

「超特盛」が吉野家を救う? 1カ月で100万食突破、想定の2倍で売り上げ貢献
既存店実績が半年ぶりプラスに。(2019/4/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.