「Samsung Galaxy」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

携帯販売ランキング(5月13日〜5月19日):
ソフトバンクの「Pixel 3a」がいきなり総合ランキングに登場
トップ3の「iPhone 8(64GB)」による独占は変わらないが、トップはドコモに。また発売されたばかりのソフトバンク「Pixel 3a」がいきなり6位に初登場。(2019/5/25)

蜷川実花、Koki,を大絶賛 Webムービー共作で「圧倒的なオーラと存在感!」「すでに世界レベル」
Koki,さんの活躍すごい。(2019/5/24)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
低価格で良スペックのミッドレンジ「Galaxy A30」をソウルでチェック
Samsungのスマートフォンはミッドレンジの「Galaxy A」シリーズも人気です。その中でも日本でも発売が決まった「Galaxy A30」が一足先に韓国で発売されました。実際に触ってみると、質感や仕上げの高さはさすがSamsungといえる出来で、安心して使えます。(2019/5/24)

プリンストン、耐衝撃機能を備えたGalaxy S10/S10+用ケース4種を発売
プリンストンは、URBAN ARMOR GEAR製のGalaxy S10/S10+用ケース4種を発売。米国防総省が定めた試験法規格「MIL-STD-810G,Method 516.6 Procedure IV」をクリアする耐衝撃性能を備え、デザイン性や使いやすさも追求している。予想実売価格は4280円〜6980円(税別)。(2019/5/23)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(35):
Galaxy S10 5Gを分解 ―― ケータイで流行した2層基板が再び登場した背景と今後
今回は、Samsung Electronicsの第5世代移動通信(5G)対応スマートフォン「Galaxy S10 5G」の内部などを紹介しながら、最近のハイエンドスマートフォンで主流になっている“基板の2階建て構造”(2層基板)を取り上げる。(2019/5/23)

アドビ、動画編集アプリ「Premiere Rush」のAndroid版を提供開始
アドビが動画編集アプリ「Premiere Rush」のAndroid版を提供開始。日本向けのモーショングラフィックステンプレートも用意し、幅広く使える「縦書き」や「集中線」などを複数追加している。(2019/5/22)

Mobile Weekly Top10:
ドコモの新料金が親に「言いづらい」理由とは?/auとドコモが夏モデル発表
ドコモの新料金プランへの移行をシミュレーションすると、多くのユーザーには何らかの「値下げ」効果があります。しかし、料金の安い・高い“ではない”面における課題もあります。(2019/5/20)

旧プランでも入れる? 「docomo with」と併用できる?――ドコモの「スマホおかえしプログラム」 疑問点を解決しよう
端末を買いやすくする仕組みとして、ドコモが「月々サポート」に代わって投入する「スマホおかえしプログラム」。一体どのようなプログラムなのか、Q&A形式で解説していく。【画像差し替え】(2019/5/20)

管理者の視点で見るなら
「Android」と「iOS」をあらためて比較 結局、どちらが“正解”なのか?
企業が業務用に「Android」と「iOS」のいずれかを選ぶ際は、Androidのカスタマイズ性と豊富な選択肢を重視するか、iOSの一貫性を重視するかが鍵になる。(2019/5/20)

石野純也のMobile Eye:
ドコモ夏モデルの狙いを読み解く ミッドレンジ拡大、ハイエンド機も買いやすく
ドコモが5月16日に夏モデルと新サービスを発表。料金の負担感を軽減するミドルレンジモデルの拡大と、ハイエンドモデルに対する需要の落ち込みを緩和する措置が特徴。スマートフォンの買い方や選び方が大きく変わる可能性もありそうだ。(2019/5/18)

携帯販売ランキング(5月6日〜5月12日):
docomo with対象の「iPhone 7」が総合10位に
トップ3の「iPhone 8(64GB)」による独占は4週目。docomo with対象のドコモ版「iPhone 7(32 GB)」は約1年3カ月ぶりのトップ10入り。(2019/5/18)

ドコモ夏モデルの価格まとめ ハイエンド機は8万円台後半から、ミッドレンジ機は3万〜4万円台
ドコモの2019年夏モデルが発表された。端末購入補助が付かなくなることを鑑みてか、ハイエンド機は安い印象だ。スマホおかえしプログラムを適用すればさらに安くなる。(2019/5/16)

ドコモが端末の「36回払い」を導入 スマホ返却で12回分の支払いを免除する「スマホおかえしプログラム」も開始【更新】
NTTドコモが、端末の36回分割払いを導入する。同時に、端末をドコモに返却することで36回中12回の支払いを免除するプログラムも導入する。(2019/5/16)

「Xperia 1」「Galaxy S10」「P30 Pro」「Pixel 3a」など一挙13機種 NTTドコモが2019年夏モデルを発表【更新】
NTTドコモが2019年夏モデルを13機種発表。一番早い機種は6月1日から販売を開始する。(2019/5/16)

ドコモから「Galaxy S10」「Galaxy S10+」登場 S10+には「オリンピックエディション」も
サムスン電子のフラグシップスマートフォンがドコモからも登場。「東京オリンピック」とコラボレーションしたS10+のスペシャルエディションも1万台限定で登場する。【更新】(2019/5/16)

au夏モデルの価格まとめ Xperia 1は約11万円、ミッドレンジは3万〜4万円台
毎月割の付かない分離プランが主流になった中で、au新機種の価格がどれくらいかは気になるところ。夏モデル9機種の価格を紹介する。最も高いのはXperia 1の11万2320円(税込)。(2019/5/14)

「あなたはラッキービジターです」不審なポップアップ表示 都教委の採用ページ、改ざんで一時停止
東京都教育委員会の教員採用案内ページが改ざんされ、意図しないサイトに誘導するポップアップが表示される状態になっていたため、同サイトが停止。原因を究明し、安全性を確認次第、再開するとしている。(2019/5/14)

Huawei、2019年第1四半期の世界シェアが過去最高の17%に 販売は前年比で約50%増
カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチは、Huaweiの2019年第1四半期のスマートフォン世界シェアが同社過去最高の17%に達したという調査結果を発表。販売が前年比で約50%増となり、出荷ベースではAppleに次ぐ世界2位のメーカーになったという。(2019/5/13)

「Galaxy S10」「Galaxy S10+」がauから登場 予約購入で純正ワイヤレスイヤフォンプレゼント【写真追加】
サムスン電子の最新フラグシップスマートフォンがauから登場。事前予約購入で、サムスン電子の完全ワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds」をプレゼントするキャンペーンも実施する。(2019/5/13)

auの夏モデルが登場 「Xperia 1」「Galaxy S10」「TORQUE G04」など9機種【写真追加】
KDDIが2019年夏商戦向けモデルを発表した。スマートフォンは「Xperia 1」「Galaxy S10」「AQUOS R3」「TORQUE G04」など8機種。フィーチャーフォン「GRATINA」も投入する。(2019/5/13)

携帯販売ランキング(4月29日〜5月5日):
ソフトバンク「iPhone 8(64GB)」が4週ぶり総合トップ auの「Xperia XZ3」も好調
トップ3の「iPhone 8(64GB)」による独占は3週目。1位は4週ぶりにソフトバンク版iPhone 8(64GB)。auの「Xperia XZ3」は総合4位。(2019/5/11)

ドコモが5月16日に夏モデルを発表
NTTドコモが、2019年5月16日12時から、夏商戦向けの新サービスと新商品の発表会を開催する。同社のWebサイトで告知している。発表会の様子はYouTube、Twitter、Facebookでライブ中継する。(2019/5/8)

ムスビーの2019年4月中古スマホランキング SIMフリー「iPhone 7」が引き続き1位に
ムスビーは、2019年4月中古携帯/スマホランキングを発表。前月に引き続き国内版SIMフリーの「iPhone 7」が1位となり、Android部門ではドコモの「AQUOS sense2 SH-01L」が1位を獲得した。(2019/5/7)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
水滴型ノッチや3眼カメラ搭載の「Galaxy A50」は約3万円〜 日本上陸に期待
Samsungのミッドレンジスマートフォン「Galaxy A50」は、同社の製品では珍しいノッチを採用したモデル。カメラやデザインにも特徴を持たせています。日本円では約3万円なので、SIMフリー市場でも十分通用するでしょう。(2019/5/2)

Androidスマホおすすめ“3選” 9万円超のハイエンド機種(2019年版)
機能面でも最先端を行くハイエンドなAndroidスマートフォン。価格が高いゆえに購入に当たっては考慮すべき点もたくさんあります。この記事では、特に押さえたい4つのポイントと、それを踏まえたおすすめの機種をご紹介します。(2019/4/28)

携帯販売ランキング(4月15日〜4月21日):
auの「Xperia XZ3」が急上昇、5カ月ぶり総合トップ10入り
前回8位ソフトバンク「iPhone 8(64GB)」が3位、au「Xperia XZ3 SOV39」は前回19位から一気に6位にランクイン。(2019/4/27)

「Galaxy S10 5G」の米国での販売価格は1300ドルで5月16日出荷
米キャリア大手のVerizonが、Samsungの5Gスマホ「Galaxy S10 5G」の予約受付を開始した。価格は256GBモデルが1299.99ドル(約14万5200円)。出荷は5月16日の予定だ。(2019/4/26)

生体認証、DAAなどの新しい方法について解説
パスワードだけでは不十分 「iPhone」「Android」スマホに追加したい認証手法
モバイル端末で社内のデータにアクセスできるようにする場合、ID/パスワードによるユーザー認証だけでは不十分だ。モバイル端末を導入するIT部門は、新技術を使った認証手段について検討する必要がある。(2019/4/24)

IHSアナリスト「未来展望」(16) 2019年の半導体業界を読む(4):
多眼化が進むスマホ、イメージセンサー市場はレッドオーシャンに?
IHSマークイットジャパンのアナリストが、エレクトロニクス業界の2019年を予測するシリーズの第4回。最終回となる今回は、イメージセンサー/カメラについて予測する。(2019/4/24)

携帯販売ランキング(4月8日〜4月14日):
Y!mobileの「iPhone 6s」が3位 Androidは「AQUOS sense2」と「Galaxy S9」が好調
前回1位だったソフトバンク「iPhone 8(64GB)」が8位に急落した。一方NTTドコモとauの「iPhone 8(64GB)」は1位と2位。Androidは「AQUOS sense2 SH-01L」と「Galaxy S9 SC-02K」がランクインした。(2019/4/20)

NTTドコモの「Galaxy S8/S8+」がOSバージョンアップ Android 9 Pieに
NTTドコモの「Galaxy S8 SC-02J」「Galaxy S8+ SC-03J」のOSがAndroid 9 Pieにバージョンアップ。同OSの新機能を使えるようになる他、片手での操作性向上などをメーカー独自の改善も実施する。(2019/4/17)

Mobile Weekly Top10:
「5G」免許割り当て 夏にはプレサービスへ/シャープが折り曲げられる有機ELディスプレイを開発
4月10日、総務省が「5G」用の周波数帯域(電波)の割り当てを決定し、認定証を交付しました。いよいよ、日本でも本格的な5Gの波が来ることになりますが、それを生かすサービスはしばらく出てこないものと思われます。(2019/4/17)

かなり速いスピードで成長:
5Gスマホ、2023年には5億台超に
IHS Markit(以下、IHS)の最新予測によると、5G(第5世代移動通信)スマートフォンの出荷台数は、2019年は3700万台で、2023年には5億2500万台に増える見込みだという。(2019/4/16)

「5G」免許交付 4キャリアのエリア、料金、端末はどうなる?
総務省が「5G」用の電波(周波数帯)を各キャリアに割り当てた。これから、各キャリアはどのようにエリアやサービスを展開していくのだろうか。総務省の資料などを参考に考察してみよう。(2019/4/14)

携帯販売ランキング(4月1日〜4月7日):
「iPhone 8(64GB)」のトップ3独占連続記録、67週で止まる
2017年12月から足かけ3年にわたって続いていたiPhone 8(64GB)のトップ3独占連続記録がついに止まった。(2019/4/13)

Mobile Weekly Top10:
「au PAY」ついに発表/「AQUOS zero」にSIMフリー版登場
KDDIのコード決済サービス「au PAY」がついに正式発表されました。三大キャリアとしては最後発となるサービスですが、プリペイドとポイントの残高と、楽天とのパートナーシップを生かしてロケットスタートを狙います。(2019/4/10)

ドコモ向け「Galaxy S9/S9+」「Galaxy Note8/Note9」がOSバージョンアップ Android 9 Pieに
NTTドコモ向けのGalaxyシリーズの最新ハイエンドモデルがAndroid 9 Pieにバージョンアップする。新OSの新機能や機能改善が反映される他、サムスン電子独自の新機能や機能改善も行われる。(2019/4/9)

次期三眼iPhoneは、6.1インチと6.5インチ有機ELモデル?
今年発売が予定されているiPhone次期モデルには三眼カメラ搭載が噂されている。そのさらなる詳細情報が寄せられた。(2019/4/8)

山根康宏の中国携帯最新事情:
欧州に7万円台の5Gスマホを投入、2019年のXiaomiは「脱中国」「脱低価格」
599ユーロという低価格で5Gスマートフォン市場を本気で攻める。Xiaomiが2019年に狙っているのは、先進国市場の本格展開だ。5Gスマートフォン市場でXiaomiをシェア1位に押し上げる効果も期待できる。(2019/4/7)

携帯販売ランキング(3月25日〜3月31日):
iPhone勢の総合ランキング独占、ドコモの「Galaxy S9」が止める
au「iPhone 8(64GB)」が3連勝。4週続いたiPhone勢の総合ランキング独占がストップした。止めたのはドコモの「Galaxy S9」。(2019/4/6)

国内版SIMフリーiPhone 7が3カ月ぶり首位、平均価格は4万円以下に 2019年3月中古スマホランキング
ムスビーは、2019年3月中古携帯/スマホランキングを発表。国内版SIMフリーのiPhone 7が3カ月ぶりに首位を獲得し、平均価格が4万円以下となったことで順位を押し上げている。また、国内版SIMフリーiPhone 8も値下がりと共に販売数を伸ばし、Android部門ではドコモのXperia XZ1 Compact SO-02Kが1位を獲得した。(2019/4/3)

「Galaxy S10 5G」、まずは韓国で4月5日発売へ
Samsungが、5Gネットワークサポートスマートフォン「Galaxy S10 5G」を4月5日に韓国で発売する。米国ではVerizonが11日に発売するとみられている。色は黒、金、銀の3色だ。(2019/4/2)

次期iPhoneのバッテリー共有機能、著名アナリストも予想
3月25日既報のバッテリー共有機能を、ミン=チー・クオ氏も予想している。(2019/4/2)

用語とともに解説 最新スマホのカメラトレンド(2019年春)
どんどん進化するスマートフォンのカメラ。従来のカメラ用語では表現しきれない機能があったり、カメラ用語とは異なる文脈で機能を説明したりすることが増えてきた。改めて整理つつ解説しようと思うのである。(2019/3/31)

携帯販売ランキング(3月18日〜3月25日):
総合ランキングは前回から全く変化なし、4週続いてiPhone勢の独占に
au「iPhone 8(64GB)」が2連勝。「iPhone 8(64GB)」のトップ3独占は66週目。(2019/3/30)

「HUAWEI P30」シリーズ徹底解説 Proは「暗所撮影」と「ズーム機能」が驚異のレベルに
Huaweiが「HUAWEI P30」シリーズを発表。「Rewrite the Rules of Photography(写真の法則を書き換える)」というキャッチの通り、カメラ機能を大きく強化した。特に進化したのが、P30/P30 Proの暗所撮影機能と、P30 Proのズーム機能だ。(2019/3/27)

シンプルでオシャレ Spigenの新ブランド「LA MANON」発iPhone XSケースを試す
どちらかというと“カッコいい”ケースを世に送り出してきたSpigen(シュピゲン)。その新ブランド「LA MANON(ラ・マノン)」は、「シンプルながらも、優雅で気品あふれる新たなスタイル」なのだそう。どんか感じなのか、実際にケースを着けてみよう。(2019/3/25)

力を分け与える次期iPhone 本体だけでAirPodsやApple Watch充電も?
Galaxy S10シリーズと同じように、次期iPhoneは本体から他のデバイスをワイヤレス充電可能になるかもしれない。(2019/3/25)

ドコモの「Galaxy S9」、機種変更でも一括約1万円に 「端末購入サポート」適用で
NTTドコモが、3月20日から「端末購入サポート」の対象機種を拡大し、「Galaxy S9 SC-02K」の機種変更でも適用可能とした。一括1万368円となる。(2019/3/23)

携帯販売ランキング(3月11日〜3月17日):
iPhone勢の総合ランキング独占状態は3週目に突入
「iPhone 8(64GB)」のトップ3独占状態は変わらないが、今回はauのiPhone 8(64GB)がトップに立った。なんと2017年12月以来のことだ。(2019/3/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.