「ストレージ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

東芝 TB9058FNG:
車載用LIN搭載のDCモータードライバIC
東芝デバイス&ストレージは、車載ボディ系ネットワーク「LIN 2.0」のマスターと通信可能なLINスレーブ機能を搭載した、DCモータードライバIC「TB9058FNG」を発表した。(2019/2/18)

管理者なら知っておきたい
Windows 10の更新作業を軽くするTips ユーザーのストレスを軽減する方法とは
Windowsの最新の更新プログラムを都度適用するのは管理者、ユーザー双方に負担がかかる。グループポリシーの使用やストレージ空き容量の計画的な確保によって、ユーザーへの負担を最小限にとどめられる。(2019/2/18)

IT優先度調査で判明
2019年、ストレージ投資の優先度はクラウドとデータ管理 HCIはピーク越え?
IT担当者向けに実施した調査で、ストレージ分野ではオンプレミスとクラウドの両環境においてデータ管理の重要性が急浮上していることが分かった。一方でフラッシュアレイとコンバージドインフラのニーズはピークを過ぎたようだ。(2019/2/14)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:「Android分裂」か?
巻頭特集は、欧州連合がGoogleに科した巨額の罰金について。ECの狙いはAndroidの分裂なのか? 他にクラウドストレージサービス解説(AWS編)やOracleの没落、「AIが認識しているもの」が持つ意味の解説などの記事をお届けする。(2019/2/12)

まだストレージクラスメモリ普及前夜
SCM搭載ストレージの市場投入で見えてきた革新の可能性
HPEとDell EMCによるSCM搭載ストレージの市場投入によって、ストレージアーキテクチャが新たな段階に突入する。(2019/2/7)

東芝 TC9562シリーズ:
TSN規格対応の車載情報通信向けEthernetブリッジIC
東芝デバイス&ストレージは、車載情報通信システムや産業機器向けに、Ethernet AVB規格対応のブリッジIC「TC9562」シリーズを発表した。システムの簡素化や複数インタフェースへの対応、低遅延データ転送を可能にしている。(2019/2/6)

中小企業のクラウドストレージ導入(後編):
中小企業向けクラウドストレージのセキュリティとコスト
クラウドストレージの導入に際して気になるのはセキュリティとコスト、さらにはデータ保護だ。中小企業向けクラウドストレージはどの程度のサービスが提供されるのだろうか。(2019/2/6)

HCIやオープンコンバージェンスなど
企業内で検討すべき さまざまな「NVMeアプローチ」6選
NVMeはストレージの速度を上げ、サーバの接続性を根底から変えるだろう。そのとき企業は、どのようにNVMeと向き合えばいいのだろうか。(2019/2/5)

企業のストレージ導入に関する調査レポート
企業のストレージ事情 やはり気になるのは「ファイルサーバ」と「バックアップ」
企業は自社のストレージの状態をどう分析しているか。投資や課題認識はどうなのか。TechTargetジャパン会員を対象にした調査の結果から、企業のストレージ環境の実態を探る。(2019/2/6)

【PR】TechTargetジャパン・キーマンズネット会員 共同アンケート
「外付型ストレージ機器」に関するアンケート
外付型ストレージ機器について、アンケートにご協力をお願いします。全問ご回答いただいた方の中から、抽選で1名様にDell「デジタルハイエンドシリーズ U2718Q 27インチ4Kモニター」、10名様に「Amazonギフト券(5000円分)」をプレゼントします。(※回答数が規定値に達し次第終了いたします。お早めにご回答ください。)(2019/2/6)

【PR】TechTargetジャパン・キーマンズネット会員 共同アンケート
「フラッシュストレージ」に関するアンケート
本アンケートでは、勤務先での「フラッシュストレージ」の導入を予定/検討されている方を対象に、その利用目的や導入上の課題などについてご意見を伺い、主催者による今後の情報提供の貴重な資料といたします。(2019/2/1)

「仮想化」がキーワード
いまさら聞けない「クラウドストレージ」と「仮想ストレージ」
クラウドストレージは必ずしもパブリッククラウドを意味するわけではない。仮想化や仮想データストレージも仮想サーバや仮想デスクトップに関係するとは限らない。これらが実際は何を意味するのかを解説する。(2019/1/31)

AI時代、企業のデータ管理はどうあるべきか?
なぜ今、AIを意識した大規模データ管理サービスが必要とされているのか
ビジネスでAI(人工知能)を活用するには、大量の学習用データをいかにうまく蓄積できるかが問われる。そのために必要とされる「AI時代のストレージ」に求められる要件とは。(2019/1/31)

コールドウォレット機能付きディスプレイ搭載――世界初のブロックチェーンスマホ「FINNEY」が日本上陸 直販標準価格は999ドル
スイスの「SIRIN LABS(シリンラボ)」が、世界初の「ブロックチェーンスマホ」を日本で販売する。Androidをベースに暗号通貨(仮想通貨)の取り扱いに適したセキュリティ機能を付加したOS「SIRIN OS」を搭載し、本体内にあるコールドストレージを安全に扱うためのスタンドアロンスクリーンも備える。(2019/1/29)

Dropbox、デジタル署名サービスのHelloSignを2億3000万ドルで買収
オンラインストレージのDropboxが、デジタル署名サービスのHelloSignを約2億3000万ドルで買収する。HelloSignは「Dropbox Extensions」の立ち上げパートナーの1社だ。(2019/1/29)

Windows 10 The Latest:
次期Windows 10最新動向:小容量ストレージでも機能アップグレードできる「予約済み記憶域」とは?
Windows 10の次期機能アップデート「19H1」に搭載予定の機能「予約済み記憶域」とはどういったものなのか? その他、最新のプレビュー版から次期Windows 10の新機能を見ていこう。(2019/1/25)

中小企業のクラウドストレージ導入(前編)
中小企業が考慮すべきクラウドストレージの要件
中小企業にとってもクラウドストレージが現実的な選択肢になってきた。まずは中小企業にとってのストレージ要件を整理しよう。(2019/1/25)

知っトクWindowsツール:
Robocopyより高機能。ファイル同期ツールの決定版「FreeFileSync」
クラウドストレージが普及した現在だからこそ役立つファイル同期ツール。Windows OSには標準でRobocopyというミラーリングツールが付属しているが、それよりも断然高機能な「FreeFileSync」を取り上げる。(2019/1/18)

2019年中にクロスリージョン対応を予定:
AWS、ポリシーに基づきバックアップを統合管理できる「AWS Backup」を発表
Amazon Web Servicesは2019年1月17日(米国時間)、AWS上のストレージやデータベースをポリシーベースでバックアップするためのツール「AWS Backup」を発表した。正式提供を開始したという。(2019/1/17)

Partners HealthCareの導入事例を紹介
クラウド型STaaS「ClearSky Data」が研究機関のIT部門にもたらすメリット
Partners HealthCareは、セキュリティが確保され、医療規制に準拠した状態で、研究者がすぐに利用できるストレージとしてクラウド型STaaSを採用した。本稿はその選定理由について説明する。(2019/1/17)

東芝デバイス&ストレージ Visconti 5:
ADASおよび自動運転支援システムの実現に最適なDNNハードウェアIPを開発
東芝デバイス&ストレージは、ADASや自動運転機能の実現に適したDNNハードウェアIPを開発。同ハードウェアIPを画像認識AIプロセッサ「Visconti 5」に実装し、2019年9月からサンプル出荷を開始する予定だという。(2019/1/16)

Dell EMC(EMCジャパン株式会社)提供ホワイトペーパー
NVMeの速度を最大化、次世代フラッシュストレージに見る最新技術とビジネス価値
ストレージの進化が止まらない。NVMeやSCMなどの最新技術は、ストレージの劇的な高速化をもたらしたが、そのパフォーマンスを最大限に生かして、ビジネスの新たな価値を創出するためには、アレイ自体の能力向上も求められる。(2019/1/15)

余っているストレージ容量を共有
Storjによるクラウドストレージの「Uber化」は成功するのか
使っていないもの、余っているものを共有し、対価を得る。これをストレージに適用するとどうなるのか。Storjの挑戦は成功するのか。成功の条件とは何か。(2019/1/11)

業界標準の3.5型で置換も容易:
東芝、CMR方式HDDで最大容量16Tバイトを実現
東芝デバイス&ストレージは、CMR(従来型磁気記録)方式で記憶容量が最大16Tバイトの3.5型ニアラインHDD「MG08シリーズ」を開発した。(2019/1/10)

高性能と効率化を両立させる仕組み
外国為替取引サービス基盤にオールフラッシュストレージを選択した理由
秒単位の売買が当たり前のFX(外国為替保証金取引)取引には、高速なITインフラが欠かせない。セントラル短資FXはデータベース基盤を刷新すべくオールフラッシュストレージを導入。同社が製品選定で重視したポイントや、導入効果を探る。(2019/1/11)

NVMeを生かすための仕組みが重要
初めてNVMeストレージを選ぶときに気を付けたい4つのポイント
パフォーマンスを向上させ、つの自社のニーズを満たし、予算にも見合うNVMeアレイを選ぶにはどのような知識が必要になるだろう。(2019/1/9)

組み込み開発ニュース:
ファーウェイが64コアサーバ用プロセッサを発表、外販はなし
華為技術(ファーウェイ)は2019年1月7日(現地時間)、Armベースのデータセンター向けプロセッサ「Kunpeng 920」を発表した。同プロセッサはビッグデータや分散ストレージ、またはArmのネイティブアプリケーションに対応したもので、競合製品と比較して高い性能と電力効率を持つという。(2019/1/8)

どちらもコンピュータの記憶領域
メモリとストレージは何が違うのか?
メモリとストレージがそれぞれコンピュータに対して果たす役割は似ているが、両者は別物だ。その違いは、コンピュータの電源が切れた時に、それぞれの保存データがそのまま保持されるかどうかにある。(2019/1/8)

東芝デバイス&ストレージ:
DNN搭載Visconti 5を19年9月からサンプル出荷へ
東芝デバイス&ストレージは2019年1月7日、自動運転機能や先進運転支援システム(ADAS)の実現に向けたDeep Neural Network(以下、DNN)ハードウェアIPを開発したと発表した。同IPは、開発中の車載向け画像認識AIプロセッサ「Visconti 5」に搭載し、2019年9月からサンプル出荷を開始する予定だとする。(2019/1/7)

2018年アキバまとめ後編:
光るSSDに電源ケーブル、枯渇が続くRTX 2080 Tiカード……2018年アキバを振り返る
グラフィックスカードはGeForce RTX 2000シリーズが登場し、ストレージは14TB HDDの投入やSSDの値下がりが注目を集めた。そして、コンスタントに週の主役を張っていたのが光モノだ。前編に引き続き、2018年アキバ自作街のトピックスを網羅したい。(2018/12/30)

東芝 TC78H653FTG:
4A対応の1.8V駆動HブリッジドライバIC
東芝デバイス&ストレージは、低電圧で駆動可能なデュアルHブリッジドライバICシリーズに、大電流4A定格対応の「TC78H653FTG」を追加した。低電圧駆動に特化したDMOSプロセスにより低電圧で安定動作する他、高速PWM制御が可能だ。(2018/12/26)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(69):
Azureストレージ(V2)で静的なWebサイトのホスティングが可能に
2018年6月にパブリックプレビューが開始されたAzureストレージの「静的なWebサイト(Static Web Site)」のホスティング機能が、2018年12月12日に正式にリリースされ、一般提供されました。(2018/12/26)

週末アキバ特価レポート:
アキバでSSDが値下がり傾向 キャンペーン併用でさらに安く
今週末のアキバはSSDの値下がり傾向に加えてSamsungの限定キャンペーンもあり、ストレージの強化に持ってこいだ。また、オリオスペックではQNAPの新製品体験会も開かれる。(2018/12/22)

「急に言われても予算が」とならないために
「3カ月後、容量が不足します」 運用管理者の代わりに未来予測するストレージ
ストレージの容量枯渇対策に運用担当者は頭を悩ましている。監視ツールがあってもストレージごとに異なっていたり、それぞれ操作や表示が違って戸惑ったりする状況では適切な運用管理は難しい。解決する方法はあるのか?(2018/12/26)

ホワイトペーパー:
別冊Computer Weekly コンテナで永続ストレージを実現する方法
仮想化やコンテナの普及により、従来型の共有ストレージではニーズが満たせなくなってきた。コンテナ時代の要件とは何か。永続ストレージを実現する方法は複数はるが、最適な方法を選択するには幾つかの要件を考慮する必要がある。(2018/12/21)

進化と今後の恩恵
Windows PCのローカル保存はNG? 次の企業向けストレージを考える
Windowsデスクトップのストレージは大きく変化してきた。エンドユーザーの要求や技術が変わったからだ。今、最も有力な選択肢は、クラウドベースのストレージだ。(2018/12/18)

どのようなデータに復旧の必要性があるのか
バックアップ用セカンダリーストレージを比較 フラッシュ、HDD、クラウドで最適なのは?
セカンダリーストレージが、データ保護の重要な要素になる可能性がある。本格的に導入する前に、使い勝手、処理速度、スケーラビリティ、コストなどを分析しておきたい。(2018/12/14)

ファイル、ブロック、オブジェクト
いまさら聞けない「SAN」と「NAS」 アーキテクチャで読み解く、その違いとは
なじみ深いSANとNASだがその違いを明確に理解できているだろうか。本稿では扱うデータの種類やアーキテクチャの観点から違いを読み解いてみる。新たに台頭するさまざまなストレージたちについても紹介するので参考にしてほしい。(2018/12/14)

+Style、通話内容を録音できるスティック形状のBluetoothレコーダー「StickPhone」発売
IoT支援プラットフォーム「+Style」から、スマートフォンとBluetooth接続し、通話内容を録音できるスティック形状のBluetoothレコーダーが発売された。本体のスイッチを「MOBILE」モードに変えるだけで自動的に録音し、通話録音機能のない端末や、本体ストレージ容量が少ない場合でも録音可能。「VOICE」モードに変更すれば一般的なボイスレコーダーとしても利用できる。(2018/12/12)

NVMeベースのVSPアレイ、リリースはいつ?
AIとクラウドに重点を置くHitachi Vantaraのストレージ その戦略とは
ストレージベンダーのHitachi Vantaraは、前身のHitachi Data Systemsから方針転換し、ストレージ自体の性能から、ストレージとAI技術やIoTデータの連携に重点を移しつつある。(2018/12/12)

BIGLOBEモバイルが12月20日に「iPhone 7」を発売
ビッグローブが、「BIGLOBEモバイル」向けに「iPhone 7」を12月20日に発売する。ストレージ容量は32GBと128GBの2種類。価格は未定。(2018/12/11)

建設業界に働き方改革をもたらす、大林組が選んだ単なるストレージサービスではない「Box」
Box Japanは2018年11月28日、建設業界向け「現場もデジタルな働き方改革実践セミナー」を東京・千代田のBox Japanセミナールームで開催した。セミナーでは、ストレージサービス“Box”による建設業のICT化をゼネコンの導入事例や建設向けアプリケーションなどのプレゼンを通して提案した。(2018/12/11)

身代金を払わずに非難された例も
「身代金を支払う」以外のランサムウェア対策は本当にあるのか?
ランサムウェア感染の「運命論」が広がる中、ストレージベンダーは「ランサムウェア対策」をうたう多様なテクノロジーを宣伝している。その主張には的外れなものも、そうでないものもある。(2018/12/10)

東芝がコンシューマー向けの12TB/14TB HDDを発表
東芝デバイス&ストレージは、同社製のコンシューマー向けHDD「N300 NAS Hard Drive」「X300 Performance Hard Drive」シリーズに12TB/14TBの大容量モデルを追加した。(2018/12/7)

データセンターでどう導入するのか
ストレージ環境を一変させるNVMe、その投資タイミングはいつ?
NVMe(Non-Volatile Memory Express)はSCSIに代わるストレージプロトコルとして、ストレージの応答性向上、遅延解消などが期待できる。ただしデータセンターでNVMeを導入するには綿密な計画が必要だ。(2018/12/6)

ET2018レポート【東芝デバイス&ストレージ】:
PR:セキュア、省エネ、小型…… IoTに進化をもたらす東芝の最新ソリューションを一挙紹介
先端の組み込み技術やIoT(モノのインターネット)技術にフォーカスした総合技術展「Embedded Technology 2018/IoT Technology 2018」(ET2018)が11月に開催された。東芝デバイス&ストレージは、セキュアなIoTネットワークシステムを構築するためのプラットフォームや、省エネにつながるモータソリューションなどIoTの進化に欠かせないさまざまなソリューションを展示した。ここでは、ET2018で注目を集めた東芝デバイス&ストレージの展示を紹介していく。(2018/12/5)

TechTargetジャパン・キーマンズネット会員 共同アンケート
「ストレージ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazonギフト券(3000円分)」をプレゼント。(2018/12/4)

組み込み開発ニュース:
カスタムSoCの開発プラットフォームに130nmプロセス製品を追加
東芝デバイス&ストレージは、開発プラットフォーム「FFSA」に、新たに130nmプロセス製品を追加した。最大ゲート数(目安)は912Kgate、最大SRAM容量は664Kbit、最大I/Oピン数は337となる。(2018/11/30)

1秒間に100京回の演算性能を支える:
HPCではストレージが重要、高性能で柔軟性の高い技術を米大学が開発
高性能で柔軟性の高いHPC向けストレージプラットフォームが実現しそうだ。米バージニア工科大学の研究チームは、このようなプラットフォームを実現するためのフレームワーク「BespoKV」を開発した。(2018/11/29)

新興企業の勢いが止まらない
クラウドストレージベンダーWasabi Technologiesが6800万ドルを調達できた理由
新興企業のWasabi Technologiesは、わずかな期間で6800万ドルを調達し、ブランド認知度を高め、パブリッククラウドベンダーのビッグスリーに挑戦している。(2018/11/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.