「試験」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「試験」に関する情報が集まったページです。

ドローン:
同一空域での複数事業者のドローン運航管理システムを実証
新エネルギー・産業技術総合開発機構は、同一空域で複数事業者のドローンが安全に飛行するための運航管理システムの実証試験を実施。「運航管理統合機能」「運航管理機能」「情報提供機能」で構成されるシステムが正常に作動することを確認した。(2019/3/25)

選手生活→性生活、ファン→パン イチロー引退中継、AbemaTVのAI字幕が誤認識を連発 運営「試験的なため精度まだ実現できていない」
イチロー選手の現役引退会見をAmebaTVがライブ配信したところ、リアルタイム字幕AI「AIポン」の誤訳が話題に【追記あり】(2019/3/22)

エネルギー管理:
ブロックチェーンで電力を個人間で売買、大阪ガスが集合住宅で実証
大阪ガスは同社が保有する実験集合住宅「NEXT21」で、2019年3月から個人間取引の居住者実証試験を行うと発表した。個人間の電力取引におけるブロックチェーン技術の有効性の確認が目的だ。(2019/3/20)

ドコモショップでモバイルバッテリーのシェアリングサービス あすスタート
NTTドコモとINFORICHが、3月19日から都内のドコモショップ21店舗でモバイルバッテリーのシェアリングサービスを試験的に始める。(2019/3/18)

【マンガ】“試験問題に小説などを使う”のは、著作権的にどこまでセーフなの?
作者に怒られることはない?(2019/3/19)

下北沢駅にロボット駅員 あしたから 身ぶりで案内、回答中の割り込み質問にも対応
京王電鉄が対話型案内ロボットの試験運用を3月16日から始める。サービス向上と駅業務のオートメーション化を両立させるのが狙い。(2019/3/15)

アサヒ、AIで飲料生産を調整 IBMと試験運用 夏にも本格稼働
実績を積み上げながら課題も検証し、今夏の本格稼働を目指す。(2019/3/14)

キャリアニュース:
ディープラーニングの技能認定試験──第2回は245名が合格、合格率は63.3%
日本ディープラーニング協会が、ディープラーニングを実装するエンジニアの技能認定試験「E資格」の結果を発表。第2回試験は245名が合格した。受験者の年代は20代が最も多く、業種はソフトウェア業が最多で30.2%を占めた。(2019/3/14)

国内初、4D施工シミュレーションを用い無人で鉄骨架構を自動組み立てに成功
前田建設工業は、タダノ、千葉大学と共同で、茨城県取手市の新技術研究所「ICI総合センター ICIラボ」の屋外フィールドで、PC上の4D施工シミュレーションに連動してクレーンを自動運転し、鉄骨架構の梁(はり)および床スラブを無人で設置する実証試験を実施した。(2019/3/12)

電気自動車:
EVをつなぐ「V2G」は電力系統の安定化に有効、東京電力らが実証成果を公表
東京電力ホールディングスなど7社が、電気自動車(EV)などの蓄電池を電力需給調整に活用する「V2G(Vehicle to Grid)」の実証試験結果を公表。太陽光発電などの再生可能エネルギー電源のさらなる普及拡大など、V2Gは電力系統の柔軟な運用に貢献できるとしている。(2019/3/8)

フォトロン FASTCAM MH6:
自動車衝突安全試験用高速度カメラ、最大6ヘッド接続による完全同期撮影を実現
フォトロンは、超小型カメラヘッドを最大6つ同時接続できるハイスピードカメラ「FASTCAM MH6」の販売開始を発表した。(2019/3/8)

少なくとも80万社は新卒採用実施:
就活成功の秘訣は「身近な」人脈の活用 プロが指南
「就活は情報戦」この言葉をよく耳にするのではないでしょうか。受験のように決められた試験日があるわけではなく、同じ問題が出るとはかぎらないのが就職活動。少なくとも80万社前後は新卒採用を行っていて、この膨大な企業数の中から自分にあった企業一社を選択するのは簡単なことではない。(2019/3/7)

オムロン ソーシアルソリューションズ/京王電鉄:
利用者との対話を重ねることで新入社員から駅長へと成長する「駅案内ロボット」
オムロン ソーシアルソリューションズは、駅業務の自動化に向けて、利用客からの問い合わせに応対する音声対話型AI搭載ロボット「駅案内ロボット」を開発し、2019年3月16日から京王電鉄の井の頭線 下北沢駅 中央口で試験運用を開始すると発表した。(2019/3/7)

就活の疑問や悩みは“AI先輩社員”にLINEで相談――JAL、就活生向けAIチャットbotを試験導入
日本航空(JAL)は、新卒採用への応募を考える学生向けに、OBやOGと話すような自然な会話で就活相談ができるLINE用AIチャットbotの試験導入を開始。“AI先輩社員”がJALでの働き方や採用活動で気になることに、24時間いつでも答えてくれる。(2019/3/4)

書籍や文化財のデジタルアーカイブを横断検索 国会図書館が「ジャパンサーチ」試験版公開
書籍や文化財など国内にあるさまざまなコンテンツのデジタルデータを横断検索できるポータルサイト「ジャパンサーチ」の試験版が公開された。(2019/2/27)

ウェアラブルIoT:
アジア航測ら「ウェアラブルIoT」を橋梁工事で試行、作業員の健康状態や作業効率を“可視化”
アジア航測ら5者から成るコンソーシアムは、作業員の生体データと位置情報を取得して、建設現場の安全管理と生産性向上に役立つウェラブルIoT技術を橋梁(きょうりょう)工事で試験運用し、有用性を確認した。この技術では、作業員の心拍数や位置情報、姿勢、加速の回数、つまずき回数を高精度に取得することで、健康状態、現場の配置状況、作業効率などを可視化する。(2019/2/27)

新試験の予定も明らかに:
PR:なぜCompTIA認定資格なのか、3つの理由とは?
ベンダーニュートラルな認定資格を提供するCompTIAのグローバル担当者によれば、資格取得の理由は3つあるという。1つ目はグローバルな転職や採用にも役立つこと。残りの2つのメリットも強調した。今後は、Linuxを活用するITプロフェッショナルに必要なスキルを網羅した認定資格「CompTIA Linux+日本語版試験」を2019年中に開始する他、パフォーマンスベーステストも開発中だという。(2019/2/25)

製造マネジメントニュース:
ダッソー、3DEXPERIENCEプラットフォームに自動運転の試験機能を統合
ダッソー・システムズは、同社の「3DEXPERIENCEプラットフォーム」に、イスラエルのCognataが開発した自動運転シミュレーションスイートを統合するため、パートナーシップを締結した。(2019/2/22)

都内に「楽天イノベーションラボ」設立:
三木谷氏「MVNOは奴隷みたいなもの」 楽天がMNOで“完全仮想化ネットワーク”にこだわる理由
2019年10月に通信キャリアとしてサービス開始を予定している楽天モバイルネットワーク。次世代のコアネットワーク(4G/5G)の試験設備「楽天イノベーションラボ」を東京都内に設立。三木谷浩史社長やタレック・アミンCTOが楽天ネットワークの強みを語った。(2019/2/21)

「Jアラート」試験のエリアメール、江東区が誤配信 「びっくりした」「文面が……」
「Jアラートのテストかな、急に携帯が鳴ってびっくりした」「電車で携帯が一斉に鳴った」――2月20日午前11時過ぎ、こんな投稿がTwitterに相次いだ。一方で「私の携帯は、Jアラートを受信できる設定なのに鳴らなかった」という投稿。何が起きたのか。(2019/2/20)

ATR/KDDI/デンソー/九州工業大学:
工場内の大容量通信を5Gで、産業用ロボット制御の実証試験を開始
国際電気通信基礎技術研究所(ATR)、KDDI、デンソー、九州工業大学は、KDDI総合研究所およびデンソー九州の協力の下、FA領域における「5G」を活用した産業用ロボット制御の実証試験を開始したことを発表した。(2019/2/19)

自動運転技術:
自治体が苦労する自動運転実証実験の準備を短期間に、シミュレータ活用で
損害保険ジャパン日本興亜とティアフォー、アイサンテクノロジーは2019年2月15日、東京都内で会見を開き、自動運転車を使ったモビリティサービスの導入支援に関する業務提携を結んだと発表した。一般道で無人運転車が走るサービスの早期実現に向けて、実証実験がスムーズかつ安全に実施できるよう、自治体や交通事業者をサポートする。導入支援のソリューションは2019年後半から試験提供を開始し、2020年後半をめどに全国展開する。(2019/2/18)

センター試験のICプレーヤーは“利用者に配慮していてダサ美しい”? デザインの意図を実施団体に聞いてみた
人生を左右してしまう試験だけあって、誤操作を防ぐ工夫がたくさん。(2019/2/15)

MongoDBも正式提供へ:
IBMがマネージドIstio、マネージドKnativeの提供開始を発表
IBMは2019年2月12日(米国時間)、IBMのマネージドKubernetesサービス「IBM Cloud Kubernetes Service」上でのサービスメッシュ技術Istioのβ提供開始、およびサーバレス構成技術Knativeの試験的提供開始を発表した。関連して、「IBM Cloud Database for MongoDB」のプライベートプレビュー提供も開始したという。(2019/2/14)

FAニュース:
5Gによる産業用ロボット制御の実証試験を開始、KDDIやデンソーなど
国際電気通信基礎技術研究所、KDDI、デンソー、九州工業大学は、次世代移動通信システム「5G」を活用した産業用ロボット制御の実証試験を開始した。製造工程の変更による通信回線の敷設作業が不要になり、工場の稼働停止時間を短縮する。(2019/2/13)

モバイルバッテリーがPSEマーク必須に マークがあれば安心なのか
2月1日からモバイルバッテリーへのPSEマーク表示が義務化された。マークのある製品なら安心して使えるのだろうか。表示に必要な試験や検査について、モバイルバッテリーブランド「Anker」と「Cheero」に聞いてみた。(2019/2/12)

JR東、忘れ物通知サービスを本格導入 51駅に拡大
JR東日本が、紛失を防ぐタグ「MAMORIO」を活用したサービスを本運用へ。昨年6月、首都圏4駅で試験導入したが、2月18日から51駅に拡大する(2019/2/8)

インフラ維持管理:
橋梁の床版取替えで人員6割減の「コッター床版工法」、実施工に向け共同事業契約を締結
熊谷組とガイアート、オリエンタル白石、ジオスターの4社は、共同開発した道路橋の床版取替え工法「コッター床版工法」で、実用化のための全ての試験を完了し、事業化に向けた共同事業契約を締結した。同工法は、供用中の橋梁に対して、従来工法よりも大幅に工期短縮と省人化が見込める新技術。実用化のフェーズに至ったことで、今後増大が見込まれるインフラ更新市場への適用により、人手不足や生産性向上への貢献にも期待ができる。(2019/2/8)

「世界で初めて」:
京大、ロームなどの無線機がWi-SUN FAN認証を取得
京都大学と日新システムズ、ロームの3者は2019年2月4日、共同で開発したIoT(モノのインターネット)向け無線機が、Wi-SUNアライアンスが行った無線通信規格「Wi-SUN FAN(Field Area Network)」の認証試験に合格し、認証を取得したと発表した。3者は、「Wi-SUN FANの認証取得は世界で初めて」としている。(2019/2/5)

自動運転技術:
ソフトバンクが5Gの車車間通信で遅延時間1ms以下に成功、隊列走行の早期実現へ
ソフトバンクは2019年1月29日、5Gの無線方式「5G-NR」を使った車車間通信について屋外フィールド通信試験を実施し、遅延時間1ms以下の低遅延通信を達成したと発表した。(2019/1/30)

テュフ ラインランド ジャパン:
国内初、トラック/バス向け車載用カメラモニターシステムの試験・認可サービスを開始
テュフ ラインランド ジャパンは、「トラック・バス向け車載用カメラモニターシステム試験・認可サービス」の開始を発表した。(2019/1/30)

アセンブリ言語は残る:
IPA、基本情報技術者試験にPythonを追加/COBOLを廃止
IPAは、国家試験「基本情報技術者試験」の内容を見直した結果、COBOLを廃止し、Pythonを追加する。線形代数や「確率・統計」など、数学に関する出題比率を上げる。AI人材育成のニーズなどを踏まえた。(2019/1/28)

YouTube、おすすめ動画を改善してガイドライン違反に近い動画のレコメンドを減らすと発表 陰謀論・地球平面説の主張動画など
当初は試験的に米国内から適用されます。(2019/1/26)

COBOLの出題廃止、Python追加 基本情報技術者試験、「AI人材育成ニーズ踏まえ」
基本情報技術者試験の出題でCOBOLが廃止、Pythonが追加。「AI人材育成のニーズなどを踏まえた措置」としている。(2019/1/24)

BIM:
照度・風量の測定結果を“BIMモデル”に自動取り込み、50%の省人化を達成した「検査業務デジタル化」
竹中工務店は、「水圧・満水試験」「照度測定」「風量測定」といった設備検査の結果が、BIM(Building Information Modeling)モデルに属性情報として自動で取り込まれ、検査報告書が作成されるまでの一連のデジタル化手法を構築した。検証試験のうち、照度・風量の測定では50%の省人化につながったという。(2019/1/23)

妹がセンター試験から帰るなり何か作っている?→「リスニング問題の謎キャラ」を異様なキーホルダーに
そりゃあ、あんなん見たらいじりたくなりますよね。(2019/1/22)

ねっと部:
センター試験「リスニング四天王」の衝撃 コラ画像、3D化……止まらない2次創作
1月19日に行われた大学入試センター試験の1日目の英語リスニング問題に、りんごやにんじんを擬人化したゆるいイラストが登場し、話題になっている。ネット上ではこのキャラクターを使ったイラストや動画など、2次創作が次々に生まれている。(2019/1/21)

なぜ作った センター試験の謎キャラ、速攻で3D化される「先を越されないようスピード優先で仕上げた」
仕事早すぎる。(2019/1/20)

センター試験の英語リスニング第1問のイラストがユニーク過ぎて話題に 「いきなり笑わせに来るな」
そして二次創作合戦へ。(2019/1/20)

建設現場で発生する“フッ素”を吸着させる簡易施工のマットを開発
錢高組は、JFEミネラルと共同で、「フッ素対応の重金属吸着マット」を開発した。既に暴露試験を行い、その有効性を確認している。新開発の重金属吸着マットは、国内の建設現場で発生する土に含まれた自然由来のフッ素などを吸着させて、振り分ける技術。安価かつ簡単な設置で、合理的な重金属の処理が可能になる。(2019/1/18)

ドローン:
無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を実施
新エネルギー・産業技術総合開発機構らは、福島県と南相馬市の協力のもと、中型無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を実施した。今後、自律的に衝突を回避する無人航空機の飛行試験を実施する予定だ。(2019/1/8)

山岳トンネル工事:
熟練者不足を解消、アームが自動で伸び縮みするトンネル掘削時の“新型コンクリ吹き付け機”
大林組は、古河ロックドリルと共同で、山岳トンネル掘削時の支保部材となる吹付けコンクリートの施工において、技能の熟練度に頼らない簡易な操作で操作可能な新型の「吹付け機」を開発した。今後は工場内での動作確認と試験施工を経て、実際のトンネル現場に適用する。(2019/1/8)

技術公募:
“路面性状”を測定する16のICT技術が一般道で実証試験、国交省
国土交通省は、2017年から技術公募していた「路面性状を簡易に把握可能な技術」で、応募された技術の一般道路での試験を行い、その結果をとりまとめた。(2019/1/8)

JR東日本、山手線で「ドライバレス」自動列車運転試験を報道公開
JR東は今年度から10カ年の中期経営計画で、将来的な無人での列車運行の前段階として、運転士資格がない乗務員の添乗のみで列車を自動運行する「ドライバレス」実現を目指しており、走行試験で得た結果を元に、高度化ATOの開発を進める方針。(2019/1/7)

これが本当のビリギャル……! とあるアイドル、学業不振で活動セーブ 試験結果の低空飛行ぶりに注目集まる
「顔面偏差値はかなり上位」の声も。(2019/1/3)

山岳トンネル工事:
山岳トンネル工事の出来形検査をタブレットで遠隔立会が可能に、NEXCO西日本の工事に試験適用
清水建設は、山岳トンネル工事における検査・管理業務の合理化を目指し、タブレット端末を用いて現場を撮影し、検査員が事務所PCで確認できる「リアルタイム遠隔立会システム」を開発した。(2018/12/27)

山岳トンネル工事:
戸田・西松・ジオスターが山岳トンネルの覆工コンクリートを“プレキャスト化”、施工速度1.5倍に
戸田建設、西松建設、ジオスターの3社は、覆工コンクリートのプレキャスト化に向けて試験を行った。模擬覆工を用いた組み立て、運搬、設置の一連の工程を行って有効性を検証した。PCa覆工は現場打ちに比べて施工速度が1.5倍程度早くなる他、安全性や品質の向上にもつながる。(2018/12/26)

建設×ロボット:
エレベーターを呼び出して乗り降りする建材の“自動搬送ロボット”、2019年に実証実験
三井不動産と大林組は、AGV(無人搬送車)とレーザーセンサーを活用し、フロア内の移動だけでなく、階の移動も可能にする建設資材を自動搬送するロボットの開発に着手した。既に試作機の動作確認が済んでおり、2019年には千葉県船橋市で計画されている物流施設の新築工事で実証試験を行う。(2018/12/25)

スマートスピーカーにはプライバシーの懸念も
WeWorkが「Amazon Alexa for Business」の導入中止? 企業向け音声アシスタントの課題とは
法人向けのAmazon Alexaをいち早く採用したWeWorkが、実証試験音声アシスタントの導入計画を中止したと報じられた。企業向け音声アシスタントサービスが抱える課題とは。(2018/12/21)

20年春完成予定:
JR東海、リニア試験車「L0系」改良へ 非接触給電に一本化、デザイン刷新
JR東海が超電導リニアの試験車「L0系」の改良型を製作すると発表。20年春に完成させる予定。ガスタービン発電装置を撤廃し、非接触給電に一本化。空気抵抗を減らせる形状も取り入れる。(2018/12/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.