「治療」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「治療」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

医療技術ニュース:
インフルエンザウイルス感染時の解熱の必要性を細胞レベルで証明
東北大学は、インフルエンザウイルス感染時の発熱に相当する、39〜40℃の高温下における呼吸器細胞の生存率を研究。感染時の治療において、解熱の必要性があると細胞レベルで証明した。(2019/6/11)

医薬品ビジネスの枠:
ゲームで治療 薬に頼らない「ビヨンド・ザ・ピル」相次ぐ
製薬企業が従来の医薬品ビジネスの枠を超え、デジタルヘルスケア事業に相次いで乗り出している。キーワードは「ビヨンド・ザ・ピル(医薬品を超えて)」。デジタル技術を用いた服薬管理や症状解析などの技術開発が進み、ゲームで治療を行うアプリも登場した。(2019/6/5)

医療機器ニュース:
オンラインで患者と医師をつなぐ、高血圧治療の支援に特化したサービス
オムロン ヘルスケアら3社は、高血圧治療におけるオンライン診療支援サービスの共同事業検証に関する基本合意書を締結。テレメディーズは、高血圧オンライン診療支援パッケージ「テレメディーズBP」を提供する。(2019/5/31)

液体のりの成分で造血幹細胞を増幅 東大などが成功 安全で低コストな白血病治療に期待
これまで高価なウシ血清成分などで行ってきた培養が、液体のりの主成分「ポリビニルアルコール」でできるように。(2019/5/30)

ゲーム障害の広がり、医療関係者は危惧 中高生の7人に1人がネット依存
スマートフォンなどの普及で、世界各国でオンラインゲームに没頭する「重症者」が出ていることを受け、世界保健機関(WHO)は25日、「ゲーム障害」を新たな疾病と正式認定した。日本国内では中高生の7人に1人がインターネット依存症とのデータも。医療関係者はゲーム依存の広がりを危惧しており、早期の治療を呼びかけている。(2019/5/29)

AIを活用し患者ごとのがんワクチンを開発 欧米で臨床試験へ――NEC、疫治療法特化の創薬事業に参入
NECは、AIを活用した創薬事業に参入。仏Transgeneと共同で、がん免疫療法の個別化医療として期待される「ネオアンチゲンワクチン」の開発に取り組む。頭頸部がんと卵巣がんを対象に、治験薬を共同開発し、2019年内に欧米で臨床試験を開始する。(2019/5/29)

NECが創薬事業に本格参入 AIで患者ごとの「がん治療ワクチン」開発
NECが創薬事業に本格参入した。AIを活用して患者ごとにがんワクチンを開発して治療を行うという。(2019/5/27)

WHO、ゲーム障害(gaming disorder)を国際疾病に正式認定
世界保健機関(WHO)が、世界の医療関係者が参照する「国際疾病統計と関連する健康問題の統計的分類」に「ゲーム障害」を疾病として追加する。これにより、予防や治療への関心が高まるとしている。(2019/5/27)

WHOが依存症として認定「ゲーム障害」その実態 現実逃避し、借金しても止められず
WHO総会は25日、オンラインゲームやテレビゲームのやり過ぎで日常生活が困難になる「ゲーム障害」を新たな依存症として認定した。薬物や酒などと違い、治療のための支援態勢が整っているとはいえず、関係者は「リスクが改めて認識されるきっかけになれば」と話す。(2019/5/27)

患者の多くは:
現実逃避し、借金しても止められず ゲーム依存の実態
世界保健機関(WHO)総会は25日、オンラインゲームやテレビゲームのやり過ぎで日常生活が困難になる「ゲーム障害」を新たな依存症として認定した。治療のための支援態勢が整っているとはいえず、関係者は「リスクが改めて認識されるきっかけになれば」と話す。(2019/5/27)

長生きは本当に幸せか? 医師・ジャーナリスト富家孝が問う:
遺伝子を操作すれば老化は防げる? 進む「老化研究」のいま
最先端の研究では「老化はもはや“自然現象ではない”」とされる。となると、老化は病気と同じで、治療も可能になる。一方で、老化はやはり自然現象なのだから、寿命には限界があるという説も根強い。(2019/5/22)

医療技術ニュース:
水虫の治療薬が胆道がん細胞の増殖を抑制する効果を持つことを発見
慶應義塾大学は、水虫の原因である白癬菌を治療する薬「アモロルフィン」「フェンチコナゾール」が、胆道がん細胞の増殖を抑制する効果を発見した。胆道がんの新たな治療薬となる可能性を見出した。(2019/5/21)

「日々の治療を精一杯頑張っています」 「あみん」岡村孝子、“急性白血病”公表後の近況明かす
ファンからは多くの応援メッセージが。(2019/5/3)

医療技術ニュース:
心臓リンパ管の機能不全が冠動脈のけいれんに関与することを証明
東北大学は、心臓リンパ管の異常が冠動脈のけいれん(冠攣縮)の原因となることを、ブタモデルを用いて証明した。薬剤抵抗性の難治性冠攣縮性狭心症において、心臓リンパ管が新規治療標的となることが期待される。(2019/4/25)

「何かの間違いであって欲しい」「言葉が見つからない」 「あみん」岡村孝子が急性白血病を発表、ファンに動揺走る
ゆっくり治療に専念してほしい。(2019/4/22)

医療技術ニュース:
アルツハイマー型認知症の超音波治療、医師主導治験を開始
東北大学は、低出力パルス波超音波がマウスのアルツハイマー型認知症モデルにおいて認知機能低下を抑制する可能性があることを見出し、2018年6月より医師主導治験を開始した。(2019/4/11)

臨床現場の業務負担を軽減
AI(人工知能)で脳出血を容易に検出 放射線医学のAI活用事例
人工知能(AI)が放射線医学に与える影響を示す例について、2人の放射線科医の話を基に紹介する。新旧画像の比較や、深刻な症状の患者の優先治療などにAIが活用されているという。(2019/4/9)

製造業IoT:
自動車に次ぐ輸出産業となるか、「スマート治療室」の最上位モデルが完成
東京女子医科大学、日本医療研究開発機構(AMED)、デンソー、日立製作所は、IoTを活用して手術の精度と安全性を向上させる「スマート治療室」の「ハイパーモデル」を東京女子医科大学病院に設置し、2019年2月から臨床研究開始したと発表した。(2019/4/4)

「依存症に厳しすぎる制裁」 ピエール瀧出演作の自粛撤回、依存症支援団体が要望
ピエール瀧氏が麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたことを受け、出演作品の撮り直しや販売停止など自粛が相次いでいる問題で、依存症関連の市民団体や治療者らで結成する団体が、自粛を撤回するよう求める要望書を、NHKなど5社・団体に送付したと発表した。(2019/3/28)

フェラーリなど乗り回す姿も:
総合病院が“横流しの薬” 中国では美容効果で人気
肝臓治療の処方薬「ラエンネック」を販売目的で許可なく病院内に保管していたとして、千葉県野田市にある総合病院の理事長が医薬品医療機器法違反容疑で逮捕された。ラエンネックは肝機能障害の治療に用いられるほか、中国などでは美容に効果があるとして高値で取引されており、千葉県警は、中国へ転売する目的で薬を横流ししていた可能性があるとみて裏付けを進めている。(2019/3/26)

治療ができなくなる可能性も
医療機関のITシステムに残るハリケーンの爪痕 災害の影響を最大限に抑えるには
治療に必要なデータの管理をITシステムに頼る医療機関は、自然災害に免疫がない。そのため被災後に復旧を試みるよりも、事前に準備しておくことが重要だ。(2019/3/19)

「この日が来る事が想像出来ませんでした」 闘病中のNosuke、抗がん剤治療を終えて退院報告
おつかれさまでした!(2019/3/10)

医療機器ニュース:
数カ月の診断を2週間で、光トポグラフィーでADHDと自閉症の併発を見極め
日立製作所らは、注意欠如・多動症患者が自閉スペクトラム症を併発しているかどうかを早期診断する基礎技術を開発した。数カ月要していたASD併発の診断が2時間程度実施でき、治療や療育方針の早期決定が可能になるため、患者らの負担を軽減する。(2019/2/28)

工期わずか10日間、ダクト工事不要で既存病院にも省スペースで設置可能なクリーンルーム
ダイダンは、再生医療向けに細胞を培養・加工するためのクリーンルーム「CPF(Cell Processing Facility:細胞培養加工施設)」をユニット化した「オールインワンCPユニット(CP:Cell Processing)」を開発した。既設の医療施設にも短期間で導入でき、病院などの治療用細胞を培養・加工するクリーンルームをコンパクトかつ安価に構築することが可能となる。(2019/2/21)

ワイドショーなどで話題:
インフルエンザ新薬を求める患者…… 「ブームで使わないで」
1回飲むだけで済むインフルエンザの治療薬が話題になっている。商品名を挙げて医師に処方を求める患者もいるようで、医療現場には懸念ととまどいが広がる。専門家からは「薬はブームで使うものではない」との声が上がっている。(佐藤好美)(2019/2/18)

AIで糖尿病の投薬効果を予測 血糖値を正常に保つ最適な処方を支援――札幌医科大学、富士通ら、共同研究開発へ
札幌医科大学、富士通、富士通北陸システムズは、糖尿病の経口血糖降下薬の処方を最適化するAI技術に関する共同研究開発に着手した。糖尿病患者約5000人の診療記録、処方情報、検査情報を基に、患者に最適な処方を導き出し、投薬治療の効果を予測する診療支援システムの開発を目指す。(2019/2/14)

池江璃花子選手の白血病、若年層がんの1位 完治には骨髄移植
かつて「不治の病」とされた白血病は研究開発が進み、治る可能性の高い病気になりつつある。「血液のがん」といわれ、固形がんのように手術では切除できず、抗がん剤治療が主となるが、副作用は大きい。(2019/2/13)

「肺転移が消えておりました」 がん闘病中のNosuke、胚細胞腫瘍も16分の1になり治療の手応え実感
本当に良かった。(2019/2/10)

だいたひかる、不妊治療中の乳がん発覚に「私だけで十分です!」 心を救った“夫の言葉”に反響も
「赤ちゃんがひかるの命を守ってくれたんだよ」。(2019/2/7)

医療技術ニュース:
心電図から心臓カテーテル治療の要否を瞬時に判断するAI技術
慶應義塾大学は、AIを応用して、1枚の心電図から、その患者にカテーテル治療が必要かどうかを80%以上の精度で瞬時に判定する技術を開発した。救急外来における心筋梗塞などの治療の早期化、効率化に貢献する。(2019/2/1)

YouTube、「次の動画」で陰謀論などの問題動画を勧めない改善に着手
YouTubeで動画を視聴すると「おすすめ動画」を表示する「次の動画」機能で、「コミュニティガイドライン」すれすれのコンテンツは表示しないテストが始まる。陰謀論や偽の難病治療法などは表示されなくなる見込み。(2019/1/26)

なぜ増え、なぜつぶれるのか:
実はコンビニより多い「接骨院」 増えすぎて競争激化、倒産が過去10年で最多に
2018年に発生したマッサージ事業者(鍼灸院、接骨院など)の倒産は93件で、過去10年で最多だったことが判明。業績不振が主な要因だった。治療院の数がコンビニより多くなっており、競争が激化しているためという。(2019/1/16)

医療機器ニュース:
高温超電導電磁石の機能を実証、粒子線がん治療装置の小型化・省エネ化へ
京都大学は、液体ヘリウムを使わずにコイルを冷却する加速器応用に向けた高温超電導電磁石を開発し、重粒子線がん治療装置(HIMAC)を用いて、その機能実証に成功した。(2019/1/9)

医療機器ニュース:
植込み型補助人工心臓システムの製造販売承認を取得
日本メドトロニックは、重症心不全の治療に用いられる「植込み型補助人工心臓システム HVAD」の製造販売承認を取得した。ポンプ内部のインペラと軸部は非接触で、血球成分へのダメージを低減することが期待されている。(2019/1/7)

精巣がん公表のNosuke、治療前の診断は「ステージは3a」「5年生存率40%」 投薬効果には希望も
Nosukeさん「状況は良くはなっていますが、されど癌。油断は禁物」。(2018/12/23)

Nosuke、15センチの胚細胞腫瘍 妻misonoのYouTubeデビューには「楽しみが増えました笑」
ブログでは、現状や治療の過程をつづっていくとのこと。(2018/12/16)

医療技術ニュース:
アトピーに新治療、皮膚バリアや保湿を担うタンパク質を発現する物質を同定
京都大学が、皮膚バリア機能、保湿機能を担う重要なタンパク質フィラグリンの発現を誘導する内因性物質として、リゾホスファチジン酸(LPA)を同定した。アトピー性皮膚炎など皮膚のバリア機能が低下する疾患の新治療法開発につながる成果だ。(2018/12/6)

元「ミニスカポリス」来栖あつこ、不妊治療を告白 1年をリミットに「頑張りきりたい」
報われてほしい。(2018/12/4)

医療技術ニュース:
パーキンソン病治療の治験、iPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞の移植で1症例目
京都大学医学部附属病院は、iPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞を用いたパーキンソン病治療に関する医師主導治験を行った。第1症例目の細胞移植で、約240万個のドパミン神経前駆細胞を脳の左側被殻に移植した。(2018/11/29)

「色覚検査の攻略本」「本当は効かない色弱治療」はなぜ存在したのか 進学・就職制限を受けてきた「色弱」の歴史とこれから
カラーバリアフリーの取り組みを行う団体・CUDOに話を伺いました。(2018/11/30)

医療機器ニュース:
治療する医師と同じ視点で手術を体験できる医療研修VR
ジョリーグッドとジョンソン・エンド・ジョンソンは、治療する医師と同じ視点で手術を体験できるサービス「医療研修VR」を共同開発する。第1弾として、不整脈の一種である心房細動の手技をVR化した。(2018/11/19)

医療技術ニュース:
レンサ球菌の劇症型感染を防ぐ、免疫反応抑制メカニズムを解明
大阪大学は、劇症型溶血性レンサ球菌が免疫反応を抑制するメカニズムを明らかにした。レンサ球菌による免疫回避機構を無効化することで劇症型感染を防ぐという、新たな治療法につながることが期待される。(2018/11/8)

医療機器ニュース:
粒子線治療時の照射量に近い環境下でのガンマ線の撮像に成功
東北大学は、京都Space Gamma、山形大学、京都大学の協力の下、粒子線治療時の照射量に近い環境下でのガンマ線の撮像に成功した。より信頼性の高いがん治療が期待できるという。(2018/11/7)

サンシャイン水族館のマンボウが永眠 体調不良で治療中だった個体
展示再開は未定です。(2018/10/30)

「King & Prince」岩橋玄樹さんが休養 パニック障害の治療に専念するため
(2018/10/26)

医師や看護師は何に満足したか
ボストン小児病院で「Alexa」が活躍、ハンズフリー操作や、治療手順の検索に貢献
ボストン小児病院では、音声認識技術を臨床現場で利用した3つのパイロットスタディーを実施し、一定の成果が得られたという。現場で使われたのは「Echo Dot」をはじめとするさまざまなAmazonデバイスだった。(2018/10/25)

ゲイツ氏と創業:
米Microsoft共同創業者のポール・アレン氏が死去、65歳
米Microsoftの共同創業者、ポール・アレン氏が死去した。65歳だった。10月上旬、悪性リンパ腫の一種の治療を開始したと発表していた。(2018/10/16)

医療技術ニュース:
乾癬の原因は皮膚表面の細胞にあった、有効で安価な新薬の開発へ
京都大学は、皮膚表面の表皮にある細胞内シグナル伝達物質「TRAF6」が、乾癬の発症や持続に必須であることを発見した。TRAF6が抗体医薬に代わる新しい治療の標的となり得ることが示された。(2018/9/6)

医療機器ニュース:
放射線科の検査報告書をAIが読む、入院や手術、他科への診察依頼など助言
慶應義塾大学は、富士通と共同で診療支援のためのAI技術を開発した。医師の所見に機械学習を適用して、入院や手術、他科への依頼などの対応が必要な症例や治療の優先度を分類する技術だ。(2018/8/21)

医療機器ニュース:
生体内に貼れる無線給電式発光デバイス、10日間連続点灯で腫瘍が消失
早稲田大学は、防衛医科大学校と共同で、生体組織表面にシールのように貼り付けられる体内埋め込み型の発光デバイスを開発した。同デバイスを光がん治療に応用し、マウス体内の腫瘍を消失させることに成功した。(2018/8/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.