• 関連の記事

「USB Type-C」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「USB Type-C」に関する情報が集まったページです。

AUKEY、PD3.0対応USB充電器、ナイロン編みUSB Type-Cケーブルを最大30%オフで販売
AUKEYは、PD3.0対応USB充電器「PA-F2」とナイロン編みUSB Type-Cケーブル「CB-CD5」の2〜30%オフセールをAmazonで開催。期間は5月28日から6月1日まで。(2020/5/28)

実機で比べないと分からない!:
iPad/iPad Air/iPad Proを10のポイントで比較した
Appleのタブレット「iPad Pro」「iPad」「iPad Air」シリーズだが、各モデルとも似ているようで全く違う部分もある。今回は10の視点でチェックした。(2020/5/28)

8コア16スレッドの新星:
Ryzen Mobile 4000シリーズ搭載PC「ROG Zephyrus G14」でゲームをやりこんで分かったこと
ASUS JAPANの14型ゲーミングノートPCに、AMDの新モバイルプロセッサ「AMD Ryzen 4000」シリーズを搭載した「ROG Zephyrus G14」が登場した。ユニークな機能を備えた本シリーズの最上位モデルをチェックする。(2020/5/27)

6カ月間は月額2980円、“無制限”をうたう「ZEUS WiFi」はどれだけ快適に使える?
新型コロナウイルスの影響もあり増えていくと思われるリモートワーク。そのときに選ぶべき安価なモバイルWi-Fiルーターサービスはどれだろうか?(2020/5/27)

モバイル「ThinkPad X」に2020年モデル登場 Wi-Fi 6対応無線LANを搭載
レノボ・ジャパンが、ThinkPadの2020年モデルを一挙に発表。5月29日から順次発売される。この記事では、モバイルの「Xシリーズ」の新製品を簡単に紹介する。(2020/5/26)

いろいろなデバイスでThinkPadの快適タイプを実現! 「ThinkPad トラックポイント キーボード II」に感激した
ThinkPadのキーボードユニットを切り出した外付けキーボードが、約7年ぶりにモデルチェンジした。発売に先立って、その打ちごこちを試してみたのでここに報告する。(2020/5/26)

Bluetooth+USBドングルで使える:
「ThinkPad TrackPoint Keyboard II」が日本上陸 日本語配列と米国英語配列を選べて1枚1万4500円
CES 2020で発表された「ThinkPad TrackPoint Keyboard II」が、日本でも「ThinkPad トラックポイント キーボード II」として発売される。日本語配列か米国英語配列を選択可能で、USBドングルによる独自無線接続を併用することで最大2台のデバイスで使えることが特徴だ。(2020/5/26)

ハイパフォーマンス「ThinkPad T」に2020年モデル 第10世代CoreモデルはThunderbolt 3対応
レノボ・ジャパンが、ThinkPadの2020年モデルを一挙に発表。5月29日から順次発売される。この記事では、ハイパフォーマンスの「Tシリーズ」の新製品を簡単に紹介する。(2020/5/26)

メインストリーム向け「ThinkPad L」「ThinkPad E」に新モデル 第10世代Coreまたは第3世代Ryzen Mobileを搭載
レノボ・ジャパンが、ThinkPadの2020年モデルを一挙に発表。5月29日から順次発売される。この記事では、メインストリームの「Lシリーズ」と「Eシリーズ」の新製品を簡単に紹介する。(2020/5/26)

MSI、165Hz駆動に対応した湾曲デザインのゲーミング27型液晶ディスプレイ
エムエスアイコンピュータージャパンは、高リフレッシュレート表示をサポートしたゲーミング27型液晶ディスプレイを発売する。(2020/5/21)

エイサー、Wi-Fi 6にも対応した15.6型ノート「Aspire 5」新モデルなど3製品
日本エイサーは、15.6型フルHD液晶を搭載したスタンダード15.6型ノートPC「Aspire 3」「Aspire 5」の新モデル計3製品を発表した。(2020/5/21)

テックワン、バッテリー内蔵型の15.6型モバイルディスプレイ「PD01」
テックワンは、バッテリー内蔵型の15.6型モバイルディスプレイ「PD01」を発表した。(2020/5/21)

ロジクール、テレワーク利用にも向くビジネス向けUSB有線ヘッドセット
ロジクールは、ビジネス向けのUSB有線接続型ヘッドセット「ロジクール Zone Wired」を発売する。(2020/5/21)

Intelの10コア20スレッドCore i9+Z490:
第10世代Core×Quadro RTX 4000のパワーはいかに? マウスのクリエイター向けPCを試す
Intelが投入したデスクトップPC向け第10世代Coreプロセッサ(Comet Lake)と、Intel Z490チップセットを搭載したPCが続々と登場している。その中から、マウスコンピューターのクリエイター向けモデル「DAIV Z7-QR4」を取り上げる。新モデルの性能はどの程度のものなのだろうか。(2020/5/21)

auの5Gフラグシップ機「OPPO Find X2 Pro」の実力は? カメラやパフォーマンスを検証
auが始めて取り扱うOPPOのスマートフォン「Find X2 Pro」が7月以降に発売される。「Find X」のように目を引くギミックがあるわけではないが、カメラ性能がセールスポイントだ。試作機をOPPOから借りて使うことができたので、ファーストインプレッションをお届けしたい。(2020/5/19)

最大4台のApple製品をワイヤレスで同時充電できるモバイルバッテリー「Air Ally」
ロア・インターナショナルは、iPhone、Apple Watch、AirPodsをワイヤレスで同時充電できるモバイルバッテリー「AirAlly」を発売。容量は1万mAhで、最大18Wでの急速充電が可能なUSB PDに対応する。(2020/5/18)

ASUS、第8世代Core i5/i7を搭載した手乗りサイズのミニベアボーンPC
ASUS JAPANは、手のひら大サイズの小型筐体を採用したミニベアボーンPCキット計2製品を発表した。(2020/5/18)

スマートグラス「NrealLight」の開発者向けキット予約開始
中国Nrealが、スマートグラス「NrealLight」の開発者向けキットを12万9500円(税込)で予約販売開始。出荷は7月以降の予定。(2020/5/18)

14型で約870gのビジネスPC:
ASUS本気の新世代軽量モバイルPC「ASUS ExpertBook B9450」の実力を検証!
ASUSTeKからビジネスユーザー向けの「ASUS ExpertBook B9450」が登場した。14型と大きめの画面と最軽量時870gという超軽量ボディーを両立している点が特徴だ。その実力を早速検証しよう。(2020/5/18)

モバイルディスプレイの道:
USB Type-C専用モバイルディスプレイ、ASUS「ZenScreen MB16ACE」を試す
PCやスマートフォンだけでなく、さまざまな周辺機器を展開しているASUS JAPAN。同社のモバイルディスプレイ「ZenScreen MB16ACE」をチェックした。(2020/5/15)

音楽再生と充電が同時に行えるUSB Type-C対応アダプター ベルキンから
ベルキンは5月29日、USB Type-C対応端末用の二股分岐アダプター「CONNECT USB-Cオーディオ+充電アダプタ」を発売する。iPad ProやAndroidスマートフォンを充電しながら、有線ヘッドフォンやイヤフォンなどで音楽を楽しめる。想定価格は2980円(税別)で、全国の家電量販店やAmazon.co.jpなどが取り扱う(2020/5/14)

MSI、世界初の“ミニLEDディスプレイ”を搭載したクリエイター向けノートPC「Creator 17」
エムエスアイコンピュータージャパンは、DisplayHDR 1000にも対応したクリエイター向けノートPC「Creator 17」など3製品を発表した。(2020/5/14)

Amazon、新型タブレット「Fire HD 8/8 Plus」発表 ワイヤレス充電やUSB-Cに対応 9980円から
Amazon.co.jpが自社製のタブレット「Fire HD 8」の新モデルを発表した。6月3日に出荷を始める。(2020/5/13)

エレコム、データ復旧サービス付きのUSB 3.2外付けポータブルSSD
エレコムは、USB 3.2接続に対応したポータブルSSD「ESD-EFR」シリーズを発表した。(2020/5/12)

2画面あると動画視聴やテレビ会議がはかどる 「LG V60 ThinQ 5G」は在宅生活にオススメ
大手キャリアが5G対応スマホのなかでも、最も“5Gらしい”スマホといえるのが「LG V60 ThinQ 5G」ではないだろうか。付属の「LG デュアルスクリーン」と呼ぶケースを装着すれば、2画面スマホとして利用できる。6.8型の大画面の薄型ハイエンドスマホと、2画面折りたたみスマホという2つのスタイルを使い分けられる本機をレビューした。(2020/5/12)

テレワークもゲームも存分に楽しめるポータブルSSD「BarraCuda Fast SSD」を試す
SSDの価格下落を受けて、ポータブルSSDの選択肢もかなり増えてきた。日本シーゲイトの外付けSSD「BarraCuda Fast SSD」はどのような位置づけの製品なのか。実際に試してみた。(2020/5/12)

古田雄介のアキバPick UP!:
新ソケット「LGA1200」搭載Z490マザーの予約がスタート! ただし、対応CPUの予約はまだ
5月20日に発売が予定されているIntel Z490チップセット搭載マザーボードの予約受付が、一部ショップでスタートしている。対応する新型Core iシリーズの存在感も高まっているが、果たして評判は?(2020/5/11)

PD3.0/QC3.0対応の2ポート充電アダプタ「PDQC18W」発売 クーポン利用で999円(税込み)に
CIOは、5月8日からPD3.0/QC3.0に対応した2ポート充電アダプタ「PDQC18W」の期間限定セールを開催。クーポンコードを使用すると、5月14日まで409円オフの999円(税込み)で購入できる。(2020/5/8)

ASUS、DisplayHDR 400にも対応したクリエイター向け24型液晶ディスプレイ
ASUS JAPANは、正確な色表現を実現するクリエイター向け24型液晶ディスプレイ「ProArt PA24AC」を発売する。(2020/5/8)

恐るべき「Ryzen 9 4900HS」のポテンシャル ASUS「ROG ZEPHYRUS G14(GA401I)」を試す
新型コロナウイルス(COVID-19)の影に隠れているが、3月中旬にAMDから発表された「Ryzen Mobile 4000シリーズ」は、ノートPCの勢力図を大きく変えるポテンシャルを持つ、注目すべき存在だ。この記事では、ASUSのゲーミングノートPC「ROG ZEPHYRUS G14(GA401I)」を通して「Ryzen 9 4900HS」の実力をチェックする。(2020/5/7)

Microsoftが発表した6つのSurfaceブランド製品まとめ 日本でも5月と6月に発売
MicrosoftがSurfaceブランドのノートPCやイヤフォン、ヘッドフォンなどの新モデルを発表。新型コロナウイルスの影響で発表イベントは開催しなかったが、ほとんどの製品は5月あるいは6月に日本でも発売する。(2020/5/7)

Microsoft、399ドル(日本では税込み6万5780円〜)の「Surface Go 2」と第10世代Core搭載の「Surface Book 3」を発表
Microsoftが小型2in1 PCの新モデル「Surface Go 2」と、パワフルな「Surface Book 3」を投入する。(2020/5/7)

キーボードやマウスも:
Microsoftがワイヤレスヘッドフォンやドッキングステーションの新モデルを投入
Microsoftが5月6日(現地時間)、Surfaceシリーズの新モデル発表と同時に、ワイヤレスヘッドフォンやドッキングステーションなどの周辺機器新モデルを投入する。(2020/5/7)

シザーキーボードが復活:
13.3型「MacBook Pro」がモデルチェンジ CPUは「第8世代」か「第10世代」から選択可能
MacBook Airに続いて、13インチMacBook Proが2020年モデルに移行する。新しいキーボードを搭載したことで操作性を改善した他、マルチメディア能力をさらに向上した第10世代Coreプロセッサを搭載するモデルも選択できるようにした。(2020/5/4)

ビューティーピンクも予約開始:
テックワン、Core i7を搭載した超小型PC「OneMix3 Pro プラチナエディション」を量販店で販売開始
3月から予約が行われたONE-NETBOOK製ミニノートPC「OneMix3 Pro プラチナエディション」と「OneMix3S+」が、量販店での販売がスタートした。また、エントリーモデルの「OneMix 3S+ ビューティーピンク」の予約も始まった。(2020/5/2)

ワコムスタイラスが使えるAndroidタブレット「BOOX Nova2」
Android 9を搭載する7.8型のE-Inkパネルを搭載したタブレット「BOOX Nova2」が登場。市場想定価格は3万9800円前後。(2020/5/1)

MSIが「フルスペックなエントリー」ゲーミングノートPCを発売 第10世代Core i7とGeForce GTX 1650 Max-Q搭載
MSIが、エントリーゲーミングノートPCの新製品を発表した。256GB SSDと1TB HDDのハイブリッドストレージ構成で、標準構成でもさまざまな作業を快適にこなせることが特徴だ。(2020/4/30)

オンライン授業にも好適:
天空が税込み2万6950円のテレワーク向け小型ノートPCを投入
超小型PC「GPD」シリーズでおなじみの天空が、同社初のオリジナルノートPC「TENKU Confortbook S11」をAmazon.co.jp限定で発売する。(2020/4/30)

短期連載「Airと私(2020)」第4回:
端子が足りない? 「MacBook Air(2020)」のUSB戦略を考える
新しくなった「MacBook Air」の店頭販売上位モデルをレビューしていく連載。第4回は、2基しかないUSB Type-C(Thunderbolt 3)端子の使い方を考えてみます。(2020/4/30)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
音声アシスタント「Cortana」と連携する「LAVIE VEGA」を試して分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、音声アシスタント「Cortana」を活用したNECパーソナルコンピュータのユニークなノートPC「LAVIE VEGA」を紹介する。(2020/4/28)

Google、完全無線イヤフォン「Pixel Buds」を179ドル(約2万円)で発売
Googleが昨年10月に発表した完全無線イヤフォン「Pixel Buds」を米国で179ドル(約2万円)で発売した。日本を含む他の国では向こう数カ月中に発売する計画だ。バッテリー持続時間はAirPodsと同じ5時間/24時間で、リアルタイム翻訳機能を備える。(2020/4/28)

車載情報機器:
高機能化で熱くなるインフォテインメントシステム、温度をどう監視すべきか
クルマのダッシュボード上に増え続ける電子コンテンツは、直感的で楽しい体験を乗る人に提供する一方で、より多く、エネルギーを消費し、熱を発します。(2020/4/30)

PR:5G時代の幕開けにふさわしいスマートフォン 「AQUOS R5G」を使い倒してみた
「5G」の商用サービス開始に合わせて、シャープはいち早く対応スマートフォン「AQUOS R5G」を投入した。8K動画を撮影できるカメラや6.5型IGZOディスプレイを搭載するなど、5G環境での実力をいかんなく発揮できるモデルに仕上がっている。(2020/4/27)

EE Exclusive:
Huawei対Xiaomi 中国モバイル黄金期 勝者2社の対照的な戦略
中国のモバイルビジネスが黄金期だった2005年から2014年を生き抜いたのは、ほんの一握りのスマートフォンメーカーだ。その中でも対照的なHuaweiとXiaomiの戦略を振り返る。(2020/4/30)

ドン・キホーテ、税別1万9800円のAtom搭載2in1ミニノートPC
ドン・キホーテは、タブレットスタイルでの利用にも対応したエントリー仕様の2in1ミニノートPC「NANOTE」を発表した。(2020/4/27)

ビューソニック、Type-C接続対応の27型WQHD液晶ディスプレイ
ビューソニックジャパンは、WQHD表示に対応した27型ワイド液晶ディスプレイ「VX2785-2K-MHDU」を発売する。(2020/4/23)

ベンキュー、独自の“HDRi”表示機能を備えたエンタメ向け液晶ディスプレイ3製品
ベンキュージャパンは、独自の“HDRiテクノロジー”を搭載した液晶ディスプレイ計3製品を発表した。(2020/4/22)

アーク、第10世代Core i3搭載のミニデスクトップPCを発売 先着20台限定で1万円引き
パソコンショップアークは、第10世代Core i3プロセッサを搭載した小型デスクトップPC「BX-INUC-10i3H」を発表した。(2020/4/22)

モトローラがSIMフリースマホ「moto g8」シリーズ2機種を発表 2万〜3万円台で5月4日発売
モトローラのミドルレンジスマートフォン「moto g」ファミリーの第8世代モデルが日本に上陸する。一定条件のもとOSのバージョンアップやセキュリティアップデートが保証される「Android Enterprise Recommended」認証を取得しており、個人だけでなく法人用途でも安心できるという。【更新】(2020/4/21)

ノートPCとしても魅力的なチョイス 「11インチiPad Pro(第2世代)」を使ってみた
新しい「iPad Pro」が発売された。第2世代となったコンパクトな11型モデルを実際に使ってみて、思う所をまとめる。(2020/4/21)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.