「大学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!大学・短大→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で大学・短大関連の質問をチェック
質問!大学院→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で大学院関連の質問をチェック
「大学生」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

関連キーワード

コンピュータで“錯視”の謎に迫る:
同じ色でも濃淡が違って見える不思議な絵 “エッジ”が生み出す錯視、あなたはどう見える?
早稲田大学・新井仁之教授が解説する錯視の世界。第11回では“エッジ”が引き起こす、色の錯視を紹介します。(2019/2/15)

「レプリケーター」実現? 物体を一気に作る新3Dプリンタ、UCバークレーなど開発
感光性の材料に光を当てることでさまざまな形の物体を一気に作製できる新方式の3Dプリンターを、米カリフォルニア大学バークレー校などの研究チームが開発し、米科学誌サイエンスに発表した。米SFドラマ「スター・トレック」に登場する複製装置になぞらえ、「レプリケーター」という愛称を付けた。(2019/2/14)

非言語情報も分かる:
顔データを含んだコミュニケーション解析に役立つ、コーパスをNEDOと東京電機大が公開
NEDOと東京電機大学は、グループコミュニケーション時の人の表情などの映像や音声、各種センサーによる体の動きなどの情報を基にコーパスを作成した。機械学習を用いた行動認識システムの学習データや、会話分析などに活用できる。(2019/2/14)

前田建設と高知工科大が包括的連携協定を締結、大学内のICI分室とテレビ会議システムで共同研究
前田建設工業と高知工科大学は、社会的課題の解決や社会インフラ分野における科学技術の振興と発展に寄与することを目的とした包括的連携協定を締結した。(2019/2/14)

低電力磁気メモリ応用へ期待:
東工大ら、室温で電場による磁化反転を実証
東京工業大学らの研究グループは、強磁性と強誘電性が共存するセラミック結晶について、室温で電場による磁石の極性を反転(磁化反転)させることに成功した。次世代磁気メモリの実現に弾みをつける。(2019/2/13)

医療技術ニュース:
クチナシ由来の色素成分が近視進行を抑制する可能性
慶應義塾大学は、クチナシ由来の色素成分「クロセチン」に、近視の進行抑制に関連する遺伝子の1つ「EGR-1」の発現量を増やす効果があることなどを確認した。(2019/2/12)

魚も「鏡に映る自分」認識できた 「驚きの発見」大阪市立大
ホンソメワケベラという魚は、鏡に映った姿を自分だと認識できる――大阪市立大学の研究チームが、そんな研究結果を発表した。同様の能力は、魚類では初めて確認したという。(2019/2/8)

医療技術ニュース:
緑内障手術練習用の眼球モデルを開発
名古屋大学、東京大学、三井化学は共同で、ヒトの強膜の感触を再現した緑内障手術練習用眼球モデルを開発した。眼科手術の基本かつ高度な手技である強膜の薄切りや縫合を、実際の手術と同様の感触で練習できる。(2019/2/8)

ホワイトペーパー:
「SSD」の寿命を縮め、データ破壊を引き起こす脆弱性とは?
「SSD」の気になる脆弱性が、大学の研究で明らかになった。悪用されるとデータの破損や改ざんにつながる恐れがあるという。どのような脆弱性なのか。恐れる必要はあるのか。(2019/2/8)

蓄電・発電機器:
使えなかった“赤外域の太陽光”で水素製造、京大らが世界記録の新触媒
地上に届くものの、これまでエネルギーとしての利用が難しかった波長の長い赤外域の太陽光。京都大学らの研究グループがこの赤外域の太陽光で水素を製造できる新しい触媒を開発した。革新的なエネルギー材料の開発につながる期待があるという。(2019/2/6)

医療機器ニュース:
マイクロニードル型「貼るだけ」人工膵臓のプロトタイプを開発
名古屋大学は、エレクトロニクス制御フリー、タンパク質フリー、ナノ粒子フリーのマイクロニードル型「貼るだけ」人工膵臓のプロトタイプを開発した。(2019/2/6)

攻撃者をシステムの隔離領域に誘導:
データやリソースを盗む攻撃への新たな対策を考案、ミズーリ大
米国ミズーリ大学工学部などの研究チームが、データ窃盗(APT)やリソース窃盗(APM)といった標的型攻撃に対抗する新手法を考案した。APTへの対応とAPMへの対応はほぼ正反対になっている。(2019/2/5)

医療技術ニュース:
インフルエンザウイルスを1個レベルで認識するナノバイオデバイスを開発
大阪大学は、ナノポアセンサーとペプチド工学を融合させ、インフルエンザウイルスを1個レベルで認識可能なナノバイオデバイスの開発に成功した。(2019/2/4)

1ドル=100円をうかがう展開に:
減速局面に入る世界経済 円高ドル安基調の日本への影響は……
2018年は世界経済全体は前年同様3.7%の成長を達成したと予測されている。特に先進国は米国経済の好調もあって2.4%と順調に景気回復を続けている(17年2.3%、16年1.7%)。ただ、米中貿易摩擦の継続、原油価格の下落などもあって、先進国経済は今後、減速すると予測されている。(青山学院大学特別招聘教授・榊原英資)(2019/2/1)

医療技術ニュース:
心電図から心臓カテーテル治療の要否を瞬時に判断するAI技術
慶應義塾大学は、AIを応用して、1枚の心電図から、その患者にカテーテル治療が必要かどうかを80%以上の精度で瞬時に判定する技術を開発した。救急外来における心筋梗塞などの治療の早期化、効率化に貢献する。(2019/2/1)

匿名の健康データを個人とひも付け可能:
AIの進化で健康データのプライバシーリスクが増大、カリフォルニア大学
カリフォルニア大学バークレー校の研究によれば、AIの進化が健康データのプライバシーに対して新たな脅威をもたらしていることが分かった。匿名の健康データを個人とひも付けられてしまう。SNSなどを通じて大規模な健康情報データを作成可能になる。(2019/1/30)

あと10年我慢すれば……:
中国、対米経済戦争は持久戦の構え 「金で片付けられる」
北京で中国外務省や大学、シンクタンクの研究者などと懇談する機会があった。もちろん話題の中心は「米中経済戦争」だったが、ともかく中国側は正面衝突をさけ、譲れるものは譲っていくとの姿勢がはっきりしていた。あと10年間なんとか我慢すれば、中国の国内総生産(GDP)は米国の130%に達し、米国も中国の存在を認めざるを得なくなる、との言葉が印象的だった。(拓殖大学名誉教授・藤村幸義)(2019/1/30)

医療機器ニュース:
微細手術に適用可能な低侵襲手術支援ロボットを開発
東京大学は、複数の大学や企業とともに、脳神経外科などの微細手術にも適用できる低侵襲手術支援ロボット「スマートアーム」を開発した。経鼻内視鏡手術のような高度で困難な手術に、手術支援ロボットが適用される可能性が広がる。(2019/1/30)

Web出願システムから「UCARO」へ
青山学院大学が「出願から入学手続きまで丸ごとIT化」した理由
青山学院大学は大学入試業務の効率化を進めるべく、出願から入学手続きまでの一連のプロセスをIT化した。その理由とは何か。具体的なメリットは。同校入試課の鈴木博貴氏に聞いた。(2019/1/30)

CADニュース:
1000以上のパーツで頭部の解剖学的構造を精巧に再現した3D CGモデルを無償提供
東京大学は、ヒトの頭部を精巧に再現した3D CGモデルを開発し、専用のWebページで無償提供を開始した。コンピュータグラフィックス技術を用いた3D CGモデルにより、脳神経外科医の解剖学的知識を可視化した。(2019/1/29)

一切投稿しなくても内容を予測できる:
「SNS上のプライバシーは自分だけでは守れない」、バーモント大学の研究
バーモント大学とアデレード大学の研究チームによれば、ソーシャルメディアにおけるプライバシーは個人では守ることができず、周囲の人の発言に左右されてしまうことが分かった。(2019/1/29)

派手、悪趣味……:
大阪メトロの改装駅デザイン案、反対署名は約1万9500筆 今後の展開は?
大阪市内の地下鉄などを運営する「大阪メトロ」が発表した御堂筋線と中央線の改装デザイン案に、インターネット上などで否定的な意見が相次いでいる。大学教授らが発起人となった反対署名は数日間で約1万9500筆が集まる一方、ネット上では「夢があっていいと思う」と肯定的な意見もあり、大阪メトロは「賛成と反対の意見を参考にデザイン案をブラッシュアップしたい」としている。(小松大騎)(2019/1/29)

エコカー技術:
熱効率50%に達するクルマのエンジン、オールジャパンの研究が支える
クルマ用エンジンで大きな進歩が生まれた。戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の「革新的燃焼技術」研究グループは、正味最高熱効率が50%を上回るガソリンエンジンとディーゼルエンジンを実現する研究成果を得たと発表した。この成果は、複数の大学と企業が相互に連携するオールジャパンの「産産学学連携体制」によるものだ。(2019/1/28)

医療技術ニュース:
ヒスタミンが忘れた記憶を復活させることを発見
北海道大学は、脳内のヒスタミン神経系を刺激する薬物を投与すると、忘れた記憶をスムーズに思い出せるようになることを明らかにした。(2019/1/28)

パナソニックがロボット技術の共創拠点「Robotics Hub」設立
パナソニックがロボティクス分野の共創を進める「Robotics Hub」を東京と大阪に設立した。6つの大学と共同研究を進め、サービスロボットなど次世代ロボットの早期実用化を目指す。(2019/1/25)

医療技術ニュース:
がんが高齢者に好発するメカニズムの一端を解明、飲酒喫煙が強く促進
京都大学は、一見正常な食道に生じている遺伝子変異を遺伝子解析技術を用いて解析することで、がんが高齢者で好発するメカニズムの一端を解明した。また、高度の飲酒・喫煙歴のある人では、その過程が強く促進されることを明らかにした。(2019/1/25)

DMM.makeの中の人に聞く「IoTとスキル」(7):
工業高校出たら就職、辞めて自動車整備士学校と大学に、そしてメカ設計者へ
IoTを業務に活用したい人たちをサポートしている、DMM.make AKIBA のスタッフのインタビュー。4人目に登場いただくのは、テックスタッフとして活躍している椎谷達大氏。(2019/1/25)

医療機器ニュース:
柔らかいナノメッシュセンサーで、拍動する心筋シートの表面電位を計測
東京大学は、細胞と同様の柔らかさを持つナノメッシュを電極としたセンサーを開発した。これをヒトiPS細胞由来心筋細胞シートにじかに接触させ、拍動を阻害せずに、表面電位を長時間安定して計測した。(2019/1/24)

Googleの「BBR」よりも高性能:
携帯電話ネットワークの混雑を軽減する「ExLL」プロトコルを開発、蔚山科学技術大
韓国の蔚山科学技術大学校の研究チームが、携帯電話ネットワークの混雑を軽減する超低遅延輻輳制御プロトコル「ExLL」を開発した。Googleの「BBR」よりも高性能だという。(2019/1/22)

コンクリート技術:
産廃の“戻りコン”を再生する環境コンクリ、「藤沢公民館建設」に6000m3適用され藤沢市内の廃棄量600tも削減!
鹿島建設、三和石産、東海大学が共同で開発した環境配慮型コンクリート「エコクリートR3」が、神奈川県・藤沢市で建設が進む複合施設建設工事の建物躯体に6000m3適用された。産廃となるしかない施工で使用できない生コンを再利用するため、藤沢市内で発生する生コンの廃棄量を約600t削減することにつながるという。(2019/1/21)

医療技術ニュース:
数理モデルを用いて、ヒト皮膚並みの厚みを持つ3次元培養表皮を構築
北海道大学は、数理モデルとそのコンピュータシミュレーション結果を模倣した培養容器を用いて、高機能3次元表皮の構築に成功した。ヒト皮膚の表皮並みに厚く、高い角層バリア機能を備えた高機能表皮となる。(2019/1/18)

「AI」が必修科目に 金沢工大の全学部で2020年度から
金沢工業大学がAI(人工知能)について学ぶ科目「AI基礎」を2019年度に開講し、2020年度からは全学部学科で1年次の必修科目にすると発表した。(2019/1/17)

ホンダ・トヨタもトップ10入り:
19年版「社長が注目する会社」、ZOZOや日産など上位に 1位は投資会社の性格強める……
産業能率大学が「社長が注目する会社」ランキングを発表。前澤友作社長の“プレゼント企画”で話題のZOZOや、ゴーン前会長の逮捕でビジネス界に衝撃を与えた日産が上位に入った。1位になったのは……(2019/1/16)

都市部の駐車場不足を解決か?:
ドライバーの“入札”で路上駐車料金を調整するアルゴリズム、テルアビブ大が開発
イスラエルのテルアビブ大学は、世界の都市で問題になっている駐車場不足に焦点を当てた研究を発表した。路上に駐車する際、ドライバーの“入札”に役立つ駐車アルゴリズムが、問題を解消する可能性があるという。(2019/1/16)

組み込み採用事例:
船舶の自動化に向け、「3D-LiDAR」技術搭載の自動運航船を開発へ
パイオニアと東京海洋大学は、船舶の自動化に向けて、MEMSミラー方式の小型センサー「3D-LiDAR」を活用した共同研究契約を締結した。人為的要因による海難事故を抑止し、海運事業の労働環境の改善、生産性向上を目指す。(2019/1/15)

サーミスターを半導体工程で作る:
FLOSFIA、「成膜」で高品質セラミックスを合成
京都大学発のベンチャー企業であるFLOSFIA(フロスフィア)は、独自の成膜技術「ミストドライ法」を用いて、高品質のセラミックスを合成することに成功した。(2019/1/11)

医療技術ニュース:
脳からの神経信号が肝臓の再生を促す仕組みを解明
東北大学は、肝臓傷害時に、脳からの神経信号が緊急に肝臓再生を促す仕組みを解明した。また、重症肝臓傷害の際に、この仕組みを促すことで、生存率を回復させることに成功した。(2019/1/11)

週刊SPA!「多くの女性を傷つけてしまった」と謝罪 5大学から抗議を受け
編集長・発行人名義で謝罪しました。(2019/1/10)

医療機器ニュース:
AI搭載の内視鏡診断支援ソフトウェアがクラスIII・高度管理医療機器に承認
昭和大学は、AI(人工知能)内視鏡画像診断支援ソフトウェア「EndoBRAIN」が、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器等法)」に基づき、クラスIII・高度管理医療機器の承認を得たと発表した。(2019/1/10)

人手不足解消につながるか:
ASEANの優秀な学生を確保 インターンで就職喚起が奏功
東南アジア諸国連合(ASEAN)地域の産業人材を育成する国のプログラムに注目が集まっている。進出した日系企業が協力し、現地大学に寄付講座を開設しインターンシップ(就業体験)などを通じ進出先への就職意欲を喚起したり、現地での新たな事業展開のきっかけにする企業が増えている。生産年齢人口の減少による構造的な人手不足に直面する日本企業は、改正出入国管理法の新在留資格が外国人受け入れの拡大につながると期待する一方、自ら海外に高度人材獲得の橋頭堡(きょうとうほ)づくりを始めている。(2019/1/9)

医療機器ニュース:
高温超電導電磁石の機能を実証、粒子線がん治療装置の小型化・省エネ化へ
京都大学は、液体ヘリウムを使わずにコイルを冷却する加速器応用に向けた高温超電導電磁石を開発し、重粒子線がん治療装置(HIMAC)を用いて、その機能実証に成功した。(2019/1/9)

危険な労働環境の企業も:
厚労省“ブラック企業リスト”更新 1000万円規模の賃金未払いで「大学発ベンチャー」など追加
厚生労働省が17年5月から公表している“ブラック企業リスト”を更新。大学発ベンチャーを中心に、大規模な賃金未払いが発覚した企業や、危険な環境下で労働者を働かせた企業が追加された。(2019/1/7)

汎用AIへの道:
人間のように学習して物体を特定、UCLAが視覚システムを開発
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)サミュエリ工学部とスタンフォード大学の研究者のチームが、視覚システムを開発した。見たものが実際には何なのか、人間が学習するのと同じ方法で学ぶという特徴がある。(2019/1/8)

被害に遭いやすいのは誰?:
「自己管理の甘さはサイバー犯罪被害につながりやすい」――ミシガン州立大学研究チーム
ミシガン州立大学の研究チームは、約6000人の協力を得てサイバー犯罪に関する調査研究を行い、自己管理に甘い兆候がある人が、マルウェア攻撃に遭いやすいことを明らかにした。(2019/1/7)

週刊SPA!「ヤレる女子大学生RANKING」記事に反対署名1万7000件  「日本の恥さらし」と怒りの声も
2年前にも同様の内容で炎上していました。(2019/1/6)

ペプシコ、スナックとドリンクの移動販売ロボットを大学キャンパスで提供開始
食品・飲料大手のPepsiCoが、大学のキャンパス内でスナックやドリンクを移動販売するロボットをパシフィック大学で運用開始した。アプリで注文すると最寄りの配達場所にロボットが届けてくれる。(2019/1/6)

医療技術ニュース:
肥満を抑制する原因遺伝子として「Ly75」を同定
名古屋大学は、肥満を抑制する遺伝子「Ly75(Lymphocyte antigen 75)」を同定した。また、Ly75の遺伝子型とmRNA発現量、白色脂肪組織重量との間には因果関係があることを明らかにした。(2019/1/4)

AI人材確保へ博士号取得者に「特別枠」 NTT西日本
NTT西日本の小林社長は、人工知能(AI)分野の人材確保に向け、大学の博士号取得者を採用する新たな枠組みを2020年度採用分から設ける考えを明らかにした。同分野のM&Aの検討も進める。(2018/12/28)

隙が目立つ医療機関:
米医療機関からの個人健康情報の流出、5割以上が内部要因
ミシガン州立大学とジョンズホプキンス大学の最新の調査によると、米国で近年に発生した個人健康情報の流出のうち、医療機関内の問題に起因するものが5割以上を占めた。(2018/12/28)

医療技術ニュース:
AIによる画像認識技術を活用し、がん細胞の種類の判別に成功
大阪大学は、AI(人工知能)による画像判別技術を活用し、がん細胞の種類を判別することに成功した。人の目では判別困難な微細な差異を検出し、顕微鏡画像に写された細胞の種類を特定可能になった。(2018/12/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.