「ウイルス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ウイルス、ワーム対策製品一覧 − TechTargetジャパン メールセキュリティ
質問!ウィルス対策→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でウィルス対策関連の質問をチェック

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(57):
Windows 10 バージョン1903のWindows Defender新機能──改ざん防止
Windows 10の最新バージョンでは、「Windows Defenderウイルス対策」に「改ざん防止」という新機能が追加されました。「改ざん防止」とはどのようなセキュリティ機能なのか、どういう利点があるのかを紹介します。(2019/9/17)

半径300メートルのIT:
令和時代のセキュリティ対策、これからの「お金のかけどころ」は?
「ウイルス対策ソフトを入れればセキュリティ対策はOK」……という時代は過去のこと。現在は、既知の脅威や未知の脅威、あるいは故障によるデータ消失から守るなど、複数の安全対策が必要になっています。さらに未来はどうなっているのでしょうか?(2019/9/3)

「さまざまな業界で培った高い経験値」が制御システムセキュリティに効く:
PR:決め手は“経験の差”日立ソリューションズだから分かる制御システムの守り方
「IoT化」によって、これまでインターネットとは無縁だった製造業現場のセキュリティリスクが高まっている。また、機器の整備やアップデートのために利用されるUSBメモリーを介してのウイルス侵入や情報漏洩(ろうえい)も増えている。さまざまなソリューションを活用しつつ、抜けや漏れのない制御システムセキュリティを確保するにはどうしたらいいだろうか。(2019/8/1)

Keysight Worldでデモ展示:
ウイルスの侵入ポイントを探る、車載向けテスト
キーサイト・テクノロジーは2019年7月11日、同社のユーザー向けイベント「Keysight World」で、車載部品向けのサイバー攻撃テストソリューションや、パワー半導体の動特性を評価するアナライザーなどのデモを行った。(2019/7/17)

もしコンピュータウイルスが猫だったら? 「猫型のウイルス」が登場する創作漫画が感染したいかわいさ
平和をもたらすニャンサムウェア。(2019/7/4)

「ウイルス罪」めぐる事件、セキュリティ事業者に余波 「活動の萎縮につながる」「指針が必要」
セキュリティに関する情報を公表したり、交換したりすると、「ウイルス罪」に問われるのではないか――そんな懸念が、セキュリティ解析や知見の共有に取り組むエンジニアの間で広がっている。(2019/6/28)

権利は国民の不断の努力によって保持しなければならない:
被告弁護人と高木浩光氏は何と闘ったのか、そしてエンジニアは警察に逮捕されたらどう闘えばいいのか(Coinhive事件解説 前編)
Coinhive、Wizard Bible、ブラクラ補導――ウイルス作成罪をめぐる摘発が相次ぐ昨今、エンジニアはどのように自身の身を守るべきか、そもそもウイルス作成罪をどのように解釈し、適用すべきか。Coinhive事件の被告人弁護を担当した平野弁護士と証人として証言した高木浩光氏が詳しく解説した。(2019/6/13)

医療技術ニュース:
インフルエンザウイルス感染時の解熱の必要性を細胞レベルで証明
東北大学は、インフルエンザウイルス感染時の発熱に相当する、39〜40℃の高温下における呼吸器細胞の生存率を研究。感染時の治療において、解熱の必要性があると細胞レベルで証明した。(2019/6/11)

神戸地検、「ブラクラ貼った」と書類送検された男性2人を起訴猶予処分に 「ウイルス罪に該当」との認識は変わらず
被害者は“0人”だったというこの事件について、当事者の男性2人を取材しました。(2019/5/29)

トレンドマイクロ、不正アクセスによる情報流出認める ソースコード流出は否定
トレンドマイクロは、同社のテストラボ環境がハッカーによる攻撃を受けてウイルス対策ソフトのソースコードなどが流出したと報じられた問題で、「不正アクセスを受けてデバック用ファイルが流出した」と認めた。ただ、同社が保有するソースコードや顧客情報の漏洩は「確認していない」としている。(2019/5/20)

政府、サイバー攻撃“反撃ウイルス”作成へ 脅威増す「電子戦」に日本の勝機はあるか
目に見えない空間が、防衛の最前線になりつつある。政府は、日本の安全保障を揺るがすようなサイバー攻撃を受けた場合に反撃するため、防衛省でコンピューターウイルスを作成、保有する方針を固めた。周辺国では中国や北朝鮮がサイバー関連の専門部隊を増強するなか、「電子戦」でレーダーやGPSなどが攻撃を受ける脅威は増している。「反撃ウイルス」で勝てるのか。(2019/5/14)

ロシアのクラッカー、米大手ウイルス対策ベンダー3社からソースコードを盗み出す
ロシアのハッキング集団「Fxmsp」が、米国の大手ウイルス対策企業3社からソースコードなどの情報を盗み出したと主張し、30万ドルで売り出している。(2019/5/10)

もしウイルス罪に問われたら、どう身を守る? Coinhive事件の弁護士が解説、YouTubeで全編公開
もしあなたが不正指令電磁的記録の罪に問われたら、どうすればいい?――日本ハッカー協会が4月、技術者向けに開いたセミナーの動画が、YouTubeで全編公開されている。Coinhive事件の弁護を担当し、一審で無罪を勝ち取った弁護士の平野敬さんなどによる講演を視聴できる。(2019/5/7)

「『不正指令電磁的記録の罪』積極的な取り締まりを」警察庁の2月の通達、奈良県警が全文開示
奈良県警がエンジニアのSUGAIさんの情報公開請求に応じ、「不正指令電磁的記録に関する罪」(いわゆるウイルス罪)についての警察庁からの通達を公開。(2019/4/11)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(46):
基本のセキュリティ機能からクラウドベースのリスク評価や自動修復まで、Windows Defenderの知られざる能力
Windows Defenderは、Windows OSに付属する無料のウイルス/マルウェア対策ツールですが、無料だからといって決して簡素なものではありません。必要最小限のセキュリティ対策機能はもちろん、攻撃面を縮小し、攻撃が成功するリスクを軽減させるさまざまな機能も備えています。(2019/4/4)

レノボ・ジャパン株式会社提供Webキャスト
働き方改革のセキュリティリスクを解消、動画で分かる「テレワーク保険」の実力
テレワーク導入の障壁の1つである、情報漏えいなどセキュリティ面でのリスク。PC紛失やウイルス感染などによる事故が減らない現状にあって、ますます必要性が高まっているのが、損害賠償金などを補償する「テレワーク保険」だ。(2019/4/11)

間に合うのか:
官民連携のサイバー攻撃対策……きっかけは「ワナクライ」 五輪前に高まる必要性
政府が、サイバー攻撃に関する情報を官民で共有する新組織「サイバーセキュリティ協議会」を発足させ、情報共有体制の強化に動き出す契機となったのは平成29(2017)年に150カ国以上で感染が確認されたコンピューターウイルス「ワナクライ」の猛威だ。(2019/4/4)

官民連携のサイバー攻撃対策…きっかけは「ワナクライ」 五輪前に高まる必要性
政府が、サイバー攻撃に関する情報を官民で共有する新組織「サイバーセキュリティ協議会」を発足させ、情報共有体制の強化に動き出す契機となったのは平成29年に150カ国以上で感染が確認されたコンピューターウイルス「ワナクライ」の猛威だ。(2019/4/3)

官民連携のサイバー攻撃対策、きっかけは「WannaCry」 五輪前に高まる必要性
政府が、サイバー攻撃に関する情報を官民で共有する新組織「サイバーセキュリティ協議会」を発足させ、情報共有体制の強化に動き出す契機となったのは平成29(2017)年に150カ国以上で感染が確認されたコンピューターウイルス「WannaCry」の猛威だ。(2019/4/3)

偽ウイルスチェックで高額修理サポート売りつけのOffice Depotに2500万ドルの和解金
文具・ビジネス用品大手の米オフィス・デポが、過去10年にわたって顧客に偽のウイルスチェック結果を表示し、必要のないPC修理とサポート加入を勧めたとしてFTCが2500万ドル(約28億円)の和解金を請求した。(2019/3/29)

「ウイルスには該当しない」 Coinhive裁判、無罪判決の理由
Coinhiveを自身のWebサイトに設置し、不正指令電磁的記録保管罪に問われた男性に対し、横浜地裁が無罪を言い渡した。(2019/3/28)

セキュリティ勉強会休止、「攻撃コードの研究発表でも逮捕されかねない」と懸念 いたずらURL事件受け
セキュリティ勉強会「すみだセキュリティ勉強会」が休止。いたずらURL投稿者がウイルス供用未遂の疑いで摘発された事件などで警察に不信感を募らせており、「単なるセキュリティ勉強会ですら、脆弱性の解説や攻撃コードの研究発表を理由に、逮捕事案にしかねない」と懸念したためという。(2019/3/20)

新しいエンドポイント保護の考え方を理解する
「Windows 10にウイルス対策ソフトは不要」は本当か
Windows 10に搭載されているマルウェア対策ソリューション「Windows Defender」に注目が集まっている。既存のセキュリティ製品と肩を並べるOS標準機能があるならば、それだけで対策は問題ない――これは正解でもあり、「大きな誤解」でもある。(2019/3/18)

「ウイルス罪」適用範囲、全都道府県警に開示請求 エンジニアが進ちょく公開、議員に陳情も……いたずらURL事件受け
いたずらURLを掲示板に書き込んだ3人がウイルス供用未遂の疑いで摘発。エンジニアの間で「何がアウトかセーフか分からない」と不安が広がる中、ウイルス罪の適用範囲を明らかにするよう求める情報公開請求を行うエンジニアが現れた。(2019/3/19)

「ブラクラ」補導、不当か妥当か ネットリテラシーと大衆化のジレンマ
アラートが繰り返し表示されるサイトのURLを貼る行為がいわゆる「コンピュータ・ウイルスに関する罪」に当たるのか、中学生への補導が適切だったのか、議論が続いている。ネット上の議論と記者の見解をまとめた。(2019/3/7)

エンドポイントセキュリティ対策の新製品
法人向けウイルスバスターの後継「Apex One」 EDR機能を搭載
トレンドマイクロの「Trend Micro Apex One」は、事前予防(EPP)と事後対処(EDR)の機能を単一製品にまとめた法人向けエンドポイントセキュリティソフトだ。可視化機能や予測技術で差異化を図る。(2019/3/7)

隔離環境でコードを実行
「Windows Defender」のサンドボックス機能とは? メリットとデメリットを説明
Microsoftは「Windows Defenderウイルス対策」にサンドボックスネットワークセキュリティ機能を追加した。この機能はなぜ重要なのか。企業がこの機能を利用する場合のメリットとデメリットとは。(2019/2/14)

医療技術ニュース:
インフルエンザウイルスを1個レベルで認識するナノバイオデバイスを開発
大阪大学は、ナノポアセンサーとペプチド工学を融合させ、インフルエンザウイルスを1個レベルで認識可能なナノバイオデバイスの開発に成功した。(2019/2/4)

サプライチェーン攻撃が新たな脅威に:
IPAが「情報セキュリティ10大脅威 2019」を発表、利用者をだます脅威が台頭
IPAが2019年1月30日に発表した「情報セキュリティ10大脅威 2019」には、利用者をだまして金銭や情報を詐取する脅威が多くランクインした。セキュリティ上の脅威には、必ずしもウイルスなどのマルウェアが関係しているのではないことが分かる。(2019/2/1)

エンドポイント、サーバ、データ、あと一つは
マルウェア被害を最小限に抑えるインシデント対策に必要な4つの要素
ウイルスやスパイウェアなどのマルウェア攻撃は、実際に攻撃を受けたときの内容や規模を予想しづらい。本稿では、未知の要素を取り除き、細部までしっかりと詰めた計画を立てるためのポイントを解説する。(2019/2/1)

車載情報機器:
「ここ左?」「まだ直進です」とナビが即答、音声エージェントへの呼びかけは不要に
三菱電機は2019年1月22日、東京都内で記者説明会を開き、同社の情報技術総合研究所が手掛ける車載セキュリティやHMI(ヒューマンマシンインタフェース)の技術を発表した。車載セキュリティの新技術はウイルスの種類ではなく侵入の手口に着目して攻撃を検知する点が特徴だ。HMIは、視線の向きに合わせて的確に警告を発し、音声認識機能の煩わしさを低減する。いずれの技術も、クラウドと連携せず、組み込みで効果を発揮する点を強みとする。(2019/1/23)

「思ったほど検出しない」となった企業も:
PR:EDR導入でも失敗して泣かないための、エンドポイントセキュリティを超えた考え方とは
旧来のシグネチャベースのアンチウイルス製品では近年猛威を振るうランサムウェアなどを検出できないようになってきた。そのため現在は、新しいエンドポイントセキュリティ製品として「EDR」(Endpoint Detection and Response:エンドポイントの検出と対応)が大きな注目を集めている。だが、導入したもののうまくいかないケースは少なくない。その理由とは何なのか。(2018/12/28)

ITりてらしぃのすゝめ:
Apple「T2チップ」の意義 OS起動で動くマルウェアの怖さ
マルウェアにはアンチウイルスプログラムで対抗すれば良いが、OS起動時に動作するマルウェアが現れたら、われわれはそれをどう検知すれば良いのだろうか。(2018/11/28)

今さら聞けない「セキュリティ基礎の基礎」(2):
ウイルス対策ソフトだけではマルウェアを防げない理由
ウイルス対策ソフトとはどのように脅威を検知しているのか? ウイルス対策ソフトだけではマルウェアに対処しきれない理由とは何か?(2018/11/21)

Windows 10のセキュリティ向上に貢献
無償「Windows Defenderウイルス対策」がサンドボックス化 何がうれしいのか?
Microsoftはマルウェア対策機能「Windows Defenderウイルス対策」をサンドボックスで動作できるようにする。「Windows 10」のセキュリティ対策にどのような影響をもたらすのか。(2018/11/20)

山市良のうぃんどうず日記(140):
未承認のワクチンですけど試してみませんか?――Windows Defenderのサンドボックス化の話
Windows 10に組み込みのウイルス対策機能「Windows Defender Antivirus」では、新たに“サンドボックス化”が計画され、開発が進められていることが公表されました。Windows 10 バージョン1703以降なら既に試せるようになっています。でも、ちょっと待ってください。(2018/11/13)

Google Chrome完全ガイド:
Google Chromeで不正なプログラムを検索して削除する
Windows OS版Google Chromeにはウイルスやマルウェアなどの不正なプログラムを検索・削除する機能が標準で備わっています。その使い方や位置付けを説明します。(2018/10/31)

医療機器ニュース:
インフルエンザの陽性陰性を約5秒で判定する診断用医療機器
デンカ生研は、インフルエンザウイルス検査キット「クイックナビ−Flu2」専用の光学密度測定分析装置「クイックナビリーダー」を発売した。検査キットのテストラインなどを読み取り、約5秒で結果を表示する。(2018/10/26)

Tech TIPS:
Windows 10のユーザーアカウント制御(UAC)を一時的に無効にする
UACは不適切な操作やウイルスなどから、システムの乗っ取りや破壊を防ぐ重要な機能だ。しかし、この機能の影響でアプリケーションがインストールできないこともある。このような場合、セキュリティ上のリスクを十分検討した上で、一時的にUACを無効化するとよい。その方法を紹介する。(2018/10/25)

医療機器ニュース:
3分で陽性判定が可能なインフルエンザ迅速検査システム
キヤノンメディカルシステムズは、インフルエンザ迅速検査システム「Rapiim」に最短3分で陽性判定できる機能を追加した。8分で最終判定する従来機能に加え、ウイルス量が多い場合は最短3分で陽性判定ができる。(2018/10/11)

@ITセキュリティセミナー2018.6-7:
プロセスの相関関係から悪意ある攻撃を暴くEDR製品――Carbon Black
@ITは2018年6月22日、東京で「@ITセキュリティセミナー」を開催した。本稿では、NTTテクノクロス、ネットワークバリューコンポネンツ、カーボン・ブラック・ジャパンの講演「今、社員が狙われている! 次世代エンドポイントセキュリティで学ぶ情報漏えい対策〜次世代アンチウイルスとEDRで救済せよ〜」の内容をお伝えする。(2018/10/9)

ヒアリ、ウイルス感染で「拒食症」に 駆除へ応用も
体調が優れないときには食欲がなく、脂っこいものより炭水化物を食べるのは、人間もヒアリも同じらしい。(2018/10/2)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:「Windowsよりマシなもの」=Chrome OS?
特集は、Googleの方針転換により注目度が高まったChrome OS。企業向けOSとして何がメリットなのか? 他に、アンチウイルスソフトでは検知できないファイルレスマルウェア、IntelとAMDのバトル、モバイルアプリの次の主戦場などの記事をお届けする。(2018/10/2)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第8話:全滅(後編)
本来防げるはずのウイルスが役員の端末に入り込み、機密情報を流出させていた――。メイたちCSIRTのセキュリティ防衛装置を「全滅」させた仕掛けとは。一方、CISOの小堀は、説明責任を果たそうとある行動に出る。(2018/9/21)

サプライチェーンの課題が浮き彫りに
チップ工場のウイルス感染により新型iPhoneの出荷が遅延……か?
2018年8月、半導体メーカーTSMCの工場がコンピュータウイルスに感染して操業を停止した。これが新型iPhoneの出荷に影響を与える恐れが指摘された。この事件は、新たな脅威を象徴している。(2018/9/20)

「ウイルスを検出しました」などの“偽サポート”もAIでブロック トレンドマイクロ、AI技術で防御力向上した「ウイルスバスター」最新版を発表
ここでもAIが。(2018/9/6)

トレンドマイクロ、AI予測機能を実装した「ウイルスバスター」最新版
トレンドマイクロは、同社製セキュリティソフト「ウイルスバスター」の最新版を発表した。(2018/9/6)

Google、「ウイルスが検出されました」などの不正広告を制限 検出用のプログラムも提供へ
これで少しでも不正広告が減ればよいのですが……。(2018/9/3)

Google、「ウイルスに感染しました」などの詐欺広告対策で検証プログラム立ち上げへ
Googleが、Appleなどの公式サポートを装ってユーザーをだまそうとする広告を制限するために、検証プログラムを立ち上げると発表した。(2018/9/3)

「.iqy」ファイル付きウイルスメール、日本語で初確認 1日で29万通、トレンドマイクロが注意喚起
トレンドマイクロは、拡張子「.iqy」ファイル付きの日本語ウイルスメールを8月に入って初めて確認した。ファイルを開くとExcelが起動し、最終的にオンライン銀行詐欺ツールに感染させられるという。(2018/8/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.