連載
» 2013年05月31日 10時15分 UPDATE

「英語に愛されないエンジニア」のための新行動論(18):誰も望んでいない“グローバル化”、それでもエンジニアが海外に送り込まれる理由とは? (1/6)

今回は実践編(プレゼンテーション[後編])です。前編ではプレゼンの“表向き”の戦略を紹介しましたが、後編では、プレゼンにおける、もっとドロドロした“オトナの事情”に絡む事項、すなわち“裏向き”の戦略についてお話します。裏向きの戦略とは、ひと言で言うなら「空気を読む」こと。ではなぜ、それが大事になってくるのでしょうか。その答えは、グローバル化について、ある大胆な仮説を立てれば見えてきます。

[江端智一,EE Times Japan]

 われわれエンジニアは、エンジニアである以上、どのような形であれ、いずれ国外に追い出される……。いかに立ち向かうか?→「『英語に愛されないエンジニア』」のための新行動論連載一覧

会社の利益か、個人の利益か

江端君、君は何も分かっていない

 先輩のIさんと久々に飲んでいた時のことです。Iさんが、このように切り出しました。彼は、私が入社3年目の時に、他の会社に転職しました。

「君は、素晴らしい技術を研究開発さえすれば、それが、会社に利益を与えて、皆が幸せになると思っているだろう?」
「えっーと、思っています」

「そもそも、君は、そこから間違っているのだ」
「どういうことですか?」

「会社の経営陣が欲しているのは、屁みたいな安い投資で、ほとんど手間がかからず、新規の設備を作る必要もかからない、そういう『技術』なのだよ」
「……はあ」

「加えて、サルでもできるくらい設備管理が簡単で、だまっていても金がガンガンたまって、もうかって笑いが止まらない。経営者が求めているのはそういう『技術』なのだ」
「私たちエンジニアは、『魔法使い』ではないのですが」

「処理速度が速いとか、情報の転送品質が良いとか、従来比2倍の改善とか、そういうことは、経営者にとっては、どうでもよいことで、問題は、いかに『楽して金をもうけることができるか』というビジョンがあるかどうかなんだ。これが一番大切。よく覚えておいてね」


 このIさんの主張に対して、もう一人の先輩Mさんが反論しました。

「あくまで経営者としての視点であれば、正解だろうと思う。しかし、それはわれわれエンジニアの視点ではない」
(……ん?)

「われわれエンジニアは、経営者のビジョンに盲従して仕事してはならない。そのような考え方によっていては、真に優れた技術を開発することはできない」
(まあ、それはそうかもしれない)

「もっとも、スポンサーである経営者に対して、『楽して金をもうけることができる技術』であることを『装う』努力を怠ってはならないが、それは本質ではない」
(……?)

「われわれエンジニアが目指すのは、詰まるところ、われわれエンジニアが「やりたいこと」を「やる」ための新しい技術の開発である」
(……)


 この話は両方とも「利益」の話ではあるのですが、前半のIさんの主張は「会社の利益」を優先する技術開発がエンジニアの本分であり、後半のMさんの主張は「エンジニア個人の利益」こそ大切な要素であるというものです。

 どっちが正しいというわけではなく、どっちも正しいのです。われわれエンジニアは、逆方向にも回転しかねない、この2つの両輪をうまくコントロールしながら生きていく必要があるわけです。

 今回は、この2つの両輪に対して、海外で仕事を行わなければならない「英語に愛されないエンジニア」が、どのように振る舞うべきかを考えていきたいと思います。

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.