特集
» 2015年01月29日 15時40分 UPDATE

スマホでの成功を武器に:次はIoTへ――シャオミの野心 (1/3)

スマートフォンの成功で上昇気流に乗っているXiaomi(シャオミ)。次はモノのインターネット(IoT)分野を狙うとの見方が濃厚だ。

[Junko Yoshida,EE Times]

 Xiaomiはもともとハードウェアメーカーだが、“モバイルインターネット企業”とうたい、これまでに何の問題もなく成功を収めてきたことから、投資コミュニティを引き付ける存在となっている。

 Xiaomi(シャオミ)は2014年12月29日、最新の投資ラウンドにおいて11億米ドルを獲得したことを明らかにした。Reuters(ロイター通信)は、「これにより、Xiaomiの企業価値は450億米ドルに達し、同社は世界最高の評価額を誇る技術メーカーとして、確固たる地位を獲得した」と報じている。

オンライン販売戦略

photo

 投資企業は、新世代の民生機器メーカーを代表する存在として、Xiaomiに強い関心を持っている。Xiaomiは、もともとハードウェアメーカーだが、“モバイルインターネット企業”をうたい、これまで何の問題もなく成功を収めてきたことから、投資コミュニティを引き付けている。今や、ソニーやシャープ、パナソニックだけでなく、Samsung Electronicsとさえも一線を画す存在となった。

 Xiaomiは、工場や物理的な小売店の他、在庫も一切持たない。サードパーティ企業による販売網もなく、製品の販売はオンラインでのみ行っている。

 さらに重要なのが、Xiaomiが、オンライン販売によって柔軟性とスピードを得ているということだ。同社は通常、携帯電話機を少量生産して、インターネット上で販売している。その少量生産の合間に新機種を完成させ、コストを抑えている。時には、品質向上のために(新製品発表後に)サプライヤを切り替えることもある。

 Xiaomiのオンライン戦略は、中国の消費者に対して実にうまく機能しているようだ。消費者は、インターネット上で同社の新型スマートフォンがわずか数分間で売り切れになってしまうのを見ると、次の新型モデルが欲しくてたまらなくなるのである。

 同社は、こうして大衆市場心理を巧みに操ることにより、ブランド力を築き上げてきた。しかし、同社が現在の地位を獲得できたのは、マーケティングの成功によるものだけではない。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.