ニュース
» 2015年10月26日 14時30分 UPDATE

「R-Carコンソーシアム」の定例イベント:ルネサスが競合とも手を取り、開発を進めるCIS (1/3)

ルネサス エレクトロニクスは、自動走行技術をテーマに、パートナー各社が連携しCIS(Car Information System:車載情報システム)ソリューションを開発する「R-Carコンソーシアム」の活動報告などを行う定例イベントを開催した。統合コックピットやADAS向けのソリューションが多数紹介されたので、その一部を紹介する。

[庄司智昭,EE Times Japan]

 ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は2015年10月21日、ルネサスとパートナー各社が連携しADAS(先進運転支援システム)などCIS(Car Information System:車載情報システム)ソリューションを開発する「R-Carコンソーシアム」の活動報告などを行う定例イベントを開催した。6回目となる今回のイベントでは、統合コックピット、ADASに必要な要素であるコネクティビティ、画像認識、HMIHMI(Human Machine Interface)向けソリューションが紹介された。本記事では、その一部を紹介する。

1チップで同時に3つのディスプレイ動作が可能

 最初に紹介するのは、統合コックピットデモシステムである。ルネサスの車載情報機器向けSoC(System on Chip)である「R-Car H2」を使い、同時に3つのディスプレイ動作させるシステムだ。車載ネットワーク「Ethernet AVB」にも対応し、Ethernet AVB で接続された4台のカメラで画像をR-Car H2でサラウンドビュー映像に加工しディスプレイに表示させた。

ts150123_RCAR02.jpg 「R-Car H2」1チップで同時に3つのディスプレイ動作を可能にした (クリックで拡大)

 同会場では、歪み補正エンジン「IMR」(Image Render)によるヘッドアップディスプレイ(HUD)のデモも行われていた。IMRにより、CPUやGPUに重負荷を掛けることなく、高速な補正処理が行えるという利点がある。これにより、ウインドシールドの形状の違いやHUDの取り付け位置のズレがあっても、画像の歪みをリアルタイムに補正できる。

ts150123_RCAR03.jpg ヘッドアップディスプレイのデモ (クリックで拡大)
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.