連載
» 2015年12月28日 09時30分 UPDATE

江端さんのDIY奮闘記 EtherCATでホームセキュリティシステムを作る(6):ご主人様とメイドは、通信の設計図を数秒で書く (1/4)

さて、今回はいよいよステッピングモーターを回す方法をご紹介したいと思います。その上で、マスター(ご主人様)とスレーブ(メイド)が何をどうしているのかを解説しましょう。実は、ご主人様とメイドは、制御系エンジニアが何週間もかけて書くスレーブのメモリマップ設計仕様書を、わずか数秒程度でするすると書き上げてしまうのです。

[江端智一,EE Times Japan]
photo

 FA(ファクトリオートメーション)を支える「EtherCAT」。この超高度なネットワークを、無謀にも個人の“ホームセキュリティシステム”向けに応用するプロジェクトに挑みます……!! ⇒「江端さんのDIY奮闘記 EtherCATでホームセキュリティシステムを作る連載一覧


 活版印刷(かっぱんいんさつ)、写真、インターネット。

 これらの人類のパラダイムシフトをけん引してきたメディアのコアコンテンツが、全て「エロ」だったという話は、あまりにも有名です。

 実際、私は、インターネットが「エロ」コンテンツによって ―― いや、正確に言うと「エロ」コンテンツだけで発展してきた経緯を、目の当たりにしてきた当事者です。

 私が高校生のころ、PCなどという機械を操る奴は、一握りの技術エリート ―― 「オタク」とも言われていましたが ―― だけでした。電話をつないでPCで通信をするためには、手作業でドライバを組み込む(下手すると「自作する」)などという、超絶な高等技術が必要でした。

 そのような情報系のエンジニアですら手を上げてしまうような困難な技術に、果敢に挑戦したのは、理系、文系の枠組みを超えた、日本中の成人男性たちでした。

 ―― 海外のエロ写真を見たい

 この純粋な「エロ」への思いは、わが国のネットワーク技術を、エンドユーザーのレベルに至るまで、高度なレベルに引き上げました(今はひっくり返ってしまっているようですが(参考)。


 IoT(モノのインターネット)にパラダイムシフトを与え得る「エロ」とは、何であろうか。

 私は、ずっと考え続けています。

 私は、IoTを真に発展させるものは、「ビッグデータ」でも「人工知能」でもなく、「エロ」であると確信しています。しかし、現時点において、そのような観点から論じられている文献、論文、講演などは存在していないようです。

 私は、内閣府、経済産業省あたりが、「国家戦略としての『エロ』と『IoT』」を真面目に検討し始めたら、わが国のIoT技術やサービスは、世界的に突出したレベルに至るのではないかと期待しています。

 では、なぜ、内閣府、経済産業省、主導なのか?

 決まっています。

 社内でそんな提案したら、「私のクビ」が危ないからです。

ステッピングモーターを回してみる

 こんにちは。江端智一です。

 前回の最後のページに、「EtherCATスレーブでステッピングモーターを回すことに成功しました!」と記載しました。

 そこで、「読者の皆さんにも、実際にステッピングモーターを回してもらう」ことを目的として、前後半2回に分けてお話したいと考えています。

 まずは、実際に動いているところをご覧ください。

 パトロールランプをオン/オフする様子がこちらです。

 この構成図は下記の通りです。

構成図

 そして、回路図は以下のようになっています。

回路図
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.