ニュース
» 2016年07月15日 18時30分 UPDATE

2016年上期に64層品のサンプル出荷を開始予定:東芝とWD、18年までに3D NANDに約1.4兆円投資へ (1/2)

東芝とウエスタンデジタルコーポ―レーション(WD)は2016年7月15日、3次元構造のNAND型フラッシュメモリを製造する四日市工場新第2製造棟「N-Y2」(三重県四日市市)の完成イベントを開催した。

[庄司智昭,EE Times Japan]

新第2製造棟の全建屋が完成

 東芝とウエスタンデジタルコーポ―レーション(以下、ウエスタンデジタル)は2016年7月15日、3次元構造のNAND型フラッシュメモリ(3D NAND)を製造する新製造棟「東芝四日市工場新第2製造棟(N-Y2)」(三重県四日市市)の完成イベントを開催した。

建屋全体が完成した「東芝四日市工場新第2製造棟(N-Y2)」 出典:東芝/ウエスタンデジタル

 N-Y2は、NANDメモリの生産拠点である東芝四日市工場の第2製造棟跡地を利用し2014年9月から東芝が建屋の建設を進めてきたもの。この日、建屋面積2万7600m2の鉄骨2層5階建ての建屋が全て完成した。

 東芝四日市工場でのNANDメモリ生産は、これまで工場建屋は東芝が単独投資するものの、建屋内の製造設備は、東芝とサンディスクが共同出資する形で実施してきた。2016年5月にサンディスクはウエスタンデジタルの完全子会社ウエスタンデジタルテクノロジーズに買収されたが、東芝との共同生産スキームは継続。N-Y2においても、共同で設備投資を実施する。

「東芝四日市工場新第2製造棟(N-Y2)」のクリーンルーム内の様子 (クリックで拡大) 出典:東芝/ウエスタンデジタル

 N-Y2は、3D NAND固有の製造工程を行う製造棟との位置付けで、2015年10月の一部建屋の完成を受けて、成膜、エッチングなどの装置を導入し、2016年3月から一部生産を始めている。今後、建屋全体の完成に伴い順次、生産規模を拡大していく予定だが、「市場動向に応じて、生産体制を拡充する」(両社)とし、詳しい投資スケジュールは決めていない。

「2018年までに8600億円投資」(東芝・成毛氏)

 東芝とウエスタンデジタルは2016年7月15日、四日市工場で記者会見を実施。東芝ストレージ&デバイスソリューション社長の成毛康雄氏は、会見冒頭で「当社は、新第2製造棟を含めて(四日市工場、NANDフラッシュに)2002年から2兆円近い投資をしてきた。グローバルで勝つには、技術開発と設備投資が必要だ。経済の不透明感はあるが、財務基盤を重視しつつ、今後、2018年までに8600億円投資する予定。今後も、ウエスタンデジタルと共にタイムリーに製品を供給していきたい」と語る。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.