ニュース
» 2016年08月04日 10時30分 UPDATE

0.5mmの高精度でがん細胞にX線を照射可能:9.3GHz帯で2.0MW出力のマグネトロン、医療装置で

新日本無線は2016年8月4日、医療/非破壊検査分野向けとして初となるLINAC装置向けマグネトロンを開発したと発表した。9.3GHz帯で「世界最高水準」となる2.0MWの高出力を実現。これにより、LINAC装置で広範囲の角度から0.5mmの高精度で、がん細胞にX線の照射が可能という。

[庄司智昭,EE Times Japan]

広範囲な角度から0.5mmの高精度

今回発表したマグネトロン (クリックで拡大) 出典:新日本無線

 新日本無線は2016年8月4日、医療/非破壊検査分野で使用されるLINAC装置向け高出力マグネトロンを開発したと発表した。LINAC装置とは、直線加速器のことで、放射線治療用のX線や電子線を発生させるときに活用される。

 マグネトロンは、3GHz帯から9GHz帯への移行が進んでいる。高い周波数にすることで、X線の照射精度向上や装置の小型化を図るためだ。同社が今回発表したマグネトロンは、9.3GHz帯で「世界最高水準」となる2.0MWの高出力を実現。これまで提供してきた船舶用や気象用レーダー向けマグネトロンの真空技術を適用し、マイクロ波を効率よく生成できるという。これにより、LINAC装置で、広範囲の角度から0.5mmの高精度で、がん細胞にX線の照射が可能である。

 非破壊検査としては、トラックや列車に載せた貨物に対して、走行しながらX線スキャンによる危険物質検査が可能だ。建築物や橋、貯蔵タンクなどへのX線スキャンも可能であり、劣化やひびなどの検査にも利用できるとした。

LINAC装置のイメージ (クリックで拡大) 出典:アキュセラ

 ラインアップは、「M1466シリーズ」と「MM763シリーズ」。M1466シリーズの周波数は3.0GHz帯で、1.5MW、2.8MW、2.8MW(デュアルエナジーモード対応)、3.2MW品をそろえる。MM763シリーズの周波数は9.3GHz帯で、650kW、1.0MW、1.6MW、2.0MW品をそろえた。

 同社の調べでは、LINAC装置向けマグネトロンの市場規模は約20億円である。同製品は、2016年度に1億円、2019年には3億円の売り上げを目指すとした。

 なお、同社は2016年4月1日付で、マグネトロンを扱う「マイクロ波事業部」と衛星通信/地上通信用コンポーネントなど応用製品を扱う「マイクロ波コンポーネント事業部」を統合している。その狙いについては、「両事業部は同じマイクロ波を扱っており、お互いの良い部分を生かした、シナジー効果をこれから生み出したい」と語った。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.