連載
» 2016年09月12日 11時30分 UPDATE

世界を「数字」で回してみよう(34) 人身事故:「人身事故での遅延」が裁判沙汰にならない理由から見えた、鉄道会社の律義さ (1/11)

今回、私は「人身事故に対する怒りを裁判にできないのか」という疑問の下に、裁判シミュレーションを行ってみました。そこから見えてきたのは、日本の鉄道会社の“律義さ”でした。後半では、人身事故の元凶ともいえる「鉄道への飛び込み」以外の自殺について、そのコストを再検討したいと思います。

[江端智一,EE Times Japan]
アイコン

「世界を『数字』で回してみよう」現在のテーマは「人身事故」。日常的に電車を使っている人なら、1度は怒りを覚えたことがある……というのが本当のところではないでしょうか。今回のシリーズでは、このテーマに思い切って踏み込み、「人身事故」を冷静に分析します。⇒連載バックナンバーはこちらから


アンケートにご協力いただける方を募集中です

 本連載について、メールで、簡単なアンケートなどに応じていただける方を募集しております。

 こちらのメールアドレス(one-under@kobore.net)に『アンケートに応じます』とだけ書いたメールを送付していただくだけで結構です(お名前、自己紹介などは必要ありません)。ぜひ、よろしくお願い致します。

 なお、アンケートにご協力いただいた方には、江端の脱稿直後の(過激なフレーズが残ったまま?の)生原稿を送付させていただくという特典(?)がついております。


エンジニアは原則「頭が悪い」?

 前回の最後のページで、

後輩:「なんというか、文章全体が『不快』で読んでいられません」

と言われたことを、ひと月の間、ずっと考え続けてきました(根に持っている訳ではありません)。

 私のコラムを不快と感じる人が、多くはないようですが、一定数いるということは知っています(特に結婚、出産、LGBTに関するコラムで見られました)。

 私は、これまで、読者の「誤読」「誤解」の類(たぐい)だろうと思って放置してきたのですが、ちょうど良い機会なので、ちゃんと考えてみることにしました。



 女性と男性の大きな違いの1つとして、誰かに何かを相談する時に、期待するモノが違うという話を聞いたことがあります。それは、女性は一般的に「同意する、共感する、心に寄り添う」ことを求めるのに対し、男性は「問題点を分析し、課題を整理し、解決策を提案する」傾向があるのだそうです。

 私は女性ではないので、これが女性と男性の性差かどうかは、正直よく分からないのですが、少なくとも、エンジニアが「問題点を分析し、課題を整理し、解決策を提案する」というパターンの行動を取りやすいことは、間違いありません。

 「エンジニアって、理屈っぽくて、いろいろ知識をひけらかして、偉そうで、頭良さそうに振る舞うから嫌い」という話は、どこでも良く聞きます。これは、現象としてはおおむね事実なのですが、多くの人は、1つ大きく勘違いしているように思うのです。


―― エンジニアは、原則「頭が悪い」のです。


 何かをお願いする時、エンジニアでない多くの人 ―― 特に、私の経験では、テクニカルライティングの履修を必要としなかった、いわゆる文系の人たちの多くが、何かを説明する時に「状況だけ」を述べることが多いように思うのは事実です。こんな感じで。

「AさんがBをして、CさんがDをした結果、EさんがFという状況になっている。ところが……。しかし、その一方、Gさんに因れば、……ということになっているんだ」


―― で、ここで、唐突に話が終了するのです。

 私たちエンジニアは、こういう、状況の説明のフレーズだけから、コンテクストを抽出することはできません。なぜなら、エンジニアは、そういう風には「作られていない」からです

       1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.