ニュース
» 2016年10月13日 15時25分 UPDATE

コンデンサー事業の強化目指して:村田製作所、仏Siキャパシターメーカー買収

村田製作所は2016年10月12日、フランスに本社を置くシリコン(Si)キャパシターメーカーを買収すると発表した。

[竹本達哉,EE Times Japan]

薄さ80〜100μmで、耐圧最高250℃

 村田製作所は2016年10月12日、フランスに本社を置くシリコン(Si)キャパシターメーカーであるIPDiAを買収すると発表した。10月7日付で両社は株式売買契約を締結し、買収は10月末に完了する見込み。

 IPDiAは、シリコン受動素子の設計、開発、生産、販売を手掛ける企業。2009年設立で、従業員数は130人。主力製品として、医療機器や産業機器、通信機器など信頼性が要求される用途向けに3Dシリコンキャパシターを展開。シリコンキャパシターは、厚さ80〜100μm程度と薄型で、最高250℃耐熱を誇り、ピコファラドクラスから数十マイクロファラドの容量を実現しているという。その他、RF受動素子、インターポーザ―なども展開している。

 両社によると「シリコンキャパシターは、自動車産業、医療機器、通信機器など高信頼性、耐熱、小型化、薄型化が要求される市場において需要が拡大している」とする。

 村田製作所では、IPDiAのシリコンキャパシターを製品ラインアップに加えることで、通信分野、自動車分野、医療機器分野でのコンデンサー事業の強化、拡大を図る狙いだ。

 なお、IPDiAの株式の取得は、村田製作所の欧州地区統括子会社であるMurata Electronics Europe(本社:オランダ)を通じて行う。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.