連載
» 2016年10月21日 11時30分 UPDATE

世界を「数字」で回してみよう(35) 人身事故:データは語る、鉄道飛び込みの不気味な実態 (1/11)

「鉄道を使った飛び込み自殺」が減らないのなら、いかにしてそれを避けるか、というのが重要になります。そこで「ビッグデータ手動解析」と「人間知能“EBATA”」を駆使して、人身事故から逃れる方法を検証してみました。ところがその先には、がく然とする結果が待っていたのです。

[江端智一,EE Times Japan]
アイコン

「世界を『数字』で回してみよう」現在のテーマは「人身事故」。日常的に電車を使っている人なら、1度は怒りを覚えたことがある……というのが本当のところではないでしょうか。今回のシリーズでは、このテーマに思い切って踏み込み、「人身事故」を冷静に分析します。⇒連載バックナンバーはこちらから


アンケートにご協力いただける方を募集中です

 本連載について、メールで、簡単なアンケートなどに応じていただける方を募集しております。

 こちらのメールアドレス(one-under@kobore.net)に『アンケートに応じます』とだけ書いたメールを送付していただくだけで結構です(お名前、自己紹介などは必要ありません)。ぜひ、よろしくお願い致します。

 なお、アンケートにご協力いただいた方には、江端の脱稿直後の(過激なフレーズが残ったまま?の)生原稿を送付させていただくという特典(?)がついております。


読書におすすめ、「自殺対策白書」

「自殺対策白書」の表紙

 夜寝る前、読書でちょっとリラックスするために、自分の気にいった本を2〜3冊ほどベッドや布団の横に置いている人もいるかと思います。コミック、小説、あるいは好きなアイドルの特集号など、いろいろあると思います。

 しかし、「自殺対策白書(内閣府発行)」を、ベッドの脇において、寝る前にページを捲っているのは、世界広しと言えども私だけだと思います。

 自殺は、自らの意思、あるいは、心の病や脳機能の故障によって、自分ではない外部の物理的な力を利用して、自らを死に至らしめるという行為で、しかも、生物の中では、人間だけが自殺をします。

 ですから、「自殺対策白書」は、「人間」をデータとしてまとめている一冊であり、人間を理解するのに、最もてっとり早い1冊であると思います。

 「数字はちょっとなぁ」という人でも、グラフや表が山のように記載されているのでお勧めできます。少なくとも、いわゆる文豪といわれる者たちの書物 ―― 恐しく読みにくい文章で、ロジカルに記載されておらず、憎悪を覚えるほど長い ―― よりは「自殺対策白書」をお勧めします。

       1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.