ニュース
» 2016年11月08日 14時30分 UPDATE

建設スケジュール決定:東芝、新NAND製造棟(1期)完成は2018年夏

東芝は2016年11月8日、既に建設を決めていたNAND型フラッシュメモリ製造拠点「四日市工場新製造棟」(三重県四日市市)の建設スケジュールを発表した。

[竹本達哉,EE Times Japan]

2期に分けて建設、開発センターも建設

 東芝は2016年11月8日、2016年3月に建設することを決めていたNAND型フラッシュメモリ新製造棟の建設に2017年2月に着手し、2018年夏に第1期分を完成させると発表した。これまで新製造棟建設スケジュールについては、市場動向の見極めを理由に未定だった。

 2017年2月着工が決まった新製造棟は、NANDフラッシュの製造拠点である四日市工場(三重県四日市市)内に立地し、3次元構造のNANDフラッシュ(3D NAND)「BiCS FLASH」の増産を目的に建設するもの。新製造棟では、3D NAND固有の製造工程を担う予定だ。

2016年7月の四日市工場新第2製造棟(通称:N-Y2)完成の際に公表した「BiCS FLASH」の生産計画資料。着工を決めた新製造棟は、第5製造棟(通称:Y5)隣接地に取得した約15m2の敷地に建設される (クリックで拡大) 出典:東芝

 東芝では、「市場動向を見極めながら最適な生産スペースを確保するという観点から、四日市工場第5製造棟と同様に2期に分けて建設する」とし、今回着工するのは第1期分。また、新製造棟とは別に、現在四日市工場内に分散していた開発機能を集約しNANDフラッシュ開発を加速させることを目的に開発センターを新製造棟隣接地に新設することも今回決定した。

Western Digitalとの共同投資へ

 新製造棟に導入する具体的な設備や、生産能力、生産スケジュールなどは未定で、市場動向を踏まえ今後決定する。なお、導入設備については、これまでの製造棟と同様に、Western Digital(ウエスタンデジタル)と「協議の上、共同投資を今後進める予定」(東芝)としている。

 なお、東芝は2016年3月時点で、新製造棟の整備に対し2016年度(2017年3月期)からの3年間で総額3600億円程度を投資すると明らかにしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

大手メーカー求人・人気ランキング

研究開発<自動運転の研究>

機構設計<車載用・蓄電用リチウムイオン電池モジュール>

制御システム開発<エンジン/モータ・燃料電池/車両/車載電装システム>

クボタ New!

機械設計<農機/建機/エンジン>

京セラ New!

電気回路設計<車載用カメラモジュール>

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.