ニュース
» 2017年01月23日 15時30分 UPDATE

国際カーエレクトロニクス技術展:自動運転でFPGAの期待値高まる、ザイリンクスがデモ (3/3)

[村尾麻悠子,EE Times Japan]
前のページへ 1|2|3       

クルマメーカーからの期待値が高まるFPGA

 ザイリンクスは2004年に車載市場に参入して以来、12年間にわたり、主にADAS向け製品のラインアップを強化してきた。同社は「レーダー、ライダー(レーザーレーダー)、カメラ向けの製品は全てそろっている」と話す。2016年における同社の車載向けFPGA、SoCの出荷数は約1900万個に上る。そのうち1200万個はADAS向けだ。「2016年、当社のADAS向け製品の出荷数は前年比で20%増加した。2017年も15〜20%増加すると見込んでいる」(ザイリンクス)

2016年、ザイリンクスの製品は23メーカー、85車種に採用された(クリックで拡大) 出典:ザイリンクス

 これまでは主にADAS向けに製品を出荷してきたザイリンクスだが、特にここ1年程は自動運転技術においてFPGAの存在感が高まっていることを感じるという。

 自動運転技術は大きく3つのブロックに分けて考えられる。センサーやカメラで何がどこにあるかを「認識する」ブロック、それらの情報を基にどう運転するかを「決定する」ブロック、そしてその決定に基づいて「運転する」ブロックである。

 ザイリンクスは「これら3つのブロックのうち、“認識する”と“運転する”については技術的にはほとんど確立されている。“認識する”についてはADASが当てはまるし、“運転する”についてはクルーズコントロールなどが該当するだろう。問題はその中間だ」と述べる。ザイリンクスは、「決定する」については、自分(クルマ)の位置特定と経路計画の2つがコア技術になるとみている。ただ、この「決定する」というブロックに限らず、自動運転技術は極めて複雑な上に、自動運転技術によって差異化を図ろうとする自動車メーカーも多い。そのため、ICやシステムの設計が、まだまだ確定していない状態だ。ザイリンクスは、「そこで、FPGAのようにプログラマブルなICが求められるようになっている。ASICに比べてTime to Marketが短いFPGAは、ADASや自動運転分野においてクルマメーカーからの期待値が高い」と強調した。

自動運転に必要な3つのブロック。「認識する(Cognition)」「決定する(Decision)」「運転/操作する(Operation)」(クリックで拡大) 出典:ザイリンクス
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.