ニュース
» 2017年03月02日 13時50分 UPDATE

6-in-1の多機能モデルも:キーサイト、6万円台からの低価格オシロスコープ (2/2)

[竹本達哉,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

最大100MHz帯域対応の製品2種も

 オプション購入で帯域100MHzまでアップグレードできる帯域70MHzタイプの「DSOX1102A」(価格8万6392円[税別])と「DSOX1102G」(11万679円[税別]/波形発生機能[20MHz]と周波数応答解析機能付き)の2機種もラインアップ。DSOX1102A、DSOX1102Gはいずれも2チャンネル、サンプリングレート2Gサンプル/秒、メモリ長1Mポイント。オプションのシリアルプロトコル解析機能は、I2C、SPI、UART、CAN、LINに対応する。帯域100MHzへのアップグレード費用は2万8152円(税別)。

「InfiniiVision 1000Xシリーズ」(4機種)の主な仕様 (クリックで拡大) 出典:キーサイト・テクノロジー

 キーサイトでは「(10万円台以下クラスの)低価格オシロスコープは、これまでオシロスコープ機能に限られた。InfiniiVision 1000Xシリーズは、これまでミドル/ハイエンド機種に限られた解析機能も備え、低価格だがプロ仕様の本格的なオシロスコープだ」と言い切る。解析機能としてはFTT演算などの各種演算機能を備え、DSOX1102A/同Gではセグメントメモリ機能、マスクテスト機能を搭載した。

オシロ市場トップ目指す戦略の“仕上げ”

チエ・ジュン氏

 キーサイトの日本法人社長で過去に米国本社でオシロスコープ製品開発に携わっていた経験のあるチエ・ジュン氏は「キーサイトは、ヒューレット・パッカード時代、アジレント・テクノロジー時代を含め常に電子計測業界をリードしてきた。しかし、オシロスコープについては長く市場シェア1位を獲得できない製品セグメントだった。そこで、15年前から1台6000万円程度するようなハイエンドの解析用オシロスコープから強化を進め、高価格帯からシェアを高めてきた。その結果、オシロスコープの市場シェアもトップクラスになった」と語る。

キーサイトのオシロスコープ戦略 (クリックで拡大) 出典:キーサイト・テクノロジー

 その上でチエ氏は「ただ、台数ベースでオシロスコープ市場の9割を占める(10万円台以下の)エントリーモデルでは、まだトップシェアを獲得したとは言い切れない。今回のInfiniiVision 1000Xシリーズは、6000万円の機種から進めてきたキーサイトのオシロスコープ強化戦略における最後の製品」と新製品に掛けた思いを述べた。

教育現場へも積極展開

 キーサイトはInfiniiVision 1000Xシリーズをさまざまな機器の開発現場に販売するとともに、教育需要の取り込みも積極的に図る。InfiniiVision 1000Xシリーズには教育用のトレーニングライブラリ信号を内蔵させた他、キーサイトのWebサイトで各種教材の提供を実施する。「学校で古く、単機能のオシロスコープを使っていた学生が就職し、開発現場の高機能なオシロスコープを使いこなせず、使い方の教育から始めなければならないという問題が生じている。教育現場で低価格ながら高機能なInfiniiVision 1000Xシリーズを普及させ、こうした問題を解消したい」(キーサイト)

前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.