ニュース
» 2017年03月15日 13時30分 UPDATE

業界を驚かせた買収発表:IntelによるMobileye買収、アナリストの反応は (1/2)

IntelがMobileyeを買収することで合意したと発表した。自動運転車向けのコンピュータビジョン技術において既に同分野をけん引する存在であるMobileyeが買収されるというこの発表は、業界を驚かせた。調査会社のアナリストなど、業界の専門家はこの動きをどう見ているのだろうか。

[Junko Yoshida,EE Times]

業界を驚かせた買収発表

 Intelは2017年3月13日(米国時間)、イスラエルのMobileyeを約150億米ドルで買収することで合意に達したと発表した。これを受け、業界全体に大きな衝撃が広がっている。Mobileyeは、ADAS(先進運転支援システム)および自動運転車向けのコンピュータビジョンチップおよびアルゴリズムを手掛けるメーカーで、同分野では既に確固たる地位を確立している。

 Vision Systems Intelligence(VSI)の設立者で主席アドバイザーを務めるPhil Magney氏は、「今回の買収契約は、自動運転車市場では過去最高規模となる。Intelは近年、資金力にものを言わせて自動車市場への参入を推進してきたが、今回、業界最高クラスのビジョンチップ技術を持つMobileyeの買収により、自動運転車市場で存在感を示せるようになるだろう」と述べる。

Intelが買収した企業 発表時期 買収額 買収された企業の技術
米Wind River Systems 2009年6月 8億8400万米ドル 組み込みOS
米Arynga 2016年4月 非公開 コネクテッドカー向けソフトウェアのアップデート
管理機能
イタリアYogitech 2016年4月 非公開 機能安全ソリューション
米Itseez 2016年5月 非公開 コンピュータビジョン
米Nervana 2016年8月 推定4億米ドル クラウドベースの機械学習
自動運転関連の技術を手に入れるためにIntelが買収してきた企業

 Mobileyeの共同創設者でありプレジデント兼CEO(最高経営責任者)を務めるZiv Avriam氏と、同じく共同創設者でありCTO(最高技術責任者)兼チェアマンを務めるAmnon Shashua氏は、連署した従業員宛書簡の中で、「今回の合併買収は、MobileyeがIntelに統合されるのではなく、Intelの自動車チーム『Automated Driving Group(ADG)』がMobileyeに統合されるという点で、ユニークな契約だといえる」と強調している。

 今回の契約に基づき、IntelのADG部門担当シニアバイスプレジデントであるDoug Davis氏と、バイスプレジデントであるKathy Winter氏が、取引完了後にShashua氏に直属する形になるという。

IntelのADG部門が、Mobileyeに“統合される”

 つまり、IntelのADG部門が、Mobileyeの研究開発チームの管理下に置かれるということだ。

 Winter氏は、「Intelが今回の契約に合意した理由は?」とするEE Timesの質問に対し、「Mobileyeは、非常に動きが速いことで知られている。このような同社の企業文化を維持したいと考えたためだ」と述べている。

 MobileyeでAdvanced Development and Strategy担当シニアバイスプレジデントを務めるErez Dagan氏は、「当社にとっては、今回の合併買収により、現在進行中の全てのプロジェクトをスムーズに展開しながら、ペースも加速できるようになる」と述べている。

 とりわけMobileyeの経営陣は、従業員宛の書簡の中で、「Mobileyeがこれまで、自動車メーカーやティア1サプライヤー、STMicroelectronicsとの間で築き上げてきた協業関係や、『Eye Q』チップのロードマップ、当社のアフターマーケット部門の活動などは、今後も妨げられることなく継続できる」と繰り返し主張している。

 つまり、ADAS向けコンピュータビジョンチップ市場において、既にほぼ独占に近い状態を実現しているMobileyeに対し、Intelが今、合併買収によって組織的な混乱状態を引き起こすなどの、余計な干渉をすべき時ではないということだ。

 Magney氏は、「Intelは、Mobileyeの技術開発チームが、ビジョンチップだけでなく、Road Experience Management(REM)や運転方針(Driving Policy)などの他の技術分野でも、はるか先を進んでいると確信しているようだ。Mobileyeの研究開発チームを活動の中心に置くのは、正しい判断だといえる」と付け加えた。

 経営陣は今後、取引完了までの9カ月の間に、両社の合併による相乗効果を見極め、効率的な組織化の実現について考案する責任を負う。

 Winter氏は、IntelからMobileyeに移管する従業員数については、コメントを避けている。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.