ニュース
» 2017年04月05日 10時30分 UPDATE

約443億米ドルに:世界半導体材料市場、2016年は2.4%拡大

SEMIは、2016年の世界半導体材料市場が前年比2.4%増の約443億米ドルになったと発表した。SEMIの報告によると、約98億米ドルを消費した台湾が7年連続で世界最大の市場となった。日本の市場規模は前年同様3番目の大きさだった。

[辻村祐揮,EE Times Japan]

台湾が7年連続で最大

 SEMIは2017年4月3日(米国時間)、半導体の世界販売額が1.1%増加する中、2016年の世界半導体材料市場が前年から2.4%増加し、約443億米ドルになったと発表した。

 SEMIがまとめた材料市場統計レポート(MMDS)によると、2016年の世界半導体材料市場はウエハープロセス材料販売額が前年比3.1%増の約247億米ドル、パッケージング材料販売額が前年比1.4%増の約196億米ドルだった。

地域別半導体材料市場規模
地域 2015年[億米ドル] 2016年[億米ドル] 成長率
台湾 94.2 97.9 3.9%
韓国 70.9 71.1 0.2%
日本 65.6 67.4 2.8%
中国 60.8 65.3 7.3%
その他地域 60.9 61.2 0.6%
北米 49.7 49 ▼1.4%
欧州 30.7 31.2 1.5%
合計 432.9 443.2 2.4%
SEMIの資料を基に編集部で作成

 地域別では、台湾が約98億米ドルを消費し、7年連続で世界最大の市場となった。韓国と日本は前年同様、それぞれ2位と3位。中国は順位を上げ、世界第4位の市場となった。前年比の成長率が最も高かった地域は、中国、台湾、日本の順となる。

 欧州、その他地域(ROW)、韓国は微増(その他地域は、シンガポール、マレーシア、フィリピンなどの東南アジア諸国、およびその他小規模市場の合計)。一方、北米の市場は縮小した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.