ニュース
» 2017年09月08日 13時30分 公開

よりリアルな映像の世界へ:HMDの画質を改善、DNPの画素隠蔽フィルム

ヘッドマウントディスプレイ(HMD)で、よりリアルな映像を視聴したい――。HMDの画質を改善できる画素隠蔽フィルムを、大日本印刷が開発した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

光の拡散を制御、視覚的な没入感を高める

 大日本印刷(DNP)は2017年9月、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)用の画素隠蔽フィルムを開発したと発表した。ブラックマトリックス領域のみを見えにくくすることで、画質を改善する。

 HMDを利用したVR(仮想現実)システムは、ゲーム機器をはじめさまざまな用途で注目されている。現行のHMDは内蔵した小型ディスプレイに表示された映像を、単層のマクロレンズなどを用いて均等に拡大し、視聴する仕組みである。

 このため、画素自体も拡大されてしまい、映像の鮮明性を損なうという課題があった。その理由は、縦横配列の長さが異なる色領域の場合、均等に拡大するとRGBの間に設けているブラックマトリックスまで見えてしまうか、隣接する色同士が混じり合うという現象が生じるからだ。

 そこでDNPは、HMD内に装着するフィルムを新たに開発した。このフィルムを用いると、光の拡散を極めて精密に制御することができる。この技術により、RGBの色領域は拡大されるが、ブラックマトリックス領域は見えにくくなるという。これによって、HMDの画質を改善し、よりリアルな映像を視聴することが可能となった。

HMDで視聴した映像の一例。開発した画素隠蔽フィルムを装着した場合(下)と、装着していない場合(上)の見え方 出典:DNP

 新開発のフィルムは、微細加工を行った2層レンズにより3色の色領域のさまざまなパターン配列に対応することが可能で、設計の自由度も高いという。このため、専用ゴーグルだけでなく、スマートフォンなどを装着するHMDにも組み込むことが可能である。

 DNPは開発したフィルムの供給は2017年中にも始める。同社は2021年度までに、年間50億円以上の売り上げ規模を目指す計画である。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.