CEATEC JAPAN 2017
ニュース
» 2017年09月19日 10時30分 公開

温度補償用積層セラコン:太陽誘電、0201サイズで静電容量100pFを実現

太陽誘電は、0201サイズ(0.25×0.125mm)で静電容量100pFを実現した製品など温度補償用積層セラミックコンデンサー3品種を新たに開発し、量産出荷を始めた。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

ウェアラブル機器の小型化、薄型化に対応

0201サイズで静電容量100pFを実現した温度補償用積層セラミックコンデンサーの外観

 太陽誘電は2017年9月、0201サイズ(0.25×0.125mm)の温度補償用積層セラミックコンデンサーとして、静電容量が100pFの製品など新たに3品種を追加し、量産出荷を始めた。スマートフォンやウェアラブル機器に搭載される無線通信モジュールのインピーダンスマッチング用途に向ける。

 新製品は、静電容量が100pFの「LMK021CH101JK-W」と82pFの「LMK021CH820JK-W」、68pFの「LMK021CH680JK-W」である。いずれも静電容量許容差は±5%、定格電圧は10Vとなっている。

 同社はこれまでに、0201サイズの温度補償用積層セラミックコンデンサーとして、静電容量が0.2pFから56pFまでの109品種を供給してきた。新製品は、これまで蓄積してきた技術をベースに、材料技術や積層技術の精度をさらに高めることで、0201サイズの温度補償用積層セラミックコンデンサーとしては業界最高レベルの静電容量を達成した。

 新製品のサンプル価格は10円。群馬の玉村工場において、2017年9月より月産100万個規模で量産を開始した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.