ニュース
» 2017年10月31日 10時30分 公開

5Gなどの小型セル基地局向け:優れた周波数温度特性を実現、NDKのTCXO

日本電波工業(NDK)は、小型セル基地局や基幹系ネットワーク用機器向けに、優れた周波数温度特性を実現したTCXO(温度補償水晶発振器)「NT7050BB/BC」を開発した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

高温環境での耐性向上や低位相雑音/低消費電力に対応

NT7050BB/BCの外観

 日本電波工業は2017年10月、小型セル基地局や基幹系ネットワーク用機器向けに、優れた周波数温度特性を実現したTCXO(温度補償水晶発振器)「NT7050BB/BC」を開発したと発表した。2018年1月よりサンプル出荷を始める予定である。

 NT7050BB/BCは、公称周波数が38.88MHzで、電源電圧は3.3V、外形寸法が7.0×5.0×2.0mmである。周波数温度特性は−40〜105℃の温度範囲において最大±100×10-9を実現した。位相雑音特性は−97dBc/Hz(離調周波数10Hz)、位相ジッタは112fs(12kHz〜5MHz)を達成している。

左=周波数温度特性 / 右=位相雑音特性 (クリックで拡大) 出典:日本電波工業

 第5世代移動通信方式(5G)や次世代Wi-Fi通信システムなどでは、極小セル基地局やスポットセル基地局が注目されている。カバーするエリアを狭くすることで基地局の負荷を軽減し、データ量の増大と高速化する通信速度に対応するのが狙いである。

 これらの基地局に用いられる水晶発振器には、これまで以上に高温環境での耐性や、低位相雑音/低消費電力などが求められているという。新製品はこうした要求に応えて開発した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.