連載
» 2018年04月25日 11時30分 公開

世界を「数字」で回してみよう(48) 働き方改革(7):女性の活用と、国家の緩やかな死 (5/10)

[江端智一,EE Times Japan]

「キャリア」とは結局何なのか

 さて、ここからは「キャリア」の話題に移りたいと思います。

 まず、私、そもそも「キャリア」という言葉の意味がよく分かっていなかったので、この機会に調べてみることにしました。

 キャリアというと「出世」のイメージが強いようですが、基本的には「経験」のことです。もう少し丁寧に言うと、働くことの「プロセス」と、その働き方に関する「ポリシー」といえるものようです。

 とすれば、「キャリアを積む」とは、「時間方向の経験の積分」という理解で良いはずなのですが、いろいろな資料や書籍を読み込んでみたところ、どうもそういう話でもないようです。

 最終的に、嫁さんが定義してくれた以下の内容が、一番しっくりきたので、今回は以下の定義で通します。

 つまり、キャリアとは外部から客観的に識別されるものではなく、自分の中で「何か価値がある」「自分の強みである」と、自分自身で自分勝手に定義されるものであり、それを持つことで、「自分に『自信』やら『安心』やらを与える何か」と把握すると、分かりやすいです。

 特に、この「女性のキャリア」については、この考え方を用いると非常にクリアに見えてくるのです。例えば、女性における「キャリアを失う」とは、こういう解釈ができます。

 女性の労働における「キャリアを失う」というのは、「出世できなくなる」とか「経験値が下がる」という意味よりは、むしろ「仕事が途切れる」という意味で使われていることが多いようです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.