メディア
ニュース
» 2018年04月25日 15時30分 公開

富士通セミコンダクター:64kビットFRAM、−55℃の屋外でも動作を保証

富士通セミコンダクターは、−55℃という極めて低い温度環境での動作を保証した64kビットFRAM(強誘電体メモリ)「MB85RS64TU」を開発、量産出荷を始めた。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

極寒地でも車載用途の高温環境にも対応できる製品群

 富士通セミコンダクターは2018年4月24日、−55℃という極めて低い温度環境で動作を保証した64kビットFRAM(強誘電体メモリ)「MB85RS64TU」を開発、量産出荷を始めたと発表した。極寒地域の屋外で用いられるフィールド装置をはじめ、高い信頼性が要求される産業機械などに向ける。

 MB85RS64TUは、動作温度範囲が−55〜85℃の製品である。−55℃の環境でも10兆回のデータ書き換え回数を保証する。動作電圧範囲は1.8〜3.6Vと広く、インタフェースはSPIを備えている。動作周波数は最大10MHzである。

左は新製品が対応する主な用途、右はMB85RS64TUの外観

 パッケージは、EEPROMと互換性を持つ8端子SOPに加えて、リードなしの8端子SONで供給する。SON品はSOP品に比べて面積比で約30%、実装体積比で約13%と小さく、高密度実装の要求に対応する。

 同社は、高温側の動作温度を125℃まで拡張したFRAM製品を2017年に開発し、車載用途向けなどに出荷中である。今回は、動作温度範囲を低温側に拡張した製品を開発し、ラインアップに追加した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.