ニュース
» 2018年05月15日 09時30分 公開

特別な仕様を“当たり前”に:12ビット新型オシロ、8GHzで最大5Gポイントのロングメモリ (1/2)

テレダイン・レクロイ・ジャパンが発表したオシロスコープ「WavePro HD」は、12ビット分解能、周波数帯域が最大8GHzでサンプリング速度が最大20Gサンプル/秒を実現している。しかも、最大5Gポイントのロングメモリを搭載した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

新開発のチップセットを採用

WavePro HDの外観

 テレダイン・レクロイ・ジャパンは2018年5月15日、分解能が12ビットで最大8GHzの周波数帯域と最大20Gサンプル/秒のサンプリング速度を実現するとともに、最大5Gポイントのロングメモリを搭載したオシロスコープ「WavePro HD」を発表した。

 同社は、高分解能オシロスコープの開発で先行してきた。2011年に12ビット分解能の製品を発表。その後も12ビット機で周波数帯域を1GHzに拡張した製品や8チャネル対応製品を業界に先駆けて開発し、市場に投入してきた。

新たに開発したチップセットの外観 出典:テレダイン・レクロイ・ジャパン

 WavePro HDは、周波数帯域が8GHz、6GHz、4GHzおよび、2.5GHzの4種類があり、それぞれにMS(ミックスドシグナル)付きを用意。合計で8モデルをそろえている。12ビット機で8GHzの周波数帯に対応するため、チップセットを新たに開発した。低ノイズの入力増幅器と20Gサンプル/秒の12ビットA-Dコンバーターである。独自開発したこのチップセットとHD4096高精細技術を統合することで、8GHz帯域まで高い分解能と極めて低いノイズレベルを達成したという。

WavePro HDのアーキテクチャの概要 出典:テレダイン・レクロイ・ジャパン

 内蔵している高速FPGAのメモリマネジメント機能によって、これまで制限があったメモリの上限を取り除き、最大5Gポイントのロングメモリを可能とした。しかも、サンプリング速度が最大20Gサンプル/秒において、最長250ミリ秒の信号補足が可能である。この場合でも、常に分解能は12ビットを実現している。

 WavePro HDは、画面サイズが15.6型と大きく、1900×1080ピクセルの静電容量式タッチスクリーンとOne Touch MAUIユーザーインタフェースを備えている。直観的な操作により、メモリに取り込んだ信号の中から観測したい波形部分を簡単に見つけることができ、解析作業も容易に行えるという。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.