メディア
ニュース
» 2018年05月23日 10時30分 公開

スマホのさらなる薄型を可能に:厚み0.09mmの極薄MLCCを製品化 ――太陽誘電

太陽誘電は、厚みが0.09mmと極めて薄い積層セラミックコンデンサーを商品化した。同社従来製品に比べて約18%も薄い。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

シート薄膜技術をさらに高度化

 太陽誘電は2018年5月、厚み0.09mmを実現した積層セラミックコンデンサーを発表した。スマートフォンやウェアラブル機器のさらなる薄型化を可能とする。

PMK063LBJ104MNの外観

 新製品の「PMK063LBJ104MN」は、外形寸法が0.6×0.3×0.09mmである。シート薄膜技術のさらなる高度化によって、極めて薄い製品の開発に成功した。これまでの同社最薄製品「JMK063 BJ104ML」は厚みが0.11mmで、これに比べて約18%の薄型となる。静電容量は0.1μF、定格電圧2.5V、温度特性X5Rで、IC電源ラインのデカップリング用途に向ける。

 スマートフォンやウェアラブル機器では、実装する電子部品のさらなる小型化、薄型化が求められている。新製品はこうした高密度実装の要求に応えて開発した。低背タイプの製品はICパッケージの内部や、パッケージ裏面への実装も可能となる。

 新製品は、2018年5月より同社の玉村工場(群馬県)で量産を始める。サンプル価格は20円である。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.